中折れしちゃってムード台無し。そんな時に試みたい2つのコト|真っ赤な濡れオンナ#3

中折れしちゃってムード台無し。そんな時に試みたい2つのコト|真っ赤な濡れオンナ#3

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第3回目は、SEXの最中に勃起が減退してしまうという現象について原因と対策を考えたいと思います。


「やべえ、元気なくなっちゃった」

急にアソコが縮小するのは、なぜ?

前戯の最中までは、真っ赤に充血した男性器。しかし、いざ挿入しピストン運動を始めたら、急に小さくなってしまった……という経験をしたことはありませんか?

女性には、男性器の仕組みがわかりにくいため、急にしぼんでしまうと「もしかして、私の身体が気持ちよくないのかな?」と不安になるのではないでしょうか。

しかし、男性は女性にもあるように「心」が勃起率に関係していると筆者は感じます。そう、中折れの原因は一概に感度だけではなく、仕事でのストレスや将来の不安、極度に疲れている時などに現れることがあるのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

対処法① なんかあった?と問いかける

そこで、一度中折れしてしまった彼に出会った場合、どのように挽回をしたら良いのでしょうか。今まで私が実践して、効果的だったものをピックアップしてみたいと思います。

ステップ1として、意外な答えかもしれませんが、「今日、何かあった?」「疲れてるの?」と聞いてみることが大切です。
「私の身体では感じてくれないのかな?」と心配のあまり、慌ててフェラを持ち込むことや、手コキをするのは、一見良さそうに見えても逆効果。
どんどんメンタルが沈んでしまう可能性があるので、一旦SEXをストップして会話からのコミュニケーションを図ってみてください。

「うーん、わからない…。疲れてるのかな」なんて、SEXに自信がなくなっている彼を、励まして上げることがリスタートの第一歩なのです。

対処法② 表情が明るくなったら、愛撫へ

中折れしてしまった時の、男性の本音は「うわ、やべ…」。
いい感じで前戯と挿入を盛り上げてきたのに、自分の精力の問題でSEXが中断することは、男性にとってとてもプライドが傷つく現象です。

まずはステップ1に沿って、原因を探ってみてください。「そっか、今日はこの辺でやめとく?」と女性の方からSEX中断を提案するのもあり。
そして、「もう少し、触ってみてくれる?」と男性から復活の合図があれば、フェラや手コキで愛撫を再開してみてください。

“俺の気持ちを理解してくれている”という安心感が、性欲のエンジンになるパターンなのです。

中折れ時に言ってはイケナイNGワード

SEXの最中の中折れに遭遇したことがない女性は、突然のことに驚いてつい悪気なく発言してしまうことがあります。
その中でも、最もNGなワードをご紹介して終わりにしましょう。

〈さらに中折れが加速するフレーズ〉

「あれ?なんか小さくない?」
「やだー、なんでしぼんでんの?」
「全然気持ちよくないんだけど…」

など、小さくなっている彼に追い打ちをかけるのはやめましょう。
優しく、「なんかあった?」が模範解答です。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第98回目は、彼氏に身体を許すタイミングについてご紹介します。


最新の投稿


【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

蒸し暑い季節は、まるで太陽に元気が吸い取られているかのように、体力を使います。少し歩くだけもヘトヘトに……。そんなお疲れな働き女子を救済するため、簡単に作れて栄養満点のレシピをご紹介! しっかり食べて、夏を乗り切りましょう!


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


RANKING


>>総合人気ランキング