気にしがちだけど…。男が欲情するむっちりボディパーツ3つ|真っ赤な濡れオンナ#88

気にしがちだけど…。男が欲情するむっちりボディパーツ3つ|真っ赤な濡れオンナ#88

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第88回目は、女性が気にしがちな「むっちり」部分についてです。


「もっと痩せてからじゃないと自信がない……」

 

◆プロに夜の裏側を聞きました◆

今回の疑問はこちら!

「男性のよく言う『むっちり好き』って、どこまで本当なんですか?確かに細すぎるのはよくないと思いますが、やっぱり痩せていてスタイルの良い女性が人気なのでは……。

お仕事で性のサービスをするとなると、直接お客さんから体型について言われることはありますか?」

このオンナは抱けない…男が欲情しない女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#73

https://cinq.style/articles/1778

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第73回目は、セックスの対象外になる女性についてです。

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「なるほど、確かに難しい境界線ですよね。以前書いた(#73)にも出てくるのですが、通称『地雷女』の中にも体型を気にしていない女性はNGだと書きました。しかし、ここには少しポイントがあります。

男性がよく言う『ぽっちゃり好き』は、決して嘘や大げさに言っているわけではないんですよ。本当に、肉付きが良い女性は人気です。逆に、モデル体型のような手足が長くてウエストも細い女性は、お客さん曰く“抱き心地が悪い”とか。そこで今回は、男性が好きな肉付き部位をご紹介したいと思います」

——ぜひ、知りたいポイントですね!闇雲にダイエットするのではなく、男性が好きなお肉はそのままにしたいものです。

パーツ1. お尻

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「まずは、お尻。これは絶対!と言っていいくらい大事なパーツです。特に、日本人の女性はお尻の大きさをとても気にしますよね。胸はあった方が良いけれど、お尻は小さい方が良い……なんて思っていませんか?

実は、男性は胸とお尻の丸みは大好物。ちょっとくらい大きくても、OKです。その代わり、タイトスカートなどを履くときには、下着の線が丸見えなのは注意しましょう(フルバックの時に、パンティラインが見えるのはダサいかも!)。Tバックを履いてお尻の丸みがキレイに見えるように工夫してみてください」

パーツ2. 太ももの付け根

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「もうひとつは、太ももの付け根のむっちり感です。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、パンツを履いた時やストッキングを履いた時に、足の付け根がムチムチってなるあの状態です。

紐パンやTバックを履いた時に、パンティの横がぐーっとお肉に食い込んだりしますよね。あれが、男性にはたまらなく興奮する部分なのです(笑)。なので、少し小さめのパンティを履いたり、紐パンの紐をあえてキツく結んだりしても良いです。ダボダボで大きめなパンティより、小さめがポイントですよ」

パーツ3. 二の腕

性のプロ(現役デリヘル嬢)
「最後は、二の腕です。女性同士で、二の腕はとっても気になるパーツだと思います。暖かい季節になると、二の腕のプニッと感が恥ずかしい〜!なんてこともよくありますよね(笑)。

しかし、男性が気にするのは二の腕の太さより柔らかな感触です。女性から見て、多少ちょっと太めかも?と思うような二の腕でも、男性は意外と気にしていませんよ。どちらかと言うと、スポーツやジムなどで鍛えすぎていて、二の腕を触っても筋肉質になっている女性の方が好感度ダウンかも。

あまり体型を気にしすぎて鍛えるより、ある程度ムチムチしていた方が良いと思います」

鍛えるより、マッサージ!

言われてみれば、女性はダイエットのためやシェイプアップのために日々、スポーツジムに通っている方もいますよね。しかし、あまりに筋肉質になりすぎるのは気をつけたいところです。

特に、二の腕や太ももを筋トレすると硬くなりがちです。圧力をかけて筋トレをするより、お風呂上がりにリンパマッサージの方が柔らかくなると思います。ぜひ、試してみましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム



この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


「健康診断の結果を言いふらされていて…」#これってハラスメントですか?!

「健康診断の結果を言いふらされていて…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。「健康診断の結果を言いふらされる」これはハラスメントに入る?


年下男子と2人で食事に行った場合のお会計、奢るべきか割り勘か。どちらが正解?

年下男子と2人で食事に行った場合のお会計、奢るべきか割り勘か。どちらが正解?

年下男性と食事に行くことになったら、ちょっと迷ってしまうのがお金のやりとり。年齢差や性別にもよるけれど、食事にいくたびに全負担していると自分の財布の中身が危ういし……。さて、あなたならどうしますか?


【男はこうして決心する】私の彼が結婚を決めた理由!

【男はこうして決心する】私の彼が結婚を決めた理由!

男性ってどういう時に結婚を考えるもの?長く付き合っても結婚に至らずに分かれてしまうカップルがいる中で結婚を決めた男性の男心とはいかに?今回は既婚者男性に結婚の決め手となったポイントをご紹介頂きました。


「仕事の質問をすると怒られてしまいます...」#これってハラスメントですか?!

「仕事の質問をすると怒られてしまいます...」#これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


最新の投稿


あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

日々、さまざまなストレスにさらされて生きている私たち。 そんな中で、ストレスが負担になりやすい人にはある特徴があるのをご存知でしたか?そこで今回は、ストレスが負担になりやすい人の特徴を3つご紹介します。


仕事もダイエットも!ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ #話題書籍に学ぶ

仕事もダイエットも!ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ #話題書籍に学ぶ

「ウィルパワー」という言葉を聞いたことはありますか? ウィルパワーとは簡単にいうと“意志力”のことを指します。簡単に言うと、目標に向かって集中できることのできる力、のことです。ダイエットにも仕事にも、何かを成し遂げたいという目標がある方にはこの“意志力”が欠かせません。


覚えてもらえないのは影が薄いから? 初めましてでも名前を覚えてもらえる人になる方法

覚えてもらえないのは影が薄いから? 初めましてでも名前を覚えてもらえる人になる方法

名前を簡単に覚えられる人と、覚えられない人の違いは一体ナニ? 今回は、挨拶や自己紹介の時に、しっかりと自分を「覚えてもらう」ための色々を紹介します。


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

ここ数年、女性の活躍を推進するという動きが活発になりました。「女性活躍推進法(正式名称:女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)」が2016年4月に施行されてから、実際に女性のキャリアはどう変化したのでしょうか。変化を前向きに捉えるために、考えていきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング