ケンカ中なのにセックスを求めてくるのはなぜ?男心を教えて!|真っ赤な濡れオンナ#65

ケンカ中なのにセックスを求めてくるのはなぜ?男心を教えて!|真っ赤な濡れオンナ#65

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第65回目は、ペンネーム・るうさんからのリクエスト「ケンカしている最中にセックスを求めてくる男心」についてです。


「『ごめんね』より先に、身体を触り出す彼……」

 

◆性のお悩み相談内容◆

「私が、プリプリと怒り出したり言い合いになったりしてるのに、夜になるとセックスしようとしてくる彼が理解ができません。ラブラブな時なら私も乗り気ですが、ケンカ状態なのになぜ……?と疑問です」(ペンネーム・るうさん)

初めまして、るうさん。よろしくお願いします。

とても興味深い質問ですね!
これは、私も悩んだ経験があります(笑)。結論からお答えすると、男女の恋愛傾向が大きく違うことが原因だと思います。と言うのも、この連載でもよく話題に出て来ますが、セックスは恋愛の延長線上であり、コミュニケーションの一環です。

私の分析では、女性は「心で恋愛」をするのに対して、男性は「支配で恋愛」します。この違いが、セックスにまで延長すると考えると腑に落ちると思います。

オンナは、心のケアをしてほしい

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もう少し具体的にみていきましょう。

例えば、女性は結果よりプロセスを重視します。女性がケンカをする時は、「なんでそうなったのか」「なぜ、隠していたのか」など、とにかく原因や理由を知りたがったり、理詰めで相手を責めたりする傾向があります。理詰めの裏側を言い換えると、「もっと私を見てほしい!」と言う心のケアを求めているのです。

それに対して、男性の本音は「いちいちめんどくせえな」と、根掘り葉掘り理詰めをしてくることに嫌気がさしていることでしょう。

心のケアをしてほしい女性は、相手を責めているつもりはなくても、男性からすると自分のテリトリーを荒らされている気分になり、無言になったり逆ギレしたり「はいはい」と流されてしまったりするのですね。

オトコが支配しやすいのは、セックス

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それとケンカ中のセックスと何が関係あるのか?と言うと、男性がもっとも女性を支配しやすい行為が、セックスだからです。

もちろん、「地位」「稼ぎ」「力の強さ」などさまざまな支配の仕方がありますが、同棲中やお泊りデート中など距離が近い時のケンカには、言葉がなくても身体で支配できるセックスがもっとも効果を発揮します。

セックスをしている最中は、「女性を自分のものにできる」「逃げ場のない場所で、俺が一番」と感じることができるので、男性はケンカしている時でも誘ってくるのでしょう。

ケンカ中と言っても、感情的になって言い合いになっている時ではなく、少しお互いに気持ちが落ち着いた夜に布団の中でゴソゴソ……と始まるパターンが多いと思います。

無言のメッセージを、どう捉える?

おそらく、ケンカ中にセックスを求めてくる場合は、「お願い、許してほしい」「もう忘れよう」と彼なりのメッセージだと思いますよ。

しかし、女性は自分が納得していない状態や心のケアをしてもらっていない段階でセックスを求められると、「理解できない」「私はそんな気分じゃない」と感じてしまうのですね。残念ですが、男女の大きな捉え方の違いです。

女性は、心が満たされていないとセックスしたいと思えません。女性は、「ラブラブ=セックス」と捉えている反面、男性は「セックス=確認」と考えている場合が多いです。

全てのセックスが欲求を満たすためだけではない。これを知った時に、ケンカ中の彼から誘われたら、あなたはどんな対応をしますか?ここが、優しさと理解の分かれ目だと思います。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

関連する投稿


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

「女性は一歩引いて、男性を立てるべき」。このような価値観は、女性の社会的進出が進むと同時に古い考えへと変わりつつあります。そこで今回は、婚活女子にこそ理解しておいてほしい、間違ったモテについてご紹介。


自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼。寂しくて辛い気持ちを抑えてくれるのは、爽やかな香りがするデオドラントアイテム。お揃いのコスメを持って気分を上げて、二人でこの夏を乗り越えて。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


一緒に乗り越えたい♡ コロナで愛情が深まるカップルの特徴

一緒に乗り越えたい♡ コロナで愛情が深まるカップルの特徴

コロナで絆が深まる人もいれば、別れる人も……。できれば一緒に困難を乗り越えて、さらに絆を深めたいですよね♩


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング