お風呂に入らないのに求めてくるのは、なぜ?|真っ赤な濡れオンナ#43

お風呂に入らないのに求めてくるのは、なぜ?|真っ赤な濡れオンナ#43

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第43回目は、お風呂に入っていないセックスを求める男性心理についてです。


「汗かいてるから、やだよ……」

初めは「お風呂に入ってから」のセックスが暗黙の了解だったにも関わらず、なぜか時間が経過すると出てくる「お風呂に入る前がいい」と言う願い。

デート後や仕事から帰宅したところに、そのままムード全快な彼……。季節にもよりますが、女心としては一日過ごした汗も気になるし、歩き回った靴の匂いや脇の匂いも気になるのが本音ではないでしょうか。

お風呂に入る前にセックスを求めてくる男性は意外と多いもので、逆にそれが興奮するとか否や……。せっかく彼の前では綺麗な自分でいたいのに、そんなところ触れたらイヤ!恥ずかしい!とドキドキする反面、なぜお風呂に入ってからではダメなのか気になる点でもあります。

そこで今回は、お風呂に入る前にセックスを求めてくる男性心理を考えていきましょう。

気にする“匂い”は、男性の好物

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

実は、女性が一番彼に感じて欲しくない「匂い」「体臭」は言葉を言い換えれば、フェロモンです。これは、香水やシャンプー、制汗剤などの匂いとは異なり、「好きな女性から香る匂い」がポイント。首筋や脇、足の裏、頭皮、そして女性器や胸に現れやすいですよね。

女性からすると、「絶対嗅がれたくない〜!」と思ってしまう匂いでも、男性は好きな女性であればもっと知りたい!と追求したくなります。それが例え、少し臭ったとしても、自分だけが彼女の秘密を知っていることに優越感を覚え、支配感覚に繋がることでしょう。

直接、匂いを嗅いでいるそぶりを見せなくても、グレーの洋服を着た時にできやすい脇汗の跡には注目していると思います。これは、なかなか好きな女性に対して言うことはないと思いますが、内心興奮している男性は多数なのです。

フェロモンを感じたいから

極論ですが、好きな女性の「オナラ」を聞くと嬉しいと言う男性もいます。「あ、自分には気を許してくれたんだ」「普段なら人前で絶対にしないはず」と距離が近くなったからこそ感じる匂いには“特別感”があるのです。

もちろん、それが当たり前になり、オナラを平気でし始めたり、お風呂に入らなくても大丈夫だよね?と自分からオープンにするのは逆効果。少し恥じらいが残っていることで、男性心理は揺れ動きます。

彼が「お風呂に入る前に」と求めてきても、いつもなら断っていた。と言う方がいたら、自分のタイミングで気を許してみてはいかがでしょう?その許しから、心の距離がグッと近くなるかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第96回目は、ルールや習慣に捉われない生き方について考えます。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


最新の投稿


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

女性のカラダは、とても繊細で敏感。体調を崩してしまう前にやれるだけのことはやっておきたいものです。そこで今回は、働く女性が体調不良になる前にやっておきたい対策についてご紹介します。


楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


RANKING


>>総合人気ランキング