このオンナは抱けない…男が欲情しない女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#73

このオンナは抱けない…男が欲情しない女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#73

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第73回目は、セックスの対象外になる女性についてです。


「抱けないオンナって、存在する……?」

◆プロに夜の裏側を聞きました◆

今回の疑問はこちら!

「風俗に来ている男性って、とにかく性欲を発散したい!という気持ちが強いイメージです。なぜなら、自分の好きな女性や彼女とするわけではなく、その日に出会った女性とするのだから……。

それでも、『この女性とは、いくらサービスしてもらっても興奮しない!』というお断りをもらうような女性もいるのでしょうか?」

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「あははは(苦笑)。いますよ、います。

いくら風俗だと言えど、あまりに男性のテンションが上がらないと『女の子変えてくれる?』と……。お客さんの中では、通称『地雷女(じらいじょ)』と言われているのですが、とにかく当たったらヤバイ女性の特徴があります。

私は、その特徴の逆を極めたら男性が喜んでくれると思っているので、反面教師として観察していますけどね」

——なるほど。
現場で「こんな女性は当たりたくない」というリアルな声を聞くからこそ、それを反面教師として捉えることがポイントなようです。男ウケする・しないの違いを聞いてみましょう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

1. 見た目や体系を気にしていない

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「王道かもしれないですが、見た目がブサイク、体系がぽっちゃりすぎるのはご法度ですね。でもっ!!大事なことは“本人の努力が感じられること”です。

ただ第一印象だけで全てを否定しているわけではなくて、明らかに美容や健康を意識していないことが分かると対象外になると思います。例えば、髪の毛の色は金髪でパサパサに乾燥しているのは男ウケが悪いです。色は暗めの茶系が人気で、毛先までトリートメントでケアしてあると、『ツヤツヤで触りたくなる』と言われますよ。

あと、メイクも服装も、清楚系が一番男ウケします。派手なアクセサリーやフリフリすぎる服装ではなくて、すっきりシンプルなワンピースやタイトスカートが無難に喜ばれます。初めてのデートの服装で迷ったら、間違いなく清楚系がおススメです」

2. 言葉遣いが下品、会話ができない

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「男性は、女性の言葉遣いをよーく観察していますね。『マジでヤバイんだけど〜』『ガチで無理』など、言葉遣いが汚かったり会話の内容が下品だったりすると男性は引いてしまいます。方言は可愛いと思う反面、度が行き過ぎた若者言葉や下ネタを女性からガンガン持ちかけるのは控えた方がベター。

ちょっと矛盾しているようにも感じますが、風俗に来ていたとしても、男性はやっぱり普通の女性を求めています。あえて、下品な下ネタを求めていないというか……。普通の会話、普通の言葉遣いができると、好印象を与えます。これは、カップルになる前のデートで活かせると思います。

砕け過ぎて言葉遣いが悪くなり過ぎたり、下ネタに盛り上がりすぎたりすると、男性はその子を口説きたいと思えなくなります」

3. 悪口を言ったり不機嫌になったりする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「最後は、ジメジメとした愚痴を言い続けたり明らかに不機嫌な顔をしたりする女性。特に、自分にまったく関係ないことなのに、『さっきのお客さん、マジでうざくて〜』と、八つ当たりされた日には、性欲なんてわかないですよね。

でも、これは風俗に限ったことではないんですよ。カップルでも、同じことです。仕事で疲れて帰って来てイライラしたり、不機嫌になった表情のまま話したり。彼氏彼女、夫婦の関係でも、同じように不快感を与えてしまいます。だから、家に帰って来た旦那さんにチクチクと小言を言うのはやめるべきです。居場所をなくして、外で発散するようになっていきますよ。

男女の話し合い、コミュニケーションはもちろん大事なことです。しかし、本人に言うべきことと、本人には関係ないことの境界線を明確にしてみてください」

清楚で可愛らしさをキープするのが女の役目!

なんとも考えさせられることが多いコメントを頂きました。
結構見落としがちなのが、「言葉遣い」かもしれないですね。可愛らしさや恥じらいがなくなればなくなるほど、マンネリを起こしてしまいます。

なんでもオープンにするのではなくて、清楚で可愛らしくキープすること。簡単なようで難しいですが、いつまでも“オンナ”として見てもらえるように努力したいものです。

「セックス=裸になってからが勝負」ではなく、日頃の所作から磨いていきましょう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第96回目は、ルールや習慣に捉われない生き方について考えます。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


最新の投稿


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


RANKING


>>総合人気ランキング