ストレスや不安がたまった時は、〇〇すると良い?性と心の繋がり|真っ赤な濡れオンナ#68

ストレスや不安がたまった時は、〇〇すると良い?性と心の繋がり|真っ赤な濡れオンナ#68

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第68回目は、心と身体の関係について考えます。


「寂しさや孤独を満たしたいから……」

ひとりですることって、虚しいの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男性に比べて、女性のマスターベーションは、注目が当たらないことが多いです。むしろ、「恥ずかしいこと」「隠さなければならない」など、ネガティブに捉えている女性もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、私の考えでは「ストレス」や「不安」を抱えている時こそ、ひとりで発散する方法を覚えたほうが良いと思います。なぜなら、性欲と心の繋がりは大きいから。三大欲求とも言われる性欲は、睡眠欲・食欲と並ぶくらい大切なことです。

例えば、2日間なにも食べなかったらどうでしょう?24時間以上寝ないで過ごした次の日は、どうでしょう?イライラしたり不安になったりと、心が乱れるのは想像できますよね。

それと同様に、長らくセックスをしていなければ、イライラして心が不安定になるのも当然です。満たされない性欲から、浮気願望が生まれたり自分に自信を無くしてしまったりすることもありえるのではないでしょうか。

自分の性欲を否定しない気持ちを持とう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もし、イライラしたり孤独、不安に包まれていたりするならば、一度自分の三大欲求が満たされているのか確認してみてください。ポイントは、「自分自身が満たされているかどうか?」が大切です。

よく、女性がセックスで悩むのは以下のことです。

・パートナーがいるからセックスレスで悩む
・独身で彼氏がいないからセックスする相手がいない

しかし、本来は自分ひとりでも性欲は満たすことができますよね。自分の性欲処理方法が分からないと、「私は、魅力が足りないのではないか」「夫がセックスに誘ってくれない」など、性欲処理が常に外部にあるとどんどん不安になってしまいます。

なぜなら、セックスは相手ありきだからです。セックスをパートナーから誘ってもらいたい気持ちはわかりますが、相手にも気分や体調があります。

恋愛に置き換えてみても同様に、自分が一方的に相手のことを好きでも相手が自分のことを好きではなければ、カップルになれない。それをセックスに当てはめてみると、自然だと理解できることでしょう。

誘われない理由を追求するより、自分で満たすことが優先

この連載の中で、何度か出てきた話題。

・女性から誘うのは魅力がないのだろうか
・もっとパートナーに誘われたい
・セックスレスで愛がない

など、外部だけに性欲処理を求めているならば、今一度マスターベーションの大切さを見つめ直してみてほしいと思います。ちなみに、男性は精子がたまるので、自分で射精するのは当然の習慣です。私のパートナー経験で言えば、ほぼ毎朝「朝勃ち」と同時にセックスを求めてきます。

しかし、常に私がしたい気分ではないことを理解していますし、時には生理の時もあります。そんな時は、自分でマスターベーションする習慣を持っています。自分で性欲処理をすることで、相手に無理なプレッシャーをかけたり自己嫌悪になったりすることもありません。

これらの行動を、女性も真似てみると良いと思います。ひとりで性欲を満たすことは、心の安定にも繋がるはずです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、『横浜天然温泉 SPA EAS』の支配人、横目恭子さん。元全日空のCAという経験を活かして、スタッフやお客様に“癒し”を与えている素晴らしい女性です♡


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第98回目は、彼氏に身体を許すタイミングについてご紹介します。


即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第93回目は、仕事で使うメッセージについてです。


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


最新の投稿


信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

どうすれば夢や目標が叶うまでの日々を楽しく生きられるのか……ゆっくり、一緒に考えてまいりましょう♩


「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、『横浜天然温泉 SPA EAS』の支配人、横目恭子さん。元全日空のCAという経験を活かして、スタッフやお客様に“癒し”を与えている素晴らしい女性です♡


夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏のお出かけで気になるのはやっぱり汗の「ニオイ」や「不快感」……。外出の予定が多いはたらき女子には、欠かせないであろう便利なデオドラントアイテムたちをご紹介。


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議などのかしこまった場では「説得力」が必要になります。上司や社長に反論を述べるのは気が引けるかもしれませんが、そんな時は「ヒューリスティック」という心理を利用したビジネストーク術を使うと良いでしょう。知性を感じさせるためのテクニックをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング