さらに気持ちよくなってみない?感度を引き上げる突起開発とは|真っ赤な濡れオンナ#1

さらに気持ちよくなってみない?感度を引き上げる突起開発とは|真っ赤な濡れオンナ#1

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第1回目は、感度を引き上げるための「クリトリス開発」について考えていきましょう。


「いつもより、充血してる…」

女性にもある、包茎とは

「包茎」と聞くと、男性器に皮がかぶったままの状態のアレ?と漠然としたイメージをもたれる方も、多いのではないでしょうか。
女性の私たちには、特に関係ないし……と感じているならば、ちょっと意識を自分に向けてみて欲しいと感じます。

そのキーポイントになるのが、男性器の縮小版とも言われている、「クリトリス」。
女性特有の性感帯ですが、皮がかぶったままの包茎クリでは、感度が低下する原因になってしまいます。

男性器と同様、頭の部分を外に出してあげることが、さらに気持ちよくなる秘訣なのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

通常時と勃起時を見分けるコツ

筆者が、包茎クリと、勃起クリに気づいたのは、一人エッチをしたことがきっかけでした。
普段はクリトリスの大きさも小さく、周りには皮で覆われているのに、興奮時には一回り大きくなり、頭が皮から出る状態に。

赤くなったクリトリスは、感度が一気に増すということを学んだのです。
しかし、周りの友人に聞いてみても、意外と「剥けたクリ」に出会っている女性は少ないよう。

日頃から自分で観察していないと、気づきにくい部分なのかもしれません。

突起開発は、オナニーが近道

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

しかし、日頃のSEXで剥けたクリトリスに出会っていない場合は、急に感度を高めることは難しいと思います。なぜなら、剥け慣れていないクリは、痛みが伴う場合があるからです。

そこで筆者がおすすめする、突起開発の手順をご紹介していきます。

<オナニーの流れ>
 パンツの上から割れ目をなぞる
 少し感じてきたら、直接触る
 唾液、またはローションでクリをたっぷり濡らす
 指の腹で円を描くように、濡らしていく
 クリの皮を少しずつ剥くイメージで、中を触っていく
 痛くない程度に、剥けたクリの頭を軽くこする

……彼氏の指テクが上手ならば、おねだりしてみるのも有りですが、初めてのクリ剥きはご自身でされる方が不安や心配なく気持ちよくなる強弱ができると思います。

日頃、オナニーをあまりしないという方は、ご自身の身体の特徴を知るというためにも、トライしてみてはいかがでしょうか。

本番前の準備がカギ

「クリトリスって剥けるよね?」と問いかけても、理解しにくいという女性意見は非常に多いです。
しかし、自身のクリが開発できていない状態で、彼とSEXに望んでもいまいち盛り上がりに欠ける夜が続くのも確か……。

本番に望む前の、事前準備がSEXの満足度をあげる秘訣なのかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


最新の投稿


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

気付けばあっという間に30歳目前! 30歳は精神的な“自立”、つまり人生の基礎を確立する時。そのためには20代の過ごし方が重要だといえます。そこで今回は、将来後悔しないために20代の働く女子がやっておくべきことについてご紹介します。


増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

2019年10月から消費税が8%から10%に上がります。今のうちに買いだめや大きなものの購入を済ませようとしている人も多いのではないでしょうか? 中には、消費税が10%にならないものもあります。どんなものが10%にならないのか、今のうちに買っておくべきものは一体なんなのか? しっかり知っておきましょう。


働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

いつの間にかできてしまった思い込みや偏見、思考の偏りを「バイアス」と言いますが、実はこの“バイアス”こそが自分の成長や、行動の妨げになっているかもしれません。働く女性が気づかないうちに陥りがちな、バイアスについて今回は紹介していきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング