改善すべき“セックスレス”と、愛のある“セックスレス”の違いとは?|真っ赤な濡れオンナ#58

改善すべき“セックスレス”と、愛のある“セックスレス”の違いとは?|真っ赤な濡れオンナ#58

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第58回目は、セックスレスについて考えます。


「めっきり触れ合っていない日が続く私たち……」

 

何を基準に“セックスレス”と言うのか

とある知り合い夫婦から、ふとこぼれた夜の事情……。それは、「結婚してから何年もセックスをしていないし手を繋ぐこともないけれど、ケンカをすることもなければ冷めているわけでもない」と言うのです。

確かにお互いをみていても、いつも仲が良い印象。何年も結婚生活が続いているから、改まったデートはしないけれど、特別な日はご飯に行ったり二人の時間を多くとったりすることは意識しているとのことで、なんだか世間で言う“セックスレス”について深く考えるきっかけにもなりました。

一般的に、“レス”とは「〜ない」と意味します。シュガーレス、プライスレス、コードレス……そして、セックスレス。もちろん、セックスレスに対して様々な意見があると思いますが、「セックスレスになると愛が冷める」「男女として関係が薄れる」とネガティブなイメージもあるのではないでしょうか。

しかし、先ほどの夫婦の間では、長年のセックスがなくても関係は良好。つまり、「セックスレス=愛がいない」と言う解釈は極端すぎると感じたのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

あえてしないのか、できないのか

もし、セックスレスが続いていて悩んでいる女性がいたら、ぜひ立ち止まって考えてほしいこと。それは、「なぜカップルでセックスをするのか」と本来の意味を探ることです。

一瞬の性欲を満たすためだけに、セックスフレンドという関係もありますが、基本的にはお互い好き同士のカップルがセックスをするのが一般的です。恋愛の延長線上にあるのが、身体のコミュニケーションであり、日常生活では見せない裸を見せ合ってするのは、決して不特定多数とはしないことですよね(性の仕事などを除く)。

極論、カップルの間に愛があれば、セックスレスと言われる期間ぐらいご無沙汰でも、何も問題ないと解釈できます。例えば、遠距離のカップルはなかなか会える時がなくてセックスレスかもしれないですし、子供ができたあとは二人の時間が作れずにセックスレスかもしれないわけです。

いっぽう、お互いまたは片方の気持ちが冷めてしまって、セックスレスになっているなら話は別。これは、セックスレスが問題なのではなく、それ以前に「愛が薄れている」証拠なので、セックスのテクニックを身につけたりセクシーな下着をつけたりする目先の作戦も良いですが、まずは二人の関係性をもう一度見つめ直す方が解決策が落ちているかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

セックスは、人間関係の延長線上である

「セックスの頻度」は、目に見えてわかるので、ついつい“回数”に注目しがちです。しかし、根本的なところを考えると、セックスレスの問題点はパートナーとの関係が良好であるか?ないか?だと私は思っています。

冒頭に出てきた、長年セックスレスが継続している夫婦のように、愛の形が定まっているなら回数がなくても問題ないと思いますし、明らかに二人の関係性が冷めているならば、そもそもなぜセックスをしたがらないのか?すれ違いを続ける理由は何か?を探す作業が必要です。また、女性は子供を産んだ後は性欲が薄れてしまうと言う意見も多いです。

もし、相手に対しての愛はあるけれど、自分がセックスに乗り気ではない理由が明確にあるならば、うやむやにするより、正直な答えを伝えるのもオススメです。男性は、女性の身体を理解したくてもできない部分がたくさんあります。察してくれるのを待つより、自分から心をオープンにしてみてくださいね。

あえて口にすることでもないのでは?と思う、その一言が二人の距離感を埋めるのかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

異性から好意を寄せられることに対して、嬉しいと思わない人は居ませんよね。それが自分でも「ちょっといいな」と思える相手からなら尚更。けれど、それで浮かれるのはちょっと待って。その好意って本当に下心じゃない…?


結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

今回も、実際に頂いたリクエストに基づきまして、「結婚相手の選び方」について考えてみたいと思います。様々な考え方がありますが、今回はジョン・アラン・リーの提唱する「恋愛色彩理論」をもとに、ご自身と相性の良い恋愛体質の方、そして、結婚に結び付きやすい恋愛体質のパートナーについて考えてみたいと思います。


だいじょうぶ、ひとりじゃない!心が沈んだときの回復方法

だいじょうぶ、ひとりじゃない!心が沈んだときの回復方法

心が沈んだときは、いつもよりも孤独を感じやすい……。翌日からまたいつもの調子に戻れるように、モヤモヤモードから抜けだしましょう!


恋すると何も手につかなくなる…恋愛体質から抜けるにはどうしたらいい?

恋すると何も手につかなくなる…恋愛体質から抜けるにはどうしたらいい?

恋に恋して夢中になっちゃう!年齢に関係なく、恋を優先してしまう方に向けた、恋愛体質脱却法をご紹介。


「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

仕事に追われ、家事に追われヘトヘトの毎日。気分転換に習い事には行っているけれど、ときどき深いため息をついてしまう……。なかなかエンジンをかけ直せずにいるなら、立ち止まって総点検を♩


最新の投稿


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング