その演技、バレてない? 快感を感じている時に、女性の身体に起こる変化3つ|真っ赤な濡れオンナ#51

その演技、バレてない? 快感を感じている時に、女性の身体に起こる変化3つ|真っ赤な濡れオンナ#51

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第51回目は、女性が感じている時に起こる身体の変化についてです。


「言葉より、身体の熱気を感じたいから……」

作った喘ぎ声より、身体の反応が本音

セックスのムードを盛り上げたい、たくさん喘ぎ声を出したらきっと興奮してくれるはず!と頑張る女性も多いのではないでしょうか。確かに男性が興奮するには、「聴覚」が大事です。

しかし、それに気を取られすぎて、ピストン運動に合わせて喘ぎ声を出す“だけ”では演技だと思われてしまうかもしれません……。なぜなら、女性が本当に快感を得ている時は、素直に身体が反応しているから。

そこで今回は、自分でも気づかない間に起こっている、身体の変化についてご紹介したいと思います。

反応1 白濁した液

一つ目の変化は、女性の“愛液”の色。体調によって変化しますが、多くは透明な液だと思います。しかし、いつもより感度が高まる時に出る愛液は、白く濁った液だと言われています。その名も、「本気汁」。

女性は、自分で気づきにくい部分ですが、男性は指で出し入れしたり舌で舐めたりしながら直視するので女性以上に愛液については詳しいはず。「今日はいつもより濃い色だった」なんて言われた日には、素直に感じることができた証拠なのかもしれません。

反応2 うなじの汗

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして二つ目は、うなじから背中にかけての汗です。正常位で挿入している場合は、布団が下にあるのでわかりにくいですが、座位で男性の上に女性が乗るスタイルの時や、立ちバック・背面座位のような男性に背を向ける体位の時には敏感に感じることができるでしょう。

普段、私生活で汗をかく時は、顔の額やわき、腰からお尻にかけてなどが多いと思います。しかし、セックスで感じている時は、なぜか背中に出やすいのが不思議です。また、女性が絶頂を迎えた時にもうなじに汗がドバッと吹き出ますよ。

反応3 足首の伸び

そして最後は、絶頂時に現れる変化。足の甲がピンッと伸びたり、足首がつったような感覚になったりします。正常位で男性が上から覆いかぶさっている体位の時には気づきにくいですが、騎乗位や座位など、足首が男性から触ることができたり直視できる状態の時には分かりやすいと思います。

実は、足首がピンッと伸びるのは男性も同様。彼のオナニーしている姿を見て発見したことなのですが、注意深く見てみると射精する直前は足首が伸びています。下半身に力が入っているのかもしれないですね。

セックスで味わう快感は、マッサージやリラクゼーションの快感とは異なります。そんなエロティックを感じてみてはいかがでしょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第101回目は、ペンネームMAKOさんから頂いたリクエスト「焦らしテク」についてです。


良い人がいない?出会いがない? うまくいかずに“恋活バテ”してしまう理由

良い人がいない?出会いがない? うまくいかずに“恋活バテ”してしまう理由

新しい出会いを求め、恋活を始めたのは良いものの、だんだん面倒になったり、疲れてきたり。もう恋愛が面倒くさい……なんて“恋活バテ”し始めたそこのあなた! なぜあなたが恋活バテしてしまうのか? そしてその打開策とは!? 恋愛メンタリストが詳しく解説。これを機に恋活バテから卒業しましょう。


「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは動画クリエイターのchii hairさん。家族の転勤で引越しが多いなか“どこからでも仕事ができる”というメリットに惹かれ、セルフヘアアレンジメントの動画を作成することを決めたそうです。


「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、育児コンシェルジュの坂本ひろみさん。発達心理を学んだ経験を活かして知育に特化した託児サービスを展開されています。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


最新の投稿


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング