「肌が吸い付く」感覚ってなに? 相性が良い相手の選び方|真っ赤な濡れオンナ#69

「肌が吸い付く」感覚ってなに? 相性が良い相手の選び方|真っ赤な濡れオンナ#69

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第69回目は、「肌が吸い付く」感覚があるのはなぜ?というKさんからの質問を考えます。


「ずっとこのまま、抱き合っていたい……」

◆性のお悩み相談内容◆

「すごい好きな彼氏がいて、セックスをする時に『肌が吸い付いている』と感じることがあります。これは、ズバリ身体の相性が良いという感覚なのでしょうか?」(ペンネーム・Kさん)

ご質問ありがとうございます。紫深(sisin)です。

とても可愛らしい質問ですね!
結論から申し上げると、「肌が吸い付いている」と感じるのは、Kさんがそれだけ彼氏のことが好きだからそう思える。これが答えではないでしょうか。ロマンチックのかけらもない答えかもしれませんが……。

なぜなら、人の肌が“吸盤のよう”に吸い付いてくることはありえないからです。タコの吸盤を思い出していただければわかりますが、生きたタコは何もしなくても吸盤がついており、手で触ると絡まってきたり吸盤が手に引っ付いたりします。

しかし、人間の皮膚にそんな機能はありませんよね(笑)。確かに、肌のキメが細かい人や肌がスベスベな人には長く触れていたいと思いますが、決してピターッと吸い付いてくることはないのです。

嫌いな人には、触れたいと思わない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

とはいえ、私自身「肌が吸い付いてくる」感覚を感じたことはあります。セックスをしていなくても、好きな人と抱き合っているだけ、手をつないでいるだけでも「ああ、なんだか包まれていて幸せだ」と思う感情です。

冒頭でもお答えしましたが、この密着感を感じるのは、自分が好きな相手だからです。本当に心から好きだから、もっと長く触れていたい。心が相手を求めているのです。

例えば、喧嘩別れをしたり嫌いになって別れたりしたことを思い出してみましょう。今までは、彼氏に触れているだけで幸せだと思っていたのに、嫌いになって心が冷めた瞬間「むしろ触られたくない」と思うはずです。

人は心で恋愛します。確かに、信頼関係がなくても身体の相性が偶然ぴったり良い人もいます。その感覚が忘れられずに、セフレになったり元彼とたまに会ってセックスをしてしまう……というケースもありますが、基本的には嫌いな相手には触れたくないはずです。

おそらく、セフレや元彼とセックスをする理由は「嫌いではなく、まあまあ好き」という気持ちがどこかにあるからだと思います。そう、嫌いになったわけではない、本命ではない。けれどたまに会ってセックスしているだけの関係なのです。

肌の密着感は、心から愛している証拠

本題に戻しましょう。

Kさんは今、とても素敵な恋愛をされているのだと思います。彼氏に対して、心を開き深く信頼しているから、包まれることに幸せを感じている証拠です。

よく、「身体の相性」が本当に存在するのか、しないのか?という話題がありますが、私は「身体の相性は精神的なもの」だと思っています。

気持ちが解放できる相手、気を遣わなくて良い相手、自分をさらけ出せる相手——。
パートナーとの関係がギクシャクすれば、相性が良いものも悪くなって当然です。なぜなら、コミュニケーションがそれ以前に噛み合っていないのだから。

セックスという言葉が日本ではありますが、本来は「メイクラブ」が正しいと思います。二人の間の愛を深めるものです。

というわけで、今回は素敵なご質問でしたね。参考になれば幸いです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第98回目は、彼氏に身体を許すタイミングについてご紹介します。


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


信念を曲げないって、すごく難しい。「揺らぐ私」の修正方法

信念を曲げないって、すごく難しい。「揺らぐ私」の修正方法

「絶対に夢を叶えてみせる」と毎秒思い続けるのは意外と大変。でも、なかなか前に進めないときも信念も曲げない人が、最終的には理想の境地に達せるはず。今回は、揺らいでしまったときの修正方法についてご紹介します。


彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第96回目は、ペンネームBOOさんのリクエスト、「男性の責め方を知りたい」というというご質問の回答です。


こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

仕事はたくさんあるのに、人員は足りないし、給料は低い。 不満もいっぱいありつつ頑張って仕事してるのに、なんで上司にまでこんなに気を遣わなきゃいけないの? 嫌われる上司と好かれる上司のパターンについてご紹介します。


最新の投稿


信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

どうすれば夢や目標が叶うまでの日々を楽しく生きられるのか……ゆっくり、一緒に考えてまいりましょう♩


「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、『横浜天然温泉 SPA EAS』の支配人、横目恭子さん。元全日空のCAという経験を活かして、スタッフやお客様に“癒し”を与えている素晴らしい女性です♡


夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏のお出かけで気になるのはやっぱり汗の「ニオイ」や「不快感」……。外出の予定が多いはたらき女子には、欠かせないであろう便利なデオドラントアイテムたちをご紹介。


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議などのかしこまった場では「説得力」が必要になります。上司や社長に反論を述べるのは気が引けるかもしれませんが、そんな時は「ヒューリスティック」という心理を利用したビジネストーク術を使うと良いでしょう。知性を感じさせるためのテクニックをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング