本命の彼女には、〇〇が丁寧…!?夜のプロから聞いた男の本音|真っ赤な濡れオンナ#77

本命の彼女には、〇〇が丁寧…!?夜のプロから聞いた男の本音|真っ赤な濡れオンナ#77

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第77回目は、男性が好きな女性には丁寧にする〇〇についてです。


「誰でも良いわけじゃないから……」

 

◆プロに夜の裏側を聞きました◆

今回の疑問はこちら!

「仕事として男性に性サービスをする風俗ですが、逆にお客さんから『これは彼女としたいんだ』と断られるケースってありますか?もし、本命彼女と性サービスの違いがあれば教えてください」

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「ありますねー!! この仕事を初めてから感じるのは、男性は本当にピュアだということです。もちろん、女性に比べると性欲も強いですし、一人でオナニーする頻度も圧倒的に高いことでしょう。

しかし、男性は、本気で自分の愛情を注げる相手と、そうではない相手(性サービスを利用するとき)はかなり分けて考えていますよ。風俗の仕事をしていると、男性と直接接しながら実感する場面が多いですね」

——なるほど。かなり分けて考えているというのが、どういう意味なのか?
ぜひ、教えていただきましょう。

圧倒的に多い意見は……。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「この質問をされた時に、すぐ頭に思い浮かんだ答えがあります。それは、男性は好きな女性じゃないと『キス』を拒むケースが多いです。胸を揉んだり乳首を舐めたり、女性器を舐めたり触ったり。これらの愛撫は、正直みんなある程度好きなんですよね。

むしろ、その愛撫を楽しみに来ていると言っても過言ではないかもしれません。しかし、『唾液』に関して言うと、自分が好きな女性じゃないと苦手意識がある男性も多いです。実際に、『キスはいいから、フェラチオをしてほしい』『フレンチキスは良いけれど、ディープキスはいいや』など、長い時間唾液が交わるようなディープキスは必要ないとお断りされたこともあります。

まあでも、これが自分の彼氏だったらショックですが、あくまでも相手はお客さん。私たちは、お客さんが求める範囲で性サービスをするので、相手からそのようなリクエストがあれば必要以上にすることもないです。

しかし、これを聞いたときに、『男性は風俗に対して、性処理だけを求めているのかな?』と冷静に考えるきっかけにもなりました。男性は、どうしても精子がたまるので、定期的に外へ出さないといけません。あくまでも、“処理”として風俗を捉えているのですね」

「キスが丁寧=あなたへの愛情」が深いかも?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「とは言っても、お客さんの中でもキスが大好きな男性もいらっしゃいます。なので、一概にすベて当てはまるわけではありませんが、私は『キスが丁寧=あなたへの愛情』はけっこう当たっていると思います。

特に、『唾液が欲しい』『キスの時間が長い』など、口の中の匂いや唾液に対して受け入れる姿勢がある男性は、本当に心からあなたのことを求めているのだと思います。女性の意見もおそらく同じで、好きでもない男性と直時間キスをするのはイヤですよね(笑)。

私はお仕事として性サービスをしているので、相手がしたいと言われたらしますが、プライベートではキスを知らない男性とすることはもちろんありません。そう考えると、『唾液の交換』はとても繊細なセックスの一部なのだと感じます」

ねっとりしたキスは愛情の証!

今回の内容は、仕事で性サービスをしているからこそ知っている裏話という感じでしたね!
ただ気持ちいだけ、性欲を満たしたい、のではなく「お互いの粘膜や唾液」は心がないと苦手意識を持つ男性も多いようです。

カップルだから楽しめること。それが、ディープキスなのかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム



この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。「上司が私のSNSをチェックしてくる」これはハラスメントに入る?


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


「健康診断の結果を言いふらされていて…」#これってハラスメントですか?!

「健康診断の結果を言いふらされていて…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。「健康診断の結果を言いふらされる」これはハラスメントに入る?


年下男子と2人で食事に行った場合のお会計、奢るべきか割り勘か。どちらが正解?

年下男子と2人で食事に行った場合のお会計、奢るべきか割り勘か。どちらが正解?

年下男性と食事に行くことになったら、ちょっと迷ってしまうのがお金のやりとり。年齢差や性別にもよるけれど、食事にいくたびに全負担していると自分の財布の中身が危ういし……。さて、あなたならどうしますか?


【男はこうして決心する】私の彼が結婚を決めた理由!

【男はこうして決心する】私の彼が結婚を決めた理由!

男性ってどういう時に結婚を考えるもの?長く付き合っても結婚に至らずに分かれてしまうカップルがいる中で結婚を決めた男性の男心とはいかに?今回は既婚者男性に結婚の決め手となったポイントをご紹介頂きました。


最新の投稿


思い切ったジョブチェンジ!異業種への転職を成功させる正しい転職活動とは

思い切ったジョブチェンジ!異業種への転職を成功させる正しい転職活動とは

実は今とは違う仕事をしてみたい…。異業種・未経験の仕事への転職に、二の足を踏んでいる方にオススメする成功率UPする転職活動法をご紹介!


プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼン用の資料を頼まれたとき……いきなりPCを開いて構想を練りながら資料作りに取り掛かっていませんか? 人に見せて説明するための資料は、デザインより文章の内容より、まずは「伝わる」ことが大切です。時間を無駄にすることのないよう、伝わる資料作りについて紹介します。


仕事がたまりすぎてパンク寸前! 忙しい人が実践すべき5つのステップ

仕事がたまりすぎてパンク寸前! 忙しい人が実践すべき5つのステップ

仕事がたくさん溜まっていると、アレもコレもとつい焦ってしまいますよね。焦ってパニック寸前になりそうな気持ちはわかるけれど、そこはグッとこらえて。忙しいからこそ、実践していきたいステップについて考えていきたいと思います。


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

仕事が忙しすぎて、部屋どんどん汚くなってしまう…。働く女性の悩みといえば、仕事と家事の両立。家事に手を抜いているとなんだか罪悪感すら湧いてしまう…。そんなあなたにちょっとしたライフハックを提案。


イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

株式会社イチナナキログラムに入社してから2ヶ月というスピードで、ブランドオーナーになり、新規ブランドの立ち上げや全体の統括など幅広い業務をこなしている野津彩花さん。そんな彼女が、数ある仕事こなすために意識している5つのルールとは?


RANKING


>>総合人気ランキング