本命の彼女には、〇〇が丁寧…!?夜のプロから聞いた男の本音|真っ赤な濡れオンナ#77

本命の彼女には、〇〇が丁寧…!?夜のプロから聞いた男の本音|真っ赤な濡れオンナ#77

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第77回目は、男性が好きな女性には丁寧にする〇〇についてです。


「誰でも良いわけじゃないから……」

 

◆プロに夜の裏側を聞きました◆

今回の疑問はこちら!

「仕事として男性に性サービスをする風俗ですが、逆にお客さんから『これは彼女としたいんだ』と断られるケースってありますか?もし、本命彼女と性サービスの違いがあれば教えてください」

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「ありますねー!! この仕事を初めてから感じるのは、男性は本当にピュアだということです。もちろん、女性に比べると性欲も強いですし、一人でオナニーする頻度も圧倒的に高いことでしょう。

しかし、男性は、本気で自分の愛情を注げる相手と、そうではない相手(性サービスを利用するとき)はかなり分けて考えていますよ。風俗の仕事をしていると、男性と直接接しながら実感する場面が多いですね」

——なるほど。かなり分けて考えているというのが、どういう意味なのか?
ぜひ、教えていただきましょう。

圧倒的に多い意見は……。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「この質問をされた時に、すぐ頭に思い浮かんだ答えがあります。それは、男性は好きな女性じゃないと『キス』を拒むケースが多いです。胸を揉んだり乳首を舐めたり、女性器を舐めたり触ったり。これらの愛撫は、正直みんなある程度好きなんですよね。

むしろ、その愛撫を楽しみに来ていると言っても過言ではないかもしれません。しかし、『唾液』に関して言うと、自分が好きな女性じゃないと苦手意識がある男性も多いです。実際に、『キスはいいから、フェラチオをしてほしい』『フレンチキスは良いけれど、ディープキスはいいや』など、長い時間唾液が交わるようなディープキスは必要ないとお断りされたこともあります。

まあでも、これが自分の彼氏だったらショックですが、あくまでも相手はお客さん。私たちは、お客さんが求める範囲で性サービスをするので、相手からそのようなリクエストがあれば必要以上にすることもないです。

しかし、これを聞いたときに、『男性は風俗に対して、性処理だけを求めているのかな?』と冷静に考えるきっかけにもなりました。男性は、どうしても精子がたまるので、定期的に外へ出さないといけません。あくまでも、“処理”として風俗を捉えているのですね」

「キスが丁寧=あなたへの愛情」が深いかも?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「とは言っても、お客さんの中でもキスが大好きな男性もいらっしゃいます。なので、一概にすベて当てはまるわけではありませんが、私は『キスが丁寧=あなたへの愛情』はけっこう当たっていると思います。

特に、『唾液が欲しい』『キスの時間が長い』など、口の中の匂いや唾液に対して受け入れる姿勢がある男性は、本当に心からあなたのことを求めているのだと思います。女性の意見もおそらく同じで、好きでもない男性と直時間キスをするのはイヤですよね(笑)。

私はお仕事として性サービスをしているので、相手がしたいと言われたらしますが、プライベートではキスを知らない男性とすることはもちろんありません。そう考えると、『唾液の交換』はとても繊細なセックスの一部なのだと感じます」

ねっとりしたキスは愛情の証!

今回の内容は、仕事で性サービスをしているからこそ知っている裏話という感じでしたね!
ただ気持ちいだけ、性欲を満たしたい、のではなく「お互いの粘膜や唾液」は心がないと苦手意識を持つ男性も多いようです。

カップルだから楽しめること。それが、ディープキスなのかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

彼氏はほしいけれど、ガツガツ攻めるのも苦手……。恋愛をお休みする時間が長くなりはじめても今は焦らず、彼と出会う日をゆっくり待ちましょう♩


社内の人に告白された! 恋愛対象外の場合、どう断わるのが正解?

社内の人に告白された! 恋愛対象外の場合、どう断わるのが正解?

全く興味のない人に告白された…。しかも相手は社内の人。 そんな困った状況に陥ってしまったら、あなたならどうする?


「一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられるようになりました」#これってハラスメントですか?!

「一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられるようになりました」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられている場合です。


結婚したら仕事はどうする? 「価値観の違い」で後悔しないパートナー選び

結婚したら仕事はどうする? 「価値観の違い」で後悔しないパートナー選び

結婚したら、仕事はどうする? 結婚はふたりにとって、とても大切なライフイベント。結婚した後に、価値観のズレを感じることは多々あります。「パートナー選びを間違ったな」なんて後悔しないよう、あらかじめ注意しておきたいことを紹介します。


飲みに行くと怒ってしまう彼氏。うまく理解してもらえるようになるには?

飲みに行くと怒ってしまう彼氏。うまく理解してもらえるようになるには?

飲み会に行こうとすると嫌がり怒ってしまう彼氏……。けれど、どうしても飲み会にいきたい時もある。そんなときに大切なのは「彼氏を不安にさせないこと」です。では、彼が嫌がる飲み会に参加する時には、どういった点に気をつけるのが正解なのでしょうか?


最新の投稿


恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

彼氏はほしいけれど、ガツガツ攻めるのも苦手……。恋愛をお休みする時間が長くなりはじめても今は焦らず、彼と出会う日をゆっくり待ちましょう♩


【キャリア志向は4タイプに分かれる】理想的なワークライフバランスって?

【キャリア志向は4タイプに分かれる】理想的なワークライフバランスって?

仕事と生活の調和として「ワークライフバランス」の見直しをする機会が増えました。とはいえ「仕事と生活のバランス」は人によって違います。では、あなたにとって理想のワークライフバランスとは、一体なんなのでしょうか?


お仕事バッグの中身をリアル公開♡ 整理整頓術を身につけて、無駄をなくす習慣を

お仕事バッグの中身をリアル公開♡ 整理整頓術を身につけて、無駄をなくす習慣を

重くて持ち歩きが辛い…とつい弱音を吐きたくなるような重量感あるお仕事バッグ。「必要なもの」の他に、「無駄なもの」は入っていませんか? 整理整頓術を身につけて、快適なお仕事バッグを作りましょう♡


もしかして生理前? なぜかイライラしてやる気が起きない時の対処法

もしかして生理前? なぜかイライラしてやる気が起きない時の対処法

女性はホルモンバランスの関係で、怒りたくないと思っているのに、心がコントロールできず、なぜかイライラしてしまうこともありますよね。そんな時は、〇〇をすることで自分の感情をコントロールすることができるかもしれません。そこで今回はイライラする時、やる気がおきない時の対処法をご紹介します。


ベースメイクもノンシリコンが主流に⁈ ローラ メルシエの新ベースが凄い

ベースメイクもノンシリコンが主流に⁈ ローラ メルシエの新ベースが凄い

時間が経つとファンデーションがドロッと溶けてしまう…。それ、もしかしたらシリコンが原因かも? そんな悩みを解決するのがローラメルシエの新ベース。メイクのキープ力とスキンケア効果を両立し、肌の質感を自在にカスタマイズするパーソナル志向のプライマー。一体どんな秘密が隠されているのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング