男は弱音を吐くのが苦手。浮かない顔をした日にかけてあげる言葉とは|真っ赤な濡れオンナ#82

男は弱音を吐くのが苦手。浮かない顔をした日にかけてあげる言葉とは|真っ赤な濡れオンナ#82

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第82回目は、男性の性欲が復活する方法です。


「ねえ、今日なんかあったの……?」

 

◆プロに夜の裏側を聞きました◆

今回の疑問はこちら!

「彼氏との仲は良好だと思うのですが、なんだか最近彼の性欲が薄れている気がします……。私の刺激が足りないのかな?と不安になり女磨きを頑張っていると、『〇〇ちゃんが悪いわけじゃないんだけどね』と浮かない顔をするのです。

男性が性欲が落ちる原因って、他に何かあるのですか?」

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「なるほどー。確かに、女性の見た目だったり色気がなかったりすると、男性は性欲が落ちるのは確かです。しかし、カップル仲が良好にも関わらずセックスの頻度が落ちている場合は、もしかしたら彼のメンタルに原因があるかもしれません。

男性は、悩み事や考え事があると勃たなくなるのですよ。頭が心配ごとでいっぱいになって、セックスに集中できなくなるのだと思いますね」

——頭が心配ごとでいっぱい……。なるほど。
特に男性社会は、難しいこともありそうですね。そんな彼に対して、どんな対応をするのが彼女としてベストなのでしょうか?

男性は弱音を吐けないことを知る

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「大前提としてお伝えしたいのは、男性はとにかくプライドが高いということです(笑)。決して悪い意味ではないのですが、とにかくかっこつけたいんですよね。特に女性の前では。

悩んでいたとしても、落ち込んでいたとしても、心配していたとしても……。基本的には、男性から『俺、最近こんなことに悩んでいてさ』と話題を持ちかけることはまずないと思います。

同棲したり結婚したりした後なら話は別ですが、たまに会ってデートをしている彼氏彼女の段階ならなおさら顕著に現れるのではないでしょうか」

「疲れてない?大丈夫?」の気遣いが功を奏す

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「男性ならかっこよく強くいてほしい、男らしくリードしてほしいと思うのは私も同じです。しかし、ただえさえ普段かっこつける癖がある男性に対して、かぶせるようにプレッシャーをかけるのは逆効果です。

男性は自ら弱音を吐けません。それを理解した上で、『最近元気ないけど、なんかあったの?』と気遣いの言葉をかけてみましょう。これは、私たちのように仕事で性のサービスをする時も同じなんですよ。お客さんが全員、元気で明るいわけではありません。何かしらストレスがあって風俗を利用している、勃ちが悪いからプロにお願いしたいなど、理由はさまざまです。

なので、私もサービスに入る前に、『お仕事終わりですか?お疲れ様です』と必ず一言添えるようにしています。具体的に男性から弱音や愚痴などを話してくれるなら、聞き役に徹しますが、話さないようなら深く掘り下げなくてOK。でも、その気遣いの一言があるかないかで大きく印象が変わるのは確かですね」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

誰でも良いわけじゃないから

インタビューの中で納得したのが「いくら風俗でも、したい女の子としたくない女の子がいるんですよ」というコメントです。たとえ彼女や奥さんがいなくても、誰でも良いから風俗に行って発散するのではなく、「この子としたい」が根底にあるそうです。

では、恋愛関係がない風俗で何を求めるのか?と考えると答えは出ますよね。その場だけの性サービスだったとしても、尽くしてくれたり気遣いが見えたりと優しい気持ちがある女性に男性は欲情します。

恋愛関係であるカップルならなおさらですよね!
セクシーさだけではなくて、メンタルのケアも性欲に繋がるので、ぜひ思いやりの一言を忘れずに。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

異性から好意を寄せられることに対して、嬉しいと思わない人は居ませんよね。それが自分でも「ちょっといいな」と思える相手からなら尚更。けれど、それで浮かれるのはちょっと待って。その好意って本当に下心じゃない…?


香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

心を落ち着かせながら、一杯ずつコーヒーを入れる楽しさをお届けします。今回は、自宅でドリップコーヒーを淹れる時に必要なキットについてです。


結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

今回も、実際に頂いたリクエストに基づきまして、「結婚相手の選び方」について考えてみたいと思います。様々な考え方がありますが、今回はジョン・アラン・リーの提唱する「恋愛色彩理論」をもとに、ご自身と相性の良い恋愛体質の方、そして、結婚に結び付きやすい恋愛体質のパートナーについて考えてみたいと思います。


最新の投稿


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

男性からお誘いがあると安心する…。自己肯定感が低い女性が意識したいこと

異性から好意を寄せられることに対して、嬉しいと思わない人は居ませんよね。それが自分でも「ちょっといいな」と思える相手からなら尚更。けれど、それで浮かれるのはちょっと待って。その好意って本当に下心じゃない…?


自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさって? 必死に考えているつもりだけど、なかなか答えにたどり着かない……。いつもよりモヤモヤしても、不安がらなくて大丈夫。少しずつ、いつもの私へと調子を戻しておきましょう。


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


RANKING


>>総合人気ランキング