本命の彼女には、〇〇が丁寧…!?夜のプロから聞いた男の本音|真っ赤な濡れオンナ#77

本命の彼女には、〇〇が丁寧…!?夜のプロから聞いた男の本音|真っ赤な濡れオンナ#77

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第77回目は、男性が好きな女性には丁寧にする〇〇についてです。


「誰でも良いわけじゃないから……」

◆プロに夜の裏側を聞きました◆

今回の疑問はこちら!

「仕事として男性に性サービスをする風俗ですが、逆にお客さんから『これは彼女としたいんだ』と断られるケースってありますか?もし、本命彼女と性サービスの違いがあれば教えてください」

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「ありますねー!! この仕事を初めてから感じるのは、男性は本当にピュアだということです。もちろん、女性に比べると性欲も強いですし、一人でオナニーする頻度も圧倒的に高いことでしょう。

しかし、男性は、本気で自分の愛情を注げる相手と、そうではない相手(性サービスを利用するとき)はかなり分けて考えていますよ。風俗の仕事をしていると、男性と直接接しながら実感する場面が多いですね」

——なるほど。かなり分けて考えているというのが、どういう意味なのか?
ぜひ、教えていただきましょう。

圧倒的に多い意見は……。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「この質問をされた時に、すぐ頭に思い浮かんだ答えがあります。それは、男性は好きな女性じゃないと『キス』を拒むケースが多いです。胸を揉んだり乳首を舐めたり、女性器を舐めたり触ったり。これらの愛撫は、正直みんなある程度好きなんですよね。

むしろ、その愛撫を楽しみに来ていると言っても過言ではないかもしれません。しかし、『唾液』に関して言うと、自分が好きな女性じゃないと苦手意識がある男性も多いです。実際に、『キスはいいから、フェラチオをしてほしい』『フレンチキスは良いけれど、ディープキスはいいや』など、長い時間唾液が交わるようなディープキスは必要ないとお断りされたこともあります。

まあでも、これが自分の彼氏だったらショックですが、あくまでも相手はお客さん。私たちは、お客さんが求める範囲で性サービスをするので、相手からそのようなリクエストがあれば必要以上にすることもないです。

しかし、これを聞いたときに、『男性は風俗に対して、性処理だけを求めているのかな?』と冷静に考えるきっかけにもなりました。男性は、どうしても精子がたまるので、定期的に外へ出さないといけません。あくまでも、“処理”として風俗を捉えているのですね」

「キスが丁寧=あなたへの愛情」が深いかも?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「とは言っても、お客さんの中でもキスが大好きな男性もいらっしゃいます。なので、一概にすベて当てはまるわけではありませんが、私は『キスが丁寧=あなたへの愛情』はけっこう当たっていると思います。

特に、『唾液が欲しい』『キスの時間が長い』など、口の中の匂いや唾液に対して受け入れる姿勢がある男性は、本当に心からあなたのことを求めているのだと思います。女性の意見もおそらく同じで、好きでもない男性と直時間キスをするのはイヤですよね(笑)。

私はお仕事として性サービスをしているので、相手がしたいと言われたらしますが、プライベートではキスを知らない男性とすることはもちろんありません。そう考えると、『唾液の交換』はとても繊細なセックスの一部なのだと感じます」

ねっとりしたキスは愛情の証!

今回の内容は、仕事で性サービスをしているからこそ知っている裏話という感じでしたね!
ただ気持ちいだけ、性欲を満たしたい、のではなく「お互いの粘膜や唾液」は心がないと苦手意識を持つ男性も多いようです。

カップルだから楽しめること。それが、ディープキスなのかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第101回目は、ペンネームMAKOさんから頂いたリクエスト「焦らしテク」についてです。


良い人がいない?出会いがない? うまくいかずに“恋活バテ”してしまう理由

良い人がいない?出会いがない? うまくいかずに“恋活バテ”してしまう理由

新しい出会いを求め、恋活を始めたのは良いものの、だんだん面倒になったり、疲れてきたり。もう恋愛が面倒くさい……なんて“恋活バテ”し始めたそこのあなた! なぜあなたが恋活バテしてしまうのか? そしてその打開策とは!? 恋愛メンタリストが詳しく解説。これを機に恋活バテから卒業しましょう。


「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは動画クリエイターのchii hairさん。家族の転勤で引越しが多いなか“どこからでも仕事ができる”というメリットに惹かれ、セルフヘアアレンジメントの動画を作成することを決めたそうです。


「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、育児コンシェルジュの坂本ひろみさん。発達心理を学んだ経験を活かして知育に特化した託児サービスを展開されています。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


最新の投稿


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


【ルナソル秋コレクション】囲み目なのに上品!ピンクパープルで作る華やか顔

【ルナソル秋コレクション】囲み目なのに上品!ピンクパープルで作る華やか顔

ルナソルの2019年秋コレクションは、鮮やかな発色が光を解き放つようにきらめくアイシャドウ「アイカラーレーション」と、マットな質感にグロスを重ねることで、2パターンの印象を自由自在に変えられる「ドレスフォーリップス」を要チェック。注目の2アイテムを取り入れた上品な大人顔を作って。


焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第101回目は、ペンネームMAKOさんから頂いたリクエスト「焦らしテク」についてです。


親しき中にも礼儀あり!旅行を楽しめる人とお茶だけで十分な友人の違いは?

親しき中にも礼儀あり!旅行を楽しめる人とお茶だけで十分な友人の違いは?

一緒に旅行に行きたいと思える人とそうではない人がいる……。せっかく時間をかけて旅にでるなら、安心できるメンバーで出かけたいですよね♡


神は細部に宿ります! 仕事運を上げる大人のLINE術

神は細部に宿ります! 仕事運を上げる大人のLINE術

仕事運を上げるためには、細部にまでこだわることが大切。今回は、仕事運を上げる大人のLINE術をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング