恋愛をするから男は学ぶ。彼女に言われて改善するセックスエチケットって?|真っ赤な濡れオンナ#78

恋愛をするから男は学ぶ。彼女に言われて改善するセックスエチケットって?|真っ赤な濡れオンナ#78

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第78回目は、彼女が注意することで育つ、男性のエチケットについてです。


「ねえ、そんなに激しくしないで……?」

 

◆プロに夜の裏側を聞きました◆

今回の疑問はこちら!

「彼氏の手マンが激しすぎて痛くなったり、口臭が気になったりして、セックスに集中できない時があります。そういう悩みや改善してほしいことは、彼氏に伝えるべきでしょうか?」

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「これは、間違いなく伝えた方が良いと思いますよ。私が仕事をする中で感じるのは、いわゆる風俗のみ性の経験がある『素人童貞』の男性と、ちゃんと恋愛をして性を経験した男性とでは、まったく女性への配慮が違います。

やはり、風俗でしか経験がない男性は、有料のサービスしか受けていないので、女性側も本音で話すというよりはその場のムードが第一優先になります。多少、無理をしてでも我慢してサービスをすることもあるのが現実です。逆に、恋愛で女性の身体を学んでいる男性は、彼女から教えてもらうことで成長すると思いますよ」

——確かに、有料サービスでは本音で言うことと言わないことがありそうです。男性も、女性の身体を知るには、本命の彼女で学ぶ必要があるのですね。

彼女が伝えたいエチケット3つ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「性のサービスをした時に、恋愛経験があるかないか分かるポイントが3つかあります。それは、

1. 粘膜
2. 爪の長さ
3. 力加減


です。唾液や我慢汁、脇汗など「粘膜」が直接触れるセックスでは、これらの体液とは切っても切り離せません。または、爪を伸ばしっぱなしにしていたり、切ったままの断片で尖っていたりすれば、乳首や女性器を触った時に痛みを感じても仕方がないですよね。

そして、爪の長い指で激しく手マンをする……と言う悪循環もあります。恋愛で彼女とセックスする場合では、好きな相手だからこそ気遣ったり反応をみたりしますが、自分の性欲を発散するためだけにフォーカスしているとそうにもいきません。

激しくかき回すのが気持ちが良いと、本気で思い込んでいる男性もいらっしゃいます。しかし、そのような前戯を受けても、私たちのように仕事で性のサービスをしていると、ちょっと大げさに褒めたり喘ぎ声を出したりして、お客さんの気分を損ねないように盛り上げます。そう、恋愛でセックスをしていないと、どこを改善したら女性が気持ちよくなるのか?セックスが上達するのか?理解できないまま終わってしまうことがあるのです」

男性は、彼女に言われるから直す

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「じゃあ、風俗嬢が同じように男性へエチケットの説明をしても改善してくれるか?と聞かれたら、正直NOだと思います。なぜなら、そこには愛がないから。恋愛をして、人間関係があって、好きな彼女だから傷つけたくないし気持ちよくなってほしいと初めて思うのです。

アダルトビデオや風俗では、“パフォーマンス”としてやることがあります。逆に、男性も愛がないドライな関係だからこそお願いできる性癖があります。お金を支払って性サービスを受けているので、男性に対してエチケットを私たちから伝えても……期待はできないですね。残念ですが。

なので、ぜひ彼氏には色々改善してほしいことを伝えてほしいと思います。男性は、好きな女性から注意を受けることがもっとも成長しますよ!」

男は好きな女性には尽くす!

ちゃんと女性に向き合った経験がある男性と、有料サービスのみの経験では大きな差があるようです。確かに、本来セックスはお金を支払ってできるものではないですよね。気持ちがあるから、できるもの。

後から「風俗」と言うサービスができたと思うと、男性が成長するにはパートナーの意見が必須なようです。長く続けたい関係だからこそ、セックスのエチケットは彼女が教えてあげましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

関連する投稿


好きだけど.....彼と別れるべき? 別れるor別れないの判断方法

好きだけど.....彼と別れるべき? 別れるor別れないの判断方法

彼とずっと一緒にいたい。そう思う反面で、心のどこかで「もしかしたら別れたほうがいいのかな?」と自問自答することはありませんか?内なる自分から警告のサインが出たら、ぜひじっくりと彼との関係を見直して。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


コスメを買い替えるよりツールを見直して。美しいメイクの鍵はブラシ|お守りコスメ

コスメを買い替えるよりツールを見直して。美しいメイクの鍵はブラシ|お守りコスメ

「マスカラは絶対に塗らないと」「この色は私には似合わない」。メイクに絶対的なルールを持つ必要はない。むしろ、自分らしさを探すためにもなるべくいろんなアレンジを試してみて欲しい。けれど、絶対的に必要なもの…必ず持っておいて欲しいものがある。それがメイクブラシ。お守りコスメに必要なメイクツールを学んで。


自粛期間の肌荒れは心が原因。アロマのような美容液で健康的な美肌に|お守りコスメ

自粛期間の肌荒れは心が原因。アロマのような美容液で健康的な美肌に|お守りコスメ

肌が不調だと感じる原因は、自粛期間中に生まれた未来への不安や行動が抑制されることのストレスにあるのでは? 肌と心は密接に繋がっていて、心の状態が肌に顕著にあらわれる。そんな心のダメージを感じたときは、肌のバリア機能を高めて、身も心も癒してくれるアロマ代わりにもなる美容液を取り入れて。


自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼。寂しくて辛い気持ちを抑えてくれるのは、爽やかな香りがするデオドラントアイテム。お揃いのコスメを持って気分を上げて、二人でこの夏を乗り越えて。


最新の投稿


テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークを導入する企業が増えている今、自宅で過ごす時間も長くなり通信費や光熱費が今までより増えた…と気になっている方も多いのでは? そこで今回は通信費・電気代の節約にオススメな方法をご紹介します。


Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

私たちの生活に必要不可欠となったマスク。ずっとマスクを装着した状態で会話をしていると、聞き取りづらかったり、表情が見えずにぎこちないコミュニケーションになりがちです。そこで今回はマスク越しでも印象を良くするためのポイントについてご紹介します。


女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

働く女子の一人暮らし。ワクワクした感情と共に、何かトラブルに巻き込まれるかも知れない不安も…。物件探しは、どんなことに気を付けて選べばいいのでしょうか? 女性の一人暮らしの賃貸物件の選び方についてお部屋探しのプロに伺いました!


コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

ようやく外出自粛が解除されたと思いきや、再び感染者が増え、今までとはまた少し違う状況になってきています。再びおうち時間が長くなっても、楽しく過ごせるように暮らし方を整えましょう。


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


RANKING


>>総合人気ランキング