ケンカ中なのにセックスを求めてくるのはなぜ?男心を教えて!|真っ赤な濡れオンナ#65

ケンカ中なのにセックスを求めてくるのはなぜ?男心を教えて!|真っ赤な濡れオンナ#65

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第65回目は、ペンネーム・るうさんからのリクエスト「ケンカしている最中にセックスを求めてくる男心」についてです。


「『ごめんね』より先に、身体を触り出す彼……」

 

◆性のお悩み相談内容◆

「私が、プリプリと怒り出したり言い合いになったりしてるのに、夜になるとセックスしようとしてくる彼が理解ができません。ラブラブな時なら私も乗り気ですが、ケンカ状態なのになぜ……?と疑問です」(ペンネーム・るうさん)

初めまして、るうさん。よろしくお願いします。

とても興味深い質問ですね!
これは、私も悩んだ経験があります(笑)。結論からお答えすると、男女の恋愛傾向が大きく違うことが原因だと思います。と言うのも、この連載でもよく話題に出て来ますが、セックスは恋愛の延長線上であり、コミュニケーションの一環です。

私の分析では、女性は「心で恋愛」をするのに対して、男性は「支配で恋愛」します。この違いが、セックスにまで延長すると考えると腑に落ちると思います。

オンナは、心のケアをしてほしい

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もう少し具体的にみていきましょう。

例えば、女性は結果よりプロセスを重視します。女性がケンカをする時は、「なんでそうなったのか」「なぜ、隠していたのか」など、とにかく原因や理由を知りたがったり、理詰めで相手を責めたりする傾向があります。理詰めの裏側を言い換えると、「もっと私を見てほしい!」と言う心のケアを求めているのです。

それに対して、男性の本音は「いちいちめんどくせえな」と、根掘り葉掘り理詰めをしてくることに嫌気がさしていることでしょう。

心のケアをしてほしい女性は、相手を責めているつもりはなくても、男性からすると自分のテリトリーを荒らされている気分になり、無言になったり逆ギレしたり「はいはい」と流されてしまったりするのですね。

オトコが支配しやすいのは、セックス

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それとケンカ中のセックスと何が関係あるのか?と言うと、男性がもっとも女性を支配しやすい行為が、セックスだからです。

もちろん、「地位」「稼ぎ」「力の強さ」などさまざまな支配の仕方がありますが、同棲中やお泊りデート中など距離が近い時のケンカには、言葉がなくても身体で支配できるセックスがもっとも効果を発揮します。

セックスをしている最中は、「女性を自分のものにできる」「逃げ場のない場所で、俺が一番」と感じることができるので、男性はケンカしている時でも誘ってくるのでしょう。

ケンカ中と言っても、感情的になって言い合いになっている時ではなく、少しお互いに気持ちが落ち着いた夜に布団の中でゴソゴソ……と始まるパターンが多いと思います。

無言のメッセージを、どう捉える?

おそらく、ケンカ中にセックスを求めてくる場合は、「お願い、許してほしい」「もう忘れよう」と彼なりのメッセージだと思いますよ。

しかし、女性は自分が納得していない状態や心のケアをしてもらっていない段階でセックスを求められると、「理解できない」「私はそんな気分じゃない」と感じてしまうのですね。残念ですが、男女の大きな捉え方の違いです。

女性は、心が満たされていないとセックスしたいと思えません。女性は、「ラブラブ=セックス」と捉えている反面、男性は「セックス=確認」と考えている場合が多いです。

全てのセックスが欲求を満たすためだけではない。これを知った時に、ケンカ中の彼から誘われたら、あなたはどんな対応をしますか?ここが、優しさと理解の分かれ目だと思います。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

異性から好意を寄せられることに対して、嬉しいと思わない人は居ませんよね。それが自分でも「ちょっといいな」と思える相手からなら尚更。けれど、それで浮かれるのはちょっと待って。その好意って本当に下心じゃない…?


結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

今回も、実際に頂いたリクエストに基づきまして、「結婚相手の選び方」について考えてみたいと思います。様々な考え方がありますが、今回はジョン・アラン・リーの提唱する「恋愛色彩理論」をもとに、ご自身と相性の良い恋愛体質の方、そして、結婚に結び付きやすい恋愛体質のパートナーについて考えてみたいと思います。


だいじょうぶ、ひとりじゃない!心が沈んだときの回復方法

だいじょうぶ、ひとりじゃない!心が沈んだときの回復方法

心が沈んだときは、いつもよりも孤独を感じやすい……。翌日からまたいつもの調子に戻れるように、モヤモヤモードから抜けだしましょう!


最新の投稿


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング