17卒の新入社員は結婚願望が強い!? 若手から得る恋愛のヒント

17卒の新入社員は結婚願望が強い!? 若手から得る恋愛のヒント

"恋愛離れ"が起きている? そんなことありません。 今年の新卒者はどうやら結婚願望が強いみたい。 じゃあ恋愛から離れつつあるのはどんな世代なのでしょう。 若手から得る恋愛のヒント、探してみました。


若手の方が交際率が高い

株式会社パートナーエージェントが、2017年度入社の新社会人20~25歳の男女230人に対し「恋愛と結婚」に対する意識調査を行った結果、38.7%が「交際相手がいる」という結果になりました。

しかし、25~44歳を対象に行った別の調査では「交際相手がいる」と回答した人が29.4%。全体を見れば決して高い数値ではないですが、25~44歳の年齢層に比べて、新社会人の交際率は高いようです。 最近は「恋愛離れ」と言った恋人を作ろうとしない若者もいると話題になっていますが、なぜ今年の社会人は交際率が高いのでしょうか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ゆとり教育にハマった世代である

小学生の頃に、土曜日に授業が全くない世代というのが1994年生まれの人たち。 いわゆる「ゆとり世代」のことですね。 私もゆとり世代と呼ばれるうちのひとりではあるのですが、小学校低学年の頃は土曜日に登校がありました。
最近の若手の交際率の高さは、自分の時間を持つことが出来た世代だからでしょうか? 時間があって、教育も変わると、恋愛に積極的になる傾向でもあるのか。 この違いだけでそれを読み取ることは難しいですが、93年生まれまでとの違いである、とは言えるでしょう。

結婚というより子供が欲しい?

「結婚したい」と回答した人たちに、具体的に何歳で結婚したいかという質問をした回答では、男性は平均28.1歳、女性は26.7歳と男女差は多少あるものの、どちらも20代のうちに結婚したいと思っていることがわかりました。

個人的には28歳くらいが平均なのかな、と思っていたのですが、実際ではもう少し早いのが理想のようです。 みなさん早く子供が欲しいからでしょうか。 「結婚はタイミング」とも言われますが "今の交際相手と結婚したい" と思っているひとが多数のようなので、この調査に答えた、今年の新社会人の皆さんは付き合う長さが結構なものになりますね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一方で、環境が変わって別れている人も

もちろん、先輩たちだって恋愛してないわけではありません。 社会人生活が長くなると、仕事に対する立場というものがそれぞれに決まってきます。

その結果、彼の転勤が決まったのを機に別れた、などの理由も多いよう。 付き合った当初は「この人と結婚する!」と思っていたのに、予想外の展開がふたりを引き離してしまったのでしょう。 こういったことから「結婚はタイミング」という言葉が生まれたのかもしれません。

恋愛にくらいつく

学生時代には、3ヵ月以上続いていないカップルもたくさん見かけました。 下手したら1週間で別れている人も。 でもそんな人はすぐにまた別の相手を見つけているのです。
彼女の切り替えの早さはすごい、と単純に思います。 だけどその理由もわかってしまうほどに、彼女は恋愛に積極的でした。 出会いを探すことを常に忘れず、出会った相手とのコミュニケーションも欠かしません。

大人になると色々と頭で考えるクセがついてしまって、進展が遅れることもあります。 男性は女性に比べると、結婚について考えるのが遅いから、結婚の話題が出てもそのまま保留にしてしまうこともあるようで。その結果別れを招いたり、ずるずると引きずったままの曖昧な関係を続けていることも。

もっと女性からもアプローチするべきなのでは? 最近は控えめな男性が多いので、これからは女性が攻める時代なのかもしれません。 よくばり女子は、自分から行動するのが吉かも。

新入社員に負けないオトナの恋愛を

新入社員に負けず、オトナなりの積極的な恋愛を楽しんでみたいと思いませんか。 お金の余裕は、新入社員よりはあるはず。 例えば旅行に行ったり、ちょっとお高めディナーをしたり。 オトナなりの楽しみ方はたくさんあります。 仕事も大切だけど、もっと遊ばなきゃもったいない。
人が信じられない」 とか 「いいな、と思える人がいない」 とよく耳にしますが、もしかしたら自分自身がシャットダウンしているだけなのかも。

頭で恋愛するのはやめて、一度自分の感覚を頼りに動いてみることも大切です。 恋愛は仕事とは別物。 比べるものでもなく自由でいいのだから、自分の直感で自由に動いてみましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
経験や知識を魅力的な要素。 それに積極性をプラスすることで、きっと良い恋愛ができるはず。 "恋愛離れ"なんて言わず、もっともっと、仕事も恋愛も楽しみましょう。

この記事のライター

好きな飲み物はミルクティーです。ライバルはフルーツポンチ。

関連する投稿


婚活難民になる前に! "理想"の見直しが必要な理由

婚活難民になる前に! "理想"の見直しが必要な理由

パートナーへの"理想"が高過ぎるとお相手選びが難しくなるし、"理想"が明確でなければ交際が進んだ後に後悔することになることも・・・。 闇雲に就活しても満足にいく結果が出にくいように、婚活においても、まずは「結婚相手に求めるもの」を予め整理しておくことが大切です。


メンズに聞いてみた、職場にいる女性にどきっとした瞬間

メンズに聞いてみた、職場にいる女性にどきっとした瞬間

職場恋愛はしない。と決めている人が多いといわれる社会人。だけど小さなときめきがないと毎日は色づかないでしょう? は男性が、リアルにときめいた職場での一コマをまとめてみました。


こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

このひと、なんだかいいひとかも…? なんて判断するにはまだ早い! その彼と付き合う前に、結婚を考える前に、まずはチェックするところがあるでしょう? ダメンズに引っかかる前に、注意すべき点をお教えします。


その彼と結婚して大丈夫? よくばり女子が考えたい、人生を前向きにするパートナー選び

その彼と結婚して大丈夫? よくばり女子が考えたい、人生を前向きにするパートナー選び

結婚したいけど、今の彼と結婚していいのかわからない。 そんな女子の声をよく耳にします。 結婚して家庭に入りたい人もいれば、結婚してからもバリバリ働きたい人もいます。 結婚してからも自分らしい人生を生きるために、お付き合いの段階から、考えておきたいパートナーとのことをまとめました。


女性の「はたらく」は悩みだらけなことについて

女性の「はたらく」は悩みだらけなことについて

なんだか毎日に慣れつつある、アラサー、よくばり女子の悩みと実態。 仕事も恋愛も、なんだって器用にこなせないとダメなんですか?


最新の投稿


明日からの仕事を楽しむ ブルーマンデーの乗り越えかた #月曜日のたしなみ 5

明日からの仕事を楽しむ ブルーマンデーの乗り越えかた #月曜日のたしなみ 5

「明日から仕事かぁ…。」 と考えはじめて、日曜日の夜は憂鬱になる人、きっと多いですよね。 だけど明日はやってくるし、あなたが居ないと始まらない仕事だってある。 せっかくだから気持ちよく月曜日を迎える方法を考えていきましょう。さあ、明日の朝は何を食べようか。


リゾートアイテム先物買い!夏のバカンスに取り入れるは個性派サングラス

リゾートアイテム先物買い!夏のバカンスに取り入れるは個性派サングラス

5月を過ぎれば夏はもう間近!となれば、今から手に入れるプライベート仕様のファッションアイテムは夏のリゾートを見越したものに限る。今回は、UV対策も兼ねたお洒落で個性的なサングラスデザインを紹介。


美しいOLは黒を制す。無難にならないブラックコーデの極意

美しいOLは黒を制す。無難にならないブラックコーデの極意

黒をカッコ良く、自然に身につける女性こそ美しさの象徴。働く女に相応しい、ブラックコーディネートとは?脱無難、洗練された上質を手に入れる黒の取り入れ方を紹介。


今は疲れてなにもできない…!長い恋が終わった後の立ち直り方

今は疲れてなにもできない…!長い恋が終わった後の立ち直り方

長い恋が終わった後は、モチベーションなんて上げられない…。でも、いつかは抜け出さないと、ずっとこのまま!今回は、長い恋が終わった後の立ち直り方をご紹介いたします。


「生理痛が辛い…」 毎月ある女子特有のこの悩み、はたらく女子はどう対策しているの?

「生理痛が辛い…」 毎月ある女子特有のこの悩み、はたらく女子はどう対策しているの?

毎月やってくる女性特有の悩み、「生理痛」。ひどいとずっと痛みが続いて、集中するどころか仕事に行くこともできない。休みを取りずらくて悩んでいる人も多いはず。みなさんはどんな方法で乗り越えていますか?