彼のセクシー声が大きくて困惑…。どんな反応するのが正解なの?|真っ赤な濡れオンナ#75

彼のセクシー声が大きくて困惑…。どんな反応するのが正解なの?|真っ赤な濡れオンナ#75

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第75回目は、男性の喘ぎ声が大きい時の対処方法についてです。


「アアンッ!!って……女のコみたいに声を出してる……」

◆プロに夜の裏側を聞きました◆

今回の疑問はこちら!

「一般的には、喘ぎ声は女性が出すイメージがありますが、男性も声が大きい人はいますか?また、声が大きな男性に出会った時には、どのように対処するのが正解なのでしょうか?」

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「実際に、お客さんの中にも、まるで女の子のように『アンアンッ♡』と喘ぐ男性も。しかし、それを笑ってしまったり、あからさまに引いてしまったりすると、男性は傷ついてしまいます。もし、それが自分の好きな彼女だったら、なおさらですよね。

あと、喘ぎ声を出す男性は、ある特徴があります。それを心得ることで、ムードを壊すことなく育むことができると思いますよ」

——声を出す男性の特徴、ぜひ知りたいですね。どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

M気質で、責められたい男性が多い

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「大きな声を出す男性に多い特徴は、M気質であることです。責められるのが好き、前戯も挿入も女性がリードしてくれると嬉しい、すぐに触られるより焦らされる方が興奮する、など色々タイプがありますね。

声を出す理由は主に2つあります。気持ちが良いことを相手に伝えている意味がひとつ、自分の耳に入ってくる喘ぎ声に高まっているのがもうひとつです。女性も自分自身が乱れていることに『ああ、私色っぽいかも…』とセクシーさを連想するように、男性も同じように自分の喘ぎ声で興奮することがあるのです」

喘ぐ男性には、問いかけることが◎

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「もし、フェラチオをしたり挿入して動かしていたりする時に喘ぎ声を出す男性だった場合は、そのM気質をくすぐることがポイントです。

例えば、『そんな声出しちゃって、どうしたの?』『どこが気持ちが良いのか教えて?』と、お姉さんっぽく問いかけるだけで、M気質な男性は喜んでくれると思います。

逆に、『なんでそんなに声出してるの?』『女の子みたいだね〜あはは!』など、冗談混じりで笑い飛ばしてしまうのはご法度です。男性も声を出しながらムードを高めているのに、冷静に指摘されてしまうと萎えてしまう原因に……」

声を聴いたら責めるチャンス!

性のプロは「男性=お客さん」ですが、一般的には「男性=彼氏」ですよね。

お客さんには接客業としてサービスに気を遣えていても、プライベートでは気を遣えないかも……?もし、喘ぎ声が大きい男性に遭遇したら、問いかけながら責めてみてくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


ココが違う…! 信用できる人がやっている3つの人間関係ポイント|MY WORK ヒント#95

ココが違う…! 信用できる人がやっている3つの人間関係ポイント|MY WORK ヒント#95

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第95回目は、信用度が上がる人間関係の作り方について考えます。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


最新の投稿


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


RANKING


>>総合人気ランキング