コミュニティ型ワークスペースWeWorkが原宿にオープン! 起業家がこぞって注目している理由とは?

コミュニティ型ワークスペースWeWorkが原宿にオープン! 起業家がこぞって注目している理由とは?

コミュニティ型ワークスペース「WeWork Iceberg (アイスバーグ) 」が原宿にオープン。スタートアップから大企業まで、様々なメンバーが入居している、今話題のワークスペースにお邪魔してきました!


国内で6拠点目となる「WeWork」

ニューヨークに本社を置き、全世界22カ国、75都市283カ所以上の地域でコミュニティ型ワークスペースを提供・運営している「WeWork」を知っていますか?

2月に六本木に初上陸が決まったときには、オープン前にかかわらず9割以上の契約が埋まっていたというほどに話題を呼んでいるコワーキングスペースです。入居しているメンバーも、フリーランスとして活躍している方から、大手企業までとさまざま。

日本でもすでに6拠点目となるWeWorkが、2018年8月1日に新しくオープンさせたのが原宿「WeWork Iceberg(アイスバーグ)」です。アイスバーグという名前の通り、“氷山”を彷彿させる建築デザインが特徴で、時代を牽引する最先端のカルチャーが集結する神宮前・原宿においても圧倒的な存在感を放っています。

全面ガラス張りで、自然光を取り入れた開放的な空間は、働く人々をより自由な発想の世界へと誘い、新たな人と人とのつながりを生み出します。

多様な働き方が注目され、コワーキングスペースも増えつつある最近ですが、ここまでWeWorkが注目されている理由は一体なんなのでしょうか?
Cinq取材班は、注目集まる、原宿 WeWork Iceberg(アイスバーグ)にお邪魔しました。

「繋がり」を重視したデザインとシステム

WeWorkが大事にしているのは“コミュニティ”。
職場やシェアオフィスというだけではなく、起業家やクリエイターなど、様々なビジネスパーソンが各々にコミュニケーションをとって、化学反応を起こしていく。そんな新しいワークスタイルを実現しています。

共有スペースでは、居心地の良さを重視。
まるで、自宅のリビングルームにいるような空間で、リラックスしながら仕事ができるので、近くに座っているメンバーと気軽に交流ができるようになっています。

また、コミュニティーマネージャーが常駐しているので、「こんな事業を考えていて……」といった仕事の相談が気軽にできるのも特徴です。メンバーの要望を組み取ったうえで、人と人を繋げるサポートをしてくれます。

メンバー以外の人とのコミュニティ作りも

WeWork Iceberg(アイスバーグ)では、メンバーがワークショップ、ハッピーアワー、ヨガクラスなどのコミュニティイベントに参加したり、自ら開催もできるようになります。また、営業時間外であれば、メンバーでなくてもイベントを開くことが可能です。コワーキングスペースとは思えない、DJスペースなんてものも備えられています。

入口には、世界で初めてとなるWeWorkプロデュースのカフェが併設されていて、メンバーでない一般のお客さんもこのスペースを活用することができます。原宿というローカルコミュニティの接点を作るのも、「繋がり」を意識しているからこそ。

月単位で契約ができ、各拠点も利用が出来るコスパの高さ

一般的なコワーキングスペースといえば、「2年間の契約」が主流ですが、その縛りが長く感じることもありますよね。WeWorkでは、なんと月単位での契約ができるようになっています。また、共有スペース以外に、自分専用のデスクを持つことができるプランもあるため、1人はもちろん、大人数で利用するプライベートオフィスとして契約することも。

また、世界にあるWeWorkの共有スペース・会議室を全て利用することができるので、様々なエリアと雰囲気の異なるオフィスの中からその日の気分に合わせて利用するスペースを選ぶことができます。出張先でも大いに活用できますね。

専用アプリで会議室の予約が可能。モニターが備わったスタンダードなタイプなど、複数のスペースが用意されている

さらには、登記もできるので、面倒なスタートアップでのオフィスの立ち上げも簡単にできてしまいます。契約後すぐさま仕事に取り掛かれるのも、大きな魅力の一つです。

広い世界と繋がり、コミュニティの中で成長できる場所

私たちの働き方は、日々変化しています。
労働人口の減少などの変化も相まって、パラレルキャリアや働き方改革といった、「個人の働き方」を見直す機運が高まっているからです。

また、「人生100年時代」を楽しむ上で、自分の好きなことを追及し、人生を満たす働き方を好む傾向も強まりつつあります。時間と距離を越えて、世界と繋がることができる時代になったことで、働く場所や仲間、役割にも変化があります。

そんな、働く人の意見を取り入れた画期的な場所を作っているのがWeWorkなのです。目の付け所が早い起業家もどんどん集まり、ヒト×シゴトにおいて、様々なコミュニケーションとコラボレーションをより活性化させています。

年内には、さらに渋谷・横浜・大阪・福岡にもオープンを予定しているWeWork。今後の展開にも目が離せません。人と人が交わる新たなコワーキングスペースを、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

【アクセス】
東京都渋谷区神宮前6-12-18
明治神宮前駅から徒歩5分

WeWork 明治神宮前の開放的なワーキングスペース

http://www.weworkjpn.com/iceberg/1/

明治神宮前で働きたい、オフィスを構えたいあなたへ。WeWorkは、企業やフリーランスで働く人たちが、ビジネスで成長していくためのワークスペースを提供しています。世界各国にグローバル展開をしているWeWorkだからこそのコミュニティネットワークを活用できます。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


【オフィスワーク改革】働く女子が1日を気持ちよく過ごすためのマナーブック

【オフィスワーク改革】働く女子が1日を気持ちよく過ごすためのマナーブック

毎朝同じ時間に起きて、決められた時間に出社して、オフィスワークをこなして帰宅するだけなんてつまらない。毎日のある程度のスケジュールや仕事の流れが決まっているからこそ、快適に過ごすための一工夫をしてみるのはいかが?


【テイクアウトコーヒーをそのままイン!】冷たいままで飲める万能タンブラー

【テイクアウトコーヒーをそのままイン!】冷たいままで飲める万能タンブラー

出勤前にコンビニやカフェでアイスコーヒーをテイクアウトして出社する女性も多いのではないでしょうか? しかし、気温が上がれば上がるほど冷たかったドリンクはあっという間にぬるくなってしまいますよね。けれど「ツバメ ステンレスサーモタンブラー」を使えば、テイクアウトコーヒーを長時間美味しく飲むことができるんです♡


仕事を効率的にするには適度な休憩を! 職場でできるプチリフレッシュ法

仕事を効率的にするには適度な休憩を! 職場でできるプチリフレッシュ法

お昼休憩をしたといえど、人間の集中力はそんなに続かないもの。仕事合間の息抜きには、集中力を高め、仕事や勉強の生産性を上げる効果があります。だからこそ適度におやすみを取ることが大切。体のためにも、生産性アップのためにも「疲れたな~」と思ったときに実践したい、プチリフレッシュ法を覚えておきましょう。


残業のメカニズムは「インフルエンサー」から始まる #話題書籍に学ぶ

残業のメカニズムは「インフルエンサー」から始まる #話題書籍に学ぶ

働き方改革により、多くの企業が残業を減らす取り組みに力を入れるようになりました。けれど、いくら残業を減らす取り組みをしても「残業インフルエンサー」という存在が会社には居るのだそう。なぜ残業が無くならないのか? 残業のメカニズムを知っていきましょう。


オフィスに置いておきたい!花粉症対策アイテム

オフィスに置いておきたい!花粉症対策アイテム

本格的な花粉症シーズンが到来! オフィスでずっと鼻をかみ続けているのはなんだか恥ずかしいし、大事な打ち合わせがある時にマスクや目薬を差すのが難しい状況になることも。今回はオフィスでできる花粉症対策方法をご紹介します。


最新の投稿


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング