本気じゃないけれど…。セフレになってしまう時の共通点3つ|真っ赤な濡れオンナ#62

本気じゃないけれど…。セフレになってしまう時の共通点3つ|真っ赤な濡れオンナ#62

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第62回目は、ペンネームまーこさんのリクエスト「セフレ止まりになる」と言う悩みを考えます。


「相性も良いし楽しいはずなのに……」

◆性のお悩み相談内容◆

「いつも参考にしています!質問なのですが、私はいつも彼女になれず、セフレ?遊び相手?になってしまいます。でも、お互いにセックス内容は満足していると思うし、相性が悪いとも思いません。良い感じの雰囲気になるのですが、そこから本命彼女になるにはどうしたら良いのでしょうか……」(ペンネーム・まーこさん)

初めまして、まーこさん。いつも、読んでくださってありがとうございます。

さて、いつもセフレ止まりで終わってしまうセックスがお悩みと言うことで……。おそらく、このような悩みを抱えている女性は、非常に多いと思います。セックスは性欲を満たすだけのものではなく、自分が興味がある、気になっている男性としたいと思うのは自然なことです。

「断ったらもう誘われないんじゃないか?」「デートで良い雰囲気になったから、このまま流れに身を任せてみよう…」と一夜を共にしたものの、気づけば連絡が途絶えてしまう。それを繰り返すのは心の痛みがありますよね。

そこで、私が考える都合の良いオンナになりやすい共通点をご紹介します。

共通点1. いつも夜ごはんから会う

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まーこさんは、いつも何時から男性に会っていますか?セフレと本命の違いは、まずはデート内容から現れます。

社会人になれば平日は仕事と言うパターンも多く、遊ぶなら夜……と言う気持ちもよくわかります。しかし、昼間からのデートを予定してくれなかったり、夜ごはんを食べた後に男性の家の近くで終電近くまでお酒を飲んだりすると、そのまま自宅にお持ち帰りセックスを期待している可能性大。

もし、相手が本気なのか探りたい時は、夜ごはんを誘われてもあえて断り、お互いが休日に昼からデートを誘ってみてください。ランチやお買い物などに一緒に出かけるのはめんどくさい……けれど、夜ごはんから泊まりは良い。これは、セフレになるパターンの王道スタイルです。

共通点2. お互いの信頼がない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして、上記のことにも関連してきますが、お互いに信頼関係がないこともセフレになる原因の一つです。例えば、お酒を飲みながらワイワイと楽しんでいるだけで、お互いの恋愛観や価値観、仕事内容などを深く話し合ったことがなかったり、共通の友人がいなくてこっそり二人で会っているだけだったり。

これは、お互いの人物像が見えにくく、信頼関係が築けているとは思いにくいです。この関係性の段階でセックスを先にしてしまうと、たとえ身体の相性が良かったとしても“ただ気持ちいだけ”で終わります。

「まーこさんじゃないとダメ」と言う特定の人とセックスをしたい訳ではなく、「誰でもいいからしたい」になってしまうのが注意ポイントです。

共通点3. 中出しを拒まない

最後は、男性のことを自分の方が好きになっていて、何もかも許してしまっている状態。

「コンドームが嫌いだから生でいい?」と言う問いかけに対して、「私ピル飲んでるから大丈夫」「安全日だから、中に出していいよ」と、気軽に自分の身体を解放していませんか?

男性は、簡単に手に入る身体には燃えません。自分が好きだからこそ、相手のことを受け入れたい気持ちもわかりますが、それでも「中に出すのはやめてほしい」ときっぱり断ることが大切です。なんでもかんでも相手に合わせてしまえば、男性は追いかけてこなくなり、やがて違うセフレにまた移ってしまいます。

——大人になれば、身体から入る関係もあると思います。しかし、デートの内容や会う時間帯、セックスの対応で自分のことを本当に愛してくれているのか?を判断してみてくださいね。参考になれば幸いです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


私らしさを優先に!恋愛を中心軸にしない人生のメリットとは?

私らしさを優先に!恋愛を中心軸にしない人生のメリットとは?

恋愛をしなければいけない。結婚しなければいけない。自分の中にある義務感を手放すと、新しい世界が見えてくるかもしれません。今回は、恋愛を中心軸にしない人生のメリットをご紹介します。


【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第100回目は、小さな習慣を味方につけて継続力を作るヒントを考えます。


“タイムリー”な相談は気持ちがブレる原因!? 事後報告で行動するメリット|MY WORK ヒント#99

“タイムリー”な相談は気持ちがブレる原因!? 事後報告で行動するメリット|MY WORK ヒント#99

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第99回目は、相談をその都度周りにするデメリットと、事後報告のメリットを考えます。


最新の投稿


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

気付けばあっという間に30歳目前! 30歳は精神的な“自立”、つまり人生の基礎を確立する時。そのためには20代の過ごし方が重要だといえます。そこで今回は、将来後悔しないために20代の働く女子がやっておくべきことについてご紹介します。


増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

2019年10月から消費税が8%から10%に上がります。今のうちに買いだめや大きなものの購入を済ませようとしている人も多いのではないでしょうか? 中には、消費税が10%にならないものもあります。どんなものが10%にならないのか、今のうちに買っておくべきものは一体なんなのか? しっかり知っておきましょう。


働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

いつの間にかできてしまった思い込みや偏見、思考の偏りを「バイアス」と言いますが、実はこの“バイアス”こそが自分の成長や、行動の妨げになっているかもしれません。働く女性が気づかないうちに陥りがちな、バイアスについて今回は紹介していきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング