男が風俗に行く理由は…? 3つのタイプがいることが判明|真っ赤な濡れオンナ#72

男が風俗に行く理由は…? 3つのタイプがいることが判明|真っ赤な濡れオンナ#72

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第72回目は、男性が風俗に行く時の理由をご紹介したいと思います。


「男がこっそりサービスを受ける理由は……」

 

私自身、セックスに関してたくさん悩んだからこそ、こうしてエッセイを綴っています。

しかし、風俗で働いている女性(性のプロ)にインタビューをしたら何か新しい発見があるのではないか?と感じた私は、新しい試みに挑戦します。

題して、「プロに夜の裏側を聞きました」ということで、性のプロから学ぶセックスHowToをご紹介したいと思います。男性心理をより深く理解して、性の悩みに切り込んでいきましょう。

◆プロに夜の裏側を聞きました◆

今回の疑問はこちら!

「女性向けの風俗もあるけれど、男性ほどお金を支払ってまで性欲を満たしたい……という女性は少ないと思います。

男性は、なぜ風俗に行くのでしょうか?彼女がいないから寂しさを紛らわすため?それとも、単純にいろんな女性とセックスをしてみたい願望があるのでしょうか?」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「なるほど、良い質問ですね。私は、風俗の中でもいわゆる“デリヘル”といって、お客さんの指定されたホテルに向かいサービスをする仕事をしています(挿入はしません)。

もちろん、部屋に入ってからいきなりサービスをするわけではないので、会話してからどんな人なのか?何を求めているのか?を探るところから入ります」

——お互いを知る時間はムードを作る過程でも必須です。
そんな中で判明した、「男性が風俗を利用する理由」を3つのグループに分けてみました。

タイプ1. 長年彼女がいない、女性経験が少ない

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「質問にあるように、風俗に来る男性の中には、リアルでの女性経験が少なくて性欲の発散場所がない男性もいます。または、長年彼女がいないタイプですね。そういう男性は、真面目で誠実な人が多いんですよ。

セックスフレンドとか、短期間でも彼女を適当に作るとか、いわゆる“リア充”な男性ではなく、引っ込み思案なところがあるというか……。しかし、意外とこのタイプはあまり多くはないんです。

よく風俗を利用するタイプは、残りの2つですね」

タイプ2. 妻子持ちでセックスレス、処理する場所がない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「まずは、妻子持ちの既婚者。どうしても、結婚して他の女性と身体の関係を持つわけにもいかず、子育てに追われる奥さんに対して無理にセックスを求めるにもいかず……。

そんなジレンマから風俗に来る男性です。これは、仕事で性サービスをしているから考えるようになったことですが、もし、自分と結婚した夫が風俗に行っていたとしても、あまり責めないほうが良いと思いますね(怒ったり問い詰めたり)。

もちろん、夫婦の中に愛が冷めきっているならば話は別ですよ。でも、既婚者の男性が風俗に来るときは、奥さんや子供の気持ちを考えているからこそ、こっそり自分で処理していることが多いのです。子供がいるから思うように奥さんと時間がとれない、毎日忙しくしているところにセックスを求めるのは気がひける……と、気遣いや優しさでもあるのです」

タイプ3. お金はあるけれど、特定の彼女を作る気がない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「最後は、彼女を作るつもりがまったくない男性です。特徴としては、ハイステータスだったりお金をバリバリ稼いでいたりするタイプに多くて、特定の彼女を作ってしまうと責任がうまれるのを避けるためにあえて作っていない。という、意見をよく聞きますね。

お金もあって、優秀、見た目もかっこいい。絶対モテるでしょ!って人に限って、『いや、今は仕事がしたいから彼女を作るのは面倒だな』『趣味が楽しいから、邪魔されたくない』など、こだわりがあることが多いですね。逆に言い換えれば、家庭を持ちたい、本命の彼女がほしいとスイッチが入れば、風俗で性処理するのではなく彼女を大切にすると思いますよ。

お金より自分の時間を優先しているのです」

合理的に考えて利用している!

私の想像をはるかに超えて、合理的に風俗を捉えているのだなという印象です。

女性の中には、パートナーが風俗に行くのは「絶対にいや!」「引いてしまう」という意見もあるかもしれません。しかし、ただ寂しさを紛らわすだけではなく、彼女や妻子を持つ責任を背負っている。そう思うと、風俗に通う男性に対して見方が変化しそうです。

もし、風俗に行っていることが判明したとしても、一方的に問い詰めるのではなく、心情を探ってみましょう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

関連する投稿


イラっ!ムカっ!彼と喧嘩をしても不安定にならないコツ

イラっ!ムカっ!彼と喧嘩をしても不安定にならないコツ

喧嘩するたびに仮病をつかって会社も友人との予定もキャンセル…。あまりにも振り回されていると、自分らしさがどんどんなくなるかも!?今回は、彼と喧嘩をしても不安定にならないコツについてご紹介いたします。


「一番明るい笑い声が聞けるのは、食べ物が一番おいしい場所」ウーマンダイアローグ #47

「一番明るい笑い声が聞けるのは、食べ物が一番おいしい場所」ウーマンダイアローグ #47

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、チャヤ ナチュラル&ワイルドテーブル 日比谷シャンテ店の菅沼梓さん。学生時代に伊勢丹新宿店でアルバイトを経験したことをきっかけに、マクロビの魅力に引き込まれたそうです♡


本当にその人で大丈夫?付き合っても幸せになれない男性の特徴

本当にその人で大丈夫?付き合っても幸せになれない男性の特徴

今の彼は本当にあなたを幸せにしてくれる人?今の時点で見極めておかないと、数年後になってから後悔しても遅いかも…。


「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはプレスラボの池田園子さん。2020年に代表取締役に就任されたばかりですが、どのような背景があったのでしょうか?ライター駆け出し時代からコロナ禍の現状まで、たくさんのお話しを伺いました。


別れるかどうか迷う…。見切りをつけるべき彼のチェックポイントは?

別れるかどうか迷う…。見切りをつけるべき彼のチェックポイントは?

愛情が感じられない彼の行動に、別れを考える女性は多いものです。けれど、なかなか別れを切り出せず、本当に別れていいのかなと悩むこともありますよね。そこで今回は、彼に見切りをつけるべき行動について紹介します。


最新の投稿


自分に自信を持って好きになるために。自己愛を高める2つの方法|お守りコスメ

自分に自信を持って好きになるために。自己愛を高める2つの方法|お守りコスメ

自己愛を高めることで、自信を持って生きていける。自己愛を高めてくれるオーガニックバームをお守りにしていつでも前向きな自分になって。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


「見た目で判断される」はどこまで?自分の評価を上げる小物テクニック

「見た目で判断される」はどこまで?自分の評価を上げる小物テクニック

「人は見た目が大事」と言われることが多くありますが、なぜそこまで見た目が大事だと思いますか? 「見た目で判断される」が一体どれほどのものなのか、そして自分の評価を上げるためには実際どうすれば良いのかを解説していきます。


最近、頭が冴えていない? 脳を活性化させる4つのポイント

最近、頭が冴えていない? 脳を活性化させる4つのポイント

ビジネスでは脳のパフォーマンスが大事。脳が活性化できていないと頭が働かず良い考えが出てきません。冴えた脳にするための4つのポイントをご紹介します。


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


RANKING


>>総合人気ランキング