キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


「グッと彼のアソコを締め付けて……」

「中が小さいと締まる」「締め付けられて気持ちい」……という男性の声を聞いたことがある女性も多いのではないでしょうか。

とはいえ、「中」を調節するなんてことは果たして可能なのか?「中」がきつく感じると快感に繋がるのだろうか?と疑問がたくさんわいてきますよね。

そこで今回は、男性が「締まる」と感じる瞬間や、女性が日頃からできる膣トレ方法を探ってみました。

お尻の穴と“アソコ”は連動している

結論からお話ししましょう。

敏感に観察していないと気づきにくい部分ですが、アソコをキュッと締めるには、お尻の穴を動かす練習をするのが一番良い方法です。

アソコだけを動かそうとしてもなかなか感覚を掴みにくいですが、グーッと肛門をすぼめる(おトイレを我慢しているときに自然とできるはず!)と連想してアソコにも圧力をかけることができるのです。

それに気づいたきっかけは、過去に「今日は、なんだか締まるね」と言われた夜のこと——。

パンパンって叩くんだもん……。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

騎乗位をしている最中に、
「今日は、なんだか締まる…」と言われたことがありました。

その時の私は、少し久しぶりのセックスだったこともあり、騎乗位でうまく動けるのか心配しながら下腹部に力が入っていたのです。動けずに目を閉じる姿を見て、面白がった彼はお尻をパンパン叩いてくることもありました。

お尻をパンパン叩くことで、快感と同時に少し痛みを感じながら「キュッ…キュッ…」と締まる「中」を感じて楽しんでいたとか……。

自分ではわからない感覚ですが、男性器は包まれている「中」の圧力を感じていたのです。

「中」の締まりを強化したいなら?

日頃から膣トレと題して、お尻の穴をすぼめる練習をするのも良いかもしれませんが、持続性があるかと言えば、答えはわかりません。

そこで、私の提案は、男性器に直接刺激を与えることができる挿入時に、「お尻の穴に力を入れる」ことと「息を少し止めてみる」ことです。身体に力が入れば自然と中も締まりますが、それを効率よくするにはこの2つが簡単だと思います。

挿入中の女性は、相手が動くままに受け身になってしまうケースが多いかもしれません。しかし、騎乗位、正常位やバックでも同様に相手がピストン運動をしている間は緊張感を持って「中」を締めることを意識してみましょう。

きっと、「今日は、なんだか締まってるよ?」と満足した夜を堪能できると思います……!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第96回目は、ルールや習慣に捉われない生き方について考えます。


心の美しさがオーラに直結する♡誰よりも輝いている女性の魅力のヒミツ

心の美しさがオーラに直結する♡誰よりも輝いている女性の魅力のヒミツ

誰よりも輝いている女性は、瞳がキレイ。人知れず努力を重ねているからこそ、キラキラと輝いているのでしょう。今回は、誰よりも輝いている女性の魅力のヒミツをご紹介します。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


最新の投稿


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

元気に仕事したい!働く女性が体調不良になりそうな時、やっておきたい対策

女性のカラダは、とても繊細で敏感。体調を崩してしまう前にやれるだけのことはやっておきたいものです。そこで今回は、働く女性が体調不良になる前にやっておきたい対策についてご紹介します。


楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


RANKING


>>総合人気ランキング