我慢汁多くない…?ヌルヌルを愛撫に活用するコツ|真っ赤な濡れオンナ#94

我慢汁多くない…?ヌルヌルを愛撫に活用するコツ|真っ赤な濡れオンナ#94

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第94回目は、男性の我慢汁が多い人への対処方法です。


「ねえ、もうこんなになってるの……?」

ヌルヌルの我慢汁に困惑……。

女性の“濡れ”と同じように、男性にも“濡れ”があります。それは、「我慢汁」。

フィニッシュを迎える時は、白濁した精子が出ますが、それまでは透明でヌルヌルした我慢汁が出ます。人によって量は異なりますが、我慢汁の量が多いとセックスが始まる前から下着にシミができるほど濡れている男性も……。

私の経験でもあるのですが、勃起しているだけでなく濡れが多い場合は、我慢汁を活用した愛撫方法に変えたほうが男性は喜んでくれると思います。

滑りを良くするローションがわり

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

セックスはお風呂に入ってからが良い!という、こだわりがある方もいるかもしれません。しかし、我慢汁が多いならばお風呂で洗い流してしまうのは少しもったいないと思います。なぜなら、愛撫にちょどよい「ヌルヌル感」がローションの代わりになるからです。

ある彼とセックスをした時のこと——。キスをしたり抱き合っていたりするだけで、下着が濡れてしまう体質でした。フェラチオをするにしても手で擦るにしても、男性は滑りがあった方がスムーズに気持ちよくなれます。

もし、お風呂に入ってしまえば綺麗に拭き取ってしまう我慢汁ですが、ヌルヌル感をそのまま指の腹で広げて亀頭に伸ばしたり裏筋に伸ばしたり……。唾液をつけなくても、摩擦を少なくしてくれるのを実感しました。

そのまま舐めるのが苦手な場合は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

好きな男性でも、フェラチオがどうしても苦手だという女性も多いと思います。私も、もともとそんなに得意な方ではありません。彼が求めてくれるから、期待に応えたい。その気持ちの方が大きいかも……。

特に、我慢汁を舐めてみると苦いような塩っぱいような“妙な味”が気になって、フェラチオを拒むこともありました。しかし、男性は自分の好きな女性に奉仕してもらうことに「愛」を感じますし、テクニックがある・ないに限らずに頑張る姿が大切です。

そこで、少しでも舐めやすくするためにも、たくさん出ている我慢汁を幅広く伸ばして手で擦ってから舐める。この手順を踏むようにしてから、気持ちも楽になりました。

量の多さを気にしている男性も

中には、「セクシーなムードになると、たくさん我慢汁が出てしまって下着が濡れてしまうので替えを持っている」「我慢汁のシミが目立つのが恥ずかしいから、グレーの下着は履かない」など、自分の我慢汁の多さをひそかに気にしている男性もいます。

もちろん、人によって個人差はありますが、気にしているそぶりがあれば聞いてみると心を開くきっかけになるかもしれません。ぜひ、男性の“濡れ”である「我慢汁」に注目してみてください。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第96回目は、ルールや習慣に捉われない生き方について考えます。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


最新の投稿


【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

筆者が婚活中の働く女性からご相談を頂く中で、「お金持ちと結婚したい」というご要望をお持ちの方は非常に多いです。 同様のお考えをお持ちの方もいらっしゃるかと思われますので、一度コラムにまとめたいと思います。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がつらいときは「書く魔法」の力を借りませんか?書いて書いて書きまくっているうちに、いつもの自分に戻っているはずですから。


【#もちこのパンイチ 19】敏感な女子に大人気! 韓国風なパンイチ

【#もちこのパンイチ 19】敏感な女子に大人気! 韓国風なパンイチ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は流行に敏感な女性に人気の韓国風なパンイチのご紹介です♪ しっかりとした味付けでランチにもおすすめです!


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


RANKING


>>総合人気ランキング