新卒で働き始めるのは不安になる、それって当然のことなんだって

新卒で働き始めるのは不安になる、それって当然のことなんだって

「会社に貢献することができるかな。」「社会人として生きていく自信がない。」など、仕事が終わってネガティブなことばかり考えていませんか? 誰だって最初は不安なんです。 そんな悩んでるあなたにに向けてメッセージを贈ります。


社会人生活が不安だと思う人は5割もいる

公益社団法人日本生産性本部が発表した「2016年度 新入社員 春の意識調査」によると、これからの社会人生活が不安だと思った人は52.4%もいるという結果があります。

つまり不安だと思っているのは自分だけじゃありません。 みんなが思っていることなんです。 6年通っていた小学校を卒業して中学校へ行くとき、自分で時間割を作って単位を取っていく大学生になったとき、ちゃんと卒業が出来るかな? なんて不安に思いませんでしたか?
不安になるのは、みんな同じで、当たり前のことなんだと思ってみましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

”新人”は武器になる

仕事で失敗ばかりで、自分はダメだ。
この仕事が向いていない。 と悩んでいませんか?

新人は失敗しても許される期間です。 たくさん失敗して学んで成長していきましょう。 また、他の会社の人と話すときも武器になるんです。 仕事について、人生の先輩として教えてくれる人もいたり。 みんなあなたに興味を持ってくれています。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

社内の人間関係が上手くいかない

仕事を辞めたいと思う理由は? という質問をすると、いちばん意見が多かったのは、社内の人間関係がよくないからだ。という答えでした。

毎日にいっしょに過ごす環境なのに、人間関係が円滑にいかないのは辛いことですよね。 多少の問題は抱えつつも、仕事だから我慢している…。 なんて人も少なくはないはず。
ですが入社したては、社内の人間がどういうタイプなのか知る期間でもあります。 辞めるという考えはもう少し置いて、冷静に考えてみましょう。 同じ時間を共有する機会が増えることで、「この先輩は実はすごい面倒見がよくていい人だ」など新たな発見が見えてくることも。

ただ、生理的にどうしても合わない場合もあると思います。 そんな時は、辞めるよりまず先に、他の先輩や人事担当など、相談できる人に相談してみましょう。 会社を辞める以外の方法だってちゃんとあるんです。 先輩たちも、新人の頃は人間関係に悩んだもの。 きっとあなたの悩みを真剣にきいてくれますよ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

選択肢はいくらでもある

社会人って、学生よりもずっとやり直しがきく世界なのです。 ブラック企業だったとか、新しいことにチャレンジしてみたくなったとか。 理由は様々ですが、転職の道もあなたにはあります。 特に、第二新卒は多くの企業が募集をしています。 経験はなくてもあなたを必要だと思っている所は必ずあるはず。

転職がすべての解決策というわけではありませんが、頭の片隅にいれてもらえれば良いでしょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分から行動を起こす

転職にしても、まずは自分からアクションを起こすことが必要です。 アルバイトをしていた方にはこんな経験もあるでしょう。 Aの先輩はこの仕事について、分からないことを認知しているけど、Bの先輩は知らないので出来ると思っていたこと。
誰が、どれだけのスキルを持っているかを知らないからこそ、自ら出来ることを伝えなければいけませんよね。 これが会社勤めになるともっと多く必要になるのです。 最悪の場合、分からないまま流されつづける可能性も・・・。 流されることに慣れてしまうと、自分のスキルも上がらないし、なんの解決にもなりません。 しっかり向き合って、自分の言葉でしっかり本音を伝えてみましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

おわりに

はじめての環境に不安を覚えるのは当然のことなんです。
楽しいこともあれば、ときには辛いと思うこともある。 でも先輩たちは不安を乗り越えて人生を全うしています。 趣味に没頭したり、美味しいご飯を食べたり息抜きもしながら仕事に打ち込む。 なんだかカッコイイと思いませんか? 「何とかなるからとりあえずやってみる」の精神で、毎日を過ごしていくと良いですね。 あなたの不安が少しでも軽くなりますように。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

好きな飲み物はミルクティーです。ライバルはフルーツポンチ。

関連する投稿


「生理痛が辛い…」 毎月ある女子特有のこの悩み、はたらく女子はどう対策しているの?

「生理痛が辛い…」 毎月ある女子特有のこの悩み、はたらく女子はどう対策しているの?

毎月やってくる女性特有の悩み、「生理痛」。ひどいとずっと痛みが続いて、集中するどころか仕事に行くこともできない。休みを取りずらくて悩んでいる人も多いはず。みなさんはどんな方法で乗り越えていますか?


もしかしてあなたも? 女性が陥りやすいお仕事での悩み

もしかしてあなたも? 女性が陥りやすいお仕事での悩み

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


「この人、人間力低いな…」 職場で見える、マナーのない仕草と出来事

「この人、人間力低いな…」 職場で見える、マナーのない仕草と出来事

集団生活をしている職場だからこそ、小さいマナーや常識の無さがつい目についてしまうことってありますよね。確かにもう顔なじみだし、ある程度の人柄についてはわかっているけど…。さすがにこれってどうなの? なんて思うこともある。なかなか注意のし辛い、小さいマナーについて考えてみましょう。


「なんか残念…。」 後輩からみた、残念な先輩や嫌われる先輩ってどんな人?

「なんか残念…。」 後輩からみた、残念な先輩や嫌われる先輩ってどんな人?

尊敬できる先輩、憧れられる先輩も居れば、逆に「絶対にこんな風にはなりたくない」と思ってしまうダメな先輩も居ますよね。目標にできる先輩を求めているのに、なんだか期待とは真逆の動きや発言をしてくる人。 後輩からみて「なんか残念…」と思われる行動はしていませんか? 今回は後輩たちのリアルな意見をご紹介。


入社年別 必要スキルを身に付けてキャリアアップ! 【15~20年目さん】

入社年別 必要スキルを身に付けてキャリアアップ! 【15~20年目さん】

資格や、専門的知識がなくても、必要な知識を身に付けて経験していけばキャリアアップはできる! ということで、入社年別にキャリアアップスキルをまとめてみました。 今回は見守る立場になった入社15~20年目のあなたへ。


最新の投稿


明日からの仕事を楽しむ ブルーマンデーの乗り越えかた #月曜日のたしなみ 5

明日からの仕事を楽しむ ブルーマンデーの乗り越えかた #月曜日のたしなみ 5

「明日から仕事かぁ…。」 と考えはじめて、日曜日の夜は憂鬱になる人、きっと多いですよね。 だけど明日はやってくるし、あなたが居ないと始まらない仕事だってある。 せっかくだから気持ちよく月曜日を迎える方法を考えていきましょう。さあ、明日の朝は何を食べようか。


リゾートアイテム先物買い!夏のバカンスに取り入れるは個性派サングラス

リゾートアイテム先物買い!夏のバカンスに取り入れるは個性派サングラス

5月を過ぎれば夏はもう間近!となれば、今から手に入れるプライベート仕様のファッションアイテムは夏のリゾートを見越したものに限る。今回は、UV対策も兼ねたお洒落で個性的なサングラスデザインを紹介。


美しいOLは黒を制す。無難にならないブラックコーデの極意

美しいOLは黒を制す。無難にならないブラックコーデの極意

黒をカッコ良く、自然に身につける女性こそ美しさの象徴。働く女に相応しい、ブラックコーディネートとは?脱無難、洗練された上質を手に入れる黒の取り入れ方を紹介。


今は疲れてなにもできない…!長い恋が終わった後の立ち直り方

今は疲れてなにもできない…!長い恋が終わった後の立ち直り方

長い恋が終わった後は、モチベーションなんて上げられない…。でも、いつかは抜け出さないと、ずっとこのまま!今回は、長い恋が終わった後の立ち直り方をご紹介いたします。


「生理痛が辛い…」 毎月ある女子特有のこの悩み、はたらく女子はどう対策しているの?

「生理痛が辛い…」 毎月ある女子特有のこの悩み、はたらく女子はどう対策しているの?

毎月やってくる女性特有の悩み、「生理痛」。ひどいとずっと痛みが続いて、集中するどころか仕事に行くこともできない。休みを取りずらくて悩んでいる人も多いはず。みなさんはどんな方法で乗り越えていますか?