女性の「はたらく」は悩みだらけなことについて

女性の「はたらく」は悩みだらけなことについて

なんだか毎日に慣れつつある、アラサー、よくばり女子の悩みと実態。 仕事も恋愛も、なんだって器用にこなせないとダメなんですか?


大人になるって、難しいことの山積みだと思う。
自分に向いてること、やりたいこともわからないままに、就職をして、毎日に慣れ始めたあとはなんだか物足りなくなって。
他にこんなことができたらな。 こんな生き方をしたいな。 なんて想像だけは膨らむけど、仕事を辞めるわけにはいかないし。 っていうか勢いだけで仕事を辞めるなんてバカでしょ。 と思いつつも、本当はそんな思い切りだってほしい。

でも仕事をしてなかったら生活できないし。やっぱり急に辞めるなんて出来なくて、収入は必要で。

(C)unaumi

仕事をするだけでも毎日いっぱいいっぱいになるのに、恋愛もしてないと「どうして?」って聞かれたりする。 いやいや、逆にどうしてそんな質問するんですか。
彼氏がいないのが問題ですか? 両方器用にできるのが当たり前ですか?
ってちょっとひねくれたことまで考えちゃう年齢になっちゃって。 その上、わかりもしない「男って」 とか無駄な持論展開しちゃって。
ほんとはね、全部うらやましいだけなんです。 仕事もしてたいし、それプラスかっこいい彼氏だって欲しい。 結婚だってしたい。
仕事ができて、彼氏もいて、なんだったか結婚だってしちゃってる人が心底すごいと思うし、なんだったら羨ましい。 みんながみんな、そんな風になれるんですか。 っていうか、私にはいつがそのタイミングなんですか。

「27歳で結婚する」

(C)unaumi

10代後半から、20代前半でやたらと言ってた、「27歳になったら結婚したい」というセリフ。 多分このセリフ、私だけじゃなくてみなさんも一度は聞いたことがあるハズ。
なんで27歳なんだろう、とまで深く考えたことはなかったけど、なぜか27という数字に囚われていた。 でも実際に27歳で結婚してる人ってどれくらい居るんだろう? なんで27で結婚するって思いこんでたんだろう。
27歳になったら落ち着いてるだろう…。 っていう予想でも立ててたのかな? でも私たちって、自分が思ってるほど大人じゃないし、経験だってない。

(C)unaumi

あ、そうか。こどもが生みたいからだ。あるときにふと思った。 こどもを2人生みたいとなると、30代後半で1人目を持つのは体力的につらいし、負担だってかかる。 だからだ、ほどよい年齢で出産して、子どもが成人式を迎える頃には、私はもういい年齢になってるだろうし。 早めに子どもを産んでおくことで、将来の自分の負担へも軽くなるはず…たぶん。 え? 彼氏もいないのに、結婚の予定もないのに、そんなことまでの計算をしていたのか。

(C)unaumi

知らないちに、結婚を通り越して、出産を意識していたのかもしれないと、気づいた私がいた。 今の自分とはかけ離れた想像だった…。うーん…。 想像とすら意識していないままに、理想を描いていたのか。 で、自分の作った結婚のタイミングに焦って、彼氏がいないとヤバい、なんてもがいてたのか、なんて。
もちろん周りの結婚ラッシュのせいもあるけど。でも、なんだか自分の現状と違うところを想像して、勝手に焦って、なんか生産性がないなぁ。

悩みたい生き物なの

なんでそんなに今の自分とかけ離れた未来さえも思い描いていたんだろう、って。 そこまで考えてもキリなんてなくて。 シングルな私たちは、まだまだ仕事にだって悩むし、生活に不満も理想も持ったまま、毎日を迎えるのだ。 というか、毎日は自然に来るんだもの。 地球が滅亡するその時までは。
でも、結婚してたって、旦那さんのことで心配や不安を覚えて悩むし、子どものことだってもちろん。悩みって尽きない。
っていうか、結婚して、子どもができて、その子が二十歳になる時には、私は…。 なんて考えてる時点で私なんてまだまだだ。 実際に、子どもを持つって、そんなにふんわりとした想像が前もってできるもんじゃない。

(C)unaumi

結局、私たちは、なにかについて悩みたいんだと思う。 まわりとの関係を比較して、自分に今おかれている状況とか、心境とか。 これからも不安や想像を重ねるけれど、でもよく考えると、悩めるってことは悪いことではないはずだ。 私自身が私に諦めなければ、可能性はまだまだあるんだし。
私たちが今すべきことは、自分を諦めないことなんだって思う。 だからこそ、これからもスキルアップはしなくちゃいけないし、日常生活だって、自分磨きだって。
なんだかんだ愚痴もいうけど、頑張ってる自分のことは嫌いじゃない。 そうやって自分に諦めないでいれば、きっといいなって思う人も自然にできると思うし…!(いや、できるよきっと、うん。)
女子って悩むよねぇ。
バーッと、考えつくままの私の頭の中を文字にした、というか思いつくままに書いたけど、共感ができる人が居たらうれしいな、なんて。 だってほんと年がいけばいくほど、悩むんだもん。 年齢はもちろんこれからもずっと減ることなく重ねてくけど、一生女子で居たいって思う気持ちって、みんな持ってると思うし。
あとはいつまでその気持ちを維持できるかが勝負なんだよね、きっと。だったら経験を魅力に、武器にするしかない。というか、普段男勝りなことばっかり言ってさ、バカみたいなこともしてるけど、こうやって女の子らしい悩みを抱えてる私って、なんかかわいくないか。

よし。 とりあえず頭も使ったし、糖分補給でもしよう。

(C)unaumi

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


「都会で仕事をすることに意味はあるの?」環境を変えると収入が変わるは本当か

「都会で仕事をすることに意味はあるの?」環境を変えると収入が変わるは本当か

地方出身者によくある「都会はどう?」という質問に、答えてみたいと思います。


いつかきっと。つらい失恋が大きな転機になる理由

いつかきっと。つらい失恋が大きな転機になる理由

つらい失恋をした瞬間は、つらくてもそれが後々大きな転機となっている場合も。今回は、つらい失恋が大きな転機になる理由をご紹介します。


濡れてても挿入時に痛い!そんな女性が試したい対位3選|真っ赤な濡れオンナ#24

濡れてても挿入時に痛い!そんな女性が試したい対位3選|真っ赤な濡れオンナ#24

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第24回目は、バージンではないにも関わらず、挿入時に痛みを伴う女性に送るメソッドです。


あっという間に0!?友達が激減するアラサー女子のタイプ

あっという間に0!?友達が激減するアラサー女子のタイプ

大人になればなるほど友人が減少傾向に…。学生時代、何も考えずに「おばあちゃんになってもよろしくね」と騒いでいた自分が恥ずかしく思えたり。今回は、友達が激減するアラサー女子のタイプをご紹介します。


「勃っている=気持ちいい」は勘違い?男性への前戯HowTo|真っ赤な濡れオンナ#23

「勃っている=気持ちいい」は勘違い?男性への前戯HowTo|真っ赤な濡れオンナ#23

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第23回目は、男性器が勃っている時のパターンについて、ご紹介します。


最新の投稿


【2018年1月19日から】猫好きにはたまらない! ⼭中玲奈 初の個展「猫⾊の⼈⽣」 開催

【2018年1月19日から】猫好きにはたまらない! ⼭中玲奈 初の個展「猫⾊の⼈⽣」 開催

ポーカーフェイスで自由きまま。な~んかつかみどころのない…それが猫。なんて思っていませんか?飼い主にしかわからないような、色んな表情と猫の魅力がギッシリ! 猫好きさんにはたまらない個展が開催されることになりました! 開催場所は、『代官⼭SISON GALLERy』。癒され度抜群なこの個展、お見逃しなく♪


今日はゆっくり。仕事が早めに終わったらお家でしたい4つのこと

今日はゆっくり。仕事が早めに終わったらお家でしたい4つのこと

いつもより仕事が早めに終わったら、そのまま直帰。たまには、お家でゆっくり過ごしてみませんか?今回は、仕事が早めに終わったらお家でしたい4つのことをご紹介します。


なんとなくで済ませない!お金の神様に愛し、愛されるお金の遣い方

なんとなくで済ませない!お金の神様に愛し、愛されるお金の遣い方

ほぼ毎日、お金を遣って生きている私たち。どんな気持ちで、どんな風にお金を扱っていますか?お金の神様に愛されるお買い物のコツをご紹介します。


「都会で仕事をすることに意味はあるの?」環境を変えると収入が変わるは本当か

「都会で仕事をすることに意味はあるの?」環境を変えると収入が変わるは本当か

地方出身者によくある「都会はどう?」という質問に、答えてみたいと思います。


《目指せ!ふんわりマショマロ肌♡》知っている人は違う、ボディケアの基本とは

《目指せ!ふんわりマショマロ肌♡》知っている人は違う、ボディケアの基本とは

この時期は特に乾燥が気になる時期。 顔のケアはしっかりできているけれど、ボディのケアは大丈夫? 実はボディケアだって、クリームを塗るだけではNGなのです。 そこで正しいボディケアの基本を伝授いたします。


RANKING


>>総合人気ランキング