その彼と結婚して大丈夫? よくばり女子が考えたい、人生を前向きにするパートナー選び

その彼と結婚して大丈夫? よくばり女子が考えたい、人生を前向きにするパートナー選び

結婚したいけど、今の彼と結婚していいのかわからない。 そんな女子の声をよく耳にします。 結婚して家庭に入りたい人もいれば、結婚してからもバリバリ働きたい人もいます。 結婚してからも自分らしい人生を生きるために、お付き合いの段階から、考えておきたいパートナーとのことをまとめました。


パートナー選びで人生が変わる

結婚に対する考え方が大きく変わりつつある昨今。 働きながら子育てしながら家庭を持つことが増え、女性の生き方の多様化が叫ばれています。

「結婚してからも働き続けたい」
「専業主婦として旦那を支えたい」

それぞれ求める生き方に違いが出てきた現代だからこそ、自分の生き方を応援してくれるパートナーを見つけることが、自分らしい人生を生きるポイント。

「子育てに専念したいのに、旦那が共働きを望む」
「やりたい仕事があったけれど、旦那に反対された
「仕事と家事の両立ができなかった」

もちろん結婚をするとなったら妥協することも大切です。
しかし周りの女性を見ていると、ある程度予想できたことなのに、結婚前のパートナー選びの時にしっかりと考えなかったがために、自分が望まない事態を引き起こしてしまっていることがあまりにも多いように思います。

自分らしい人生を歩みたい! と少しでも思うのであれば、恋愛の段階から、パートナー選びは大切。 人生のプラスになる相手を選びましょう。

あなたの人生にプラスになるパートナーの選び方                     

4人に1人は結婚したくない!

生き方の多様化に伴い、結婚観も大きく変わってきています。

「結婚だけが幸せではない」と考える人が男性も女性も増えました。

2016年度の国立青年教育機構データによると、男性の4人に1人は「結婚したくない」と考えていることが明らかになりました。
「いつかは結婚したいけど、今はしたくない」という人も考えると、かなりの割合になります。

結婚をしたい女性にとって、衝撃の数字ですよね!

結婚をある程度考えることができる人かどうか、パートナー選びの際にまず視野に入れておきたい点ですね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚のイメージができるか

恋愛は非日常のイベントだけれど、結婚は日常の生活
楽しいことばかりできるのが恋愛だけれど、嫌なことばかりついつい目に入ってしまうのが結婚。

恋愛と結婚は別物なのです。
だからこそ"結婚のイメージができるかどうか" はとても大事な判断基準になりえます。

結婚のイメージと言われても、ピンとこないかもしれません。

例えば、おうちデートをしてみる。
彼の部屋が汚くても、気にならないか。一緒にご飯を食べているとき、テレビを見ている時間、一緒に過ごす何気ない時間が気まずくないか、居心地がいいかどうかは分かりやすい判断基準と言えるでしょう。

日常に近い状態で、相手との結婚生活をイメージしてみて、それがしっくりくれば、パートナーとして相性が良い可能性があります。意外とこの"イメージ"が大切なのです。

ちょっと真面目な話をしてみる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
楽しい話ばかりしていられないのも、結婚生活。

出産のこと、子供のこと、転職のこと、ときには病気や家族のことまで一緒に考えて話し合うことになるでしょう。

様々な問題に対して、彼がどう考えどう向き合うのか、たまには真剣な話をする時間をつくってみることで、彼の本質が見えたり、一緒に暮らす自信がわいたり、新たな発見があるかもしれません。

家族を知ることは、彼を知ること

意外と多いのが、家族同士の付き合いがうまくいかないケース。

昔ほど、家のしきたりや嫁姑問題などをうるさく言われなくなったように感じますが、まだまだ家族同士の関係に悩む人は多いのだとか。

実家に帰省してほしい、家業を継いでほしい、宗教があるなど、結婚間近になって言われることもしばしば。

わがままばかりも言っていられませんが、自分の中に譲れないものもあるはず。

早いうちにどんなことをご家族が考えているのか、さらっと聞いてみるとよさそうですね。

家族は、原点。
家族との付き合い方や家族を知ることが、彼を知ることに繋がります。

尊重しあうことが第一歩

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
信頼し合いお互いを高め合っている夫婦は、間違いなくお互いを尊重しあっています。

お互いの仕事、生活、人間関係を理解し、尊重し合うから、相手には思いやりが生まれます。

"恋愛"をしている時から、お互い尊重しあっているカップルは"結婚"のステージになっても、変わらず尊重し合う関係が保てるはず。

まずは、彼を尊重してみる。
そして尊重し合える関係を築けるパートナーであれば「人生」という長い旅もきっと支え合い、励まし合い、一緒に乗り越えていけるはず。

この記事のライター

関連するキーワード


恋愛 結婚 恋活 悩み

関連する投稿


「生理痛が辛い…」 毎月ある女子特有のこの悩み、はたらく女子はどう対策しているの?

「生理痛が辛い…」 毎月ある女子特有のこの悩み、はたらく女子はどう対策しているの?

毎月やってくる女性特有の悩み、「生理痛」。ひどいとずっと痛みが続いて、集中するどころか仕事に行くこともできない。休みを取りずらくて悩んでいる人も多いはず。みなさんはどんな方法で乗り越えていますか?


ハイスペック男子との結婚を望むなら! 知っておきたい婚活市場の真実

ハイスペック男子との結婚を望むなら! 知っておきたい婚活市場の真実

景気が低迷し男性の平均年収も下がった現代では、結婚相手に三平(平均的年収・平凡な外見・平穏な性格)を求める女性が増えたと言われています。  しかしながら、実際は婚活市場において未だに根強い人気があるハイスペック男子。   本コラムでは、婚活女子なら知っておくべき「ハイスペック男子をとりまく環境」について紐解きます。


もしかしてあなたも? 女性が陥りやすいお仕事での悩み

もしかしてあなたも? 女性が陥りやすいお仕事での悩み

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


社内恋愛しちゃいました! 男性が女性を異性としてみたきっかけって?

社内恋愛しちゃいました! 男性が女性を異性としてみたきっかけって?

人となりが分かっているし、顔を合わせる機会も多く、共通の話題もある。職場恋愛からから結婚に至るケースはとっても多いですよね。今回は、男性が女性を意識してしまった瞬間について、実際に職場恋愛をしたことのある経験者さんの意見をもとに、まとめてみました!


「この人、人間力低いな…」 職場で見える、マナーのない仕草と出来事

「この人、人間力低いな…」 職場で見える、マナーのない仕草と出来事

集団生活をしている職場だからこそ、小さいマナーや常識の無さがつい目についてしまうことってありますよね。確かにもう顔なじみだし、ある程度の人柄についてはわかっているけど…。さすがにこれってどうなの? なんて思うこともある。なかなか注意のし辛い、小さいマナーについて考えてみましょう。


最新の投稿


明日からの仕事を楽しむ ブルーマンデーの乗り越えかた #月曜日のたしなみ 5

明日からの仕事を楽しむ ブルーマンデーの乗り越えかた #月曜日のたしなみ 5

「明日から仕事かぁ…。」 と考えはじめて、日曜日の夜は憂鬱になる人、きっと多いですよね。 だけど明日はやってくるし、あなたが居ないと始まらない仕事だってある。 せっかくだから気持ちよく月曜日を迎える方法を考えていきましょう。さあ、明日の朝は何を食べようか。


リゾートアイテム先物買い!夏のバカンスに取り入れるは個性派サングラス

リゾートアイテム先物買い!夏のバカンスに取り入れるは個性派サングラス

5月を過ぎれば夏はもう間近!となれば、今から手に入れるプライベート仕様のファッションアイテムは夏のリゾートを見越したものに限る。今回は、UV対策も兼ねたお洒落で個性的なサングラスデザインを紹介。


美しいOLは黒を制す。無難にならないブラックコーデの極意

美しいOLは黒を制す。無難にならないブラックコーデの極意

黒をカッコ良く、自然に身につける女性こそ美しさの象徴。働く女に相応しい、ブラックコーディネートとは?脱無難、洗練された上質を手に入れる黒の取り入れ方を紹介。


今は疲れてなにもできない…!長い恋が終わった後の立ち直り方

今は疲れてなにもできない…!長い恋が終わった後の立ち直り方

長い恋が終わった後は、モチベーションなんて上げられない…。でも、いつかは抜け出さないと、ずっとこのまま!今回は、長い恋が終わった後の立ち直り方をご紹介いたします。


「生理痛が辛い…」 毎月ある女子特有のこの悩み、はたらく女子はどう対策しているの?

「生理痛が辛い…」 毎月ある女子特有のこの悩み、はたらく女子はどう対策しているの?

毎月やってくる女性特有の悩み、「生理痛」。ひどいとずっと痛みが続いて、集中するどころか仕事に行くこともできない。休みを取りずらくて悩んでいる人も多いはず。みなさんはどんな方法で乗り越えていますか?