男性の“エロ”に引いちゃう…?身体を求められることに抵抗があるあなたへ|真っ赤な濡れオンナ#95

男性の“エロ”に引いちゃう…?身体を求められることに抵抗があるあなたへ|真っ赤な濡れオンナ#95

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第95回目は、ペンネームMIKAさんのリクエスト、「男性のエロがどうしても苦手」というご質問の回答です。


「男性の下心を感じると、引いてしまう……」

 

◆性のお悩み相談内容◆

「実は、男性のエロに対して苦手意識があります。好きな人であっても、良い感じのムードになって相手が身体を触ってきたり、LINEでちょっと下ネタを言われたりすると『ああ、なんかもうやだ…』と引いてしまうのです。このような気持ちになるのは、変ですか?」(ペンネーム・MIKAさん)

ご質問、ありがとうございます。

MIKAさんのような女性、少なくないと私は思います。実際に、アラサーで初体験を終えていなかったり、セックスを求められると引いてしまうからわざと寝たふりをしたりするという声も聞きます。

決してレズビアンではなく、男性が恋愛対象にも関わらず、男性の“エロ”を感じるとなぜか引いてしまう……ということですよね。そんな私も、カップル成立するまでは男性に対して少し潔癖症なところがあります。

お互いに好意を確かめ合って、「彼氏」「彼女」となれば気持ちが解放されるのですが、それまでの段階でボディタッチが多かったり下心がみえるLINEがあったりすると引いてしまうのです。少し、MIKAさんと似ています。

男性の“エロ”に対して、なぜ引いてしまうのか?そして、どうしたら良いのか。
原因と対策を考えてみましょう。

どんなイメージを抱いていますか?

結論からお伝えすると、おそらく“エロ”に対して、ネガティブなイメージを持っているのが原因だと思います。

先ほどの私の例を思い出してください。
お互いに好意を確かめ合っていない、明確な告白がない状態で、ラブホテルに連れて行かれたとします。私の心の中では、「ああ、付き合うと言うことより、ムードに任せてセックスがしたいのが本音かな?身体が目的かな…?」と、どんなにその人が気になっていたとしても、告白より先に“エロ”を出されると引いてしまいます。

それは、私にとって“エロ”は、カップルになってからするものだと思っているから。もちろん、身体から入る恋もあると思いますが、少なくとも私はあまり好きではありません。

これを、MIKAさんに当てはめてみるとどうでしょう?
例えば、軽度のボディタッチでも引いてしまったり、手を繋いできたりするだけでも男性に対して嫌悪感でしょうか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男性は、好意があるから“エロ”を出してくる

同意もないのにいきなり襲われた。気づいたらラブホに車で連れて行かれた。そのくらいまで無茶なことをされるのは別問題ですが、軽いボディタッチなら「なぜ、相手がそれをしてくるのか?」を考えてみてください。

男性は、好きな女性で欲情するのは当然のことです。「好きな女性を思い出してオナニーをする」とも言いますが、男性が“エロ”を出すときは、紛れもなく好意がある証拠です。本気度を確かめることは大切ですが、相手の行動に引いてばかりでは「俺に気がないのかな…?」と弱気にさせてしまう原因になります。

もし、軽くボディタッチをされたら、自分もボディタッチで返してみる。手を繋いできたら払いのけるのではなく、「どうしたの?恥ずかしいな…」と濁してみる。

男性の“エロ”は、あなたへの好意のサインです!きっぱり拒否をするのをやめて、“エロ”を出してくれたことへ喜びを感じてみましょう。私は、こうして女性のセックスに対して連載を続けていますが、その大きな理由は、“エロ”に対してネガティブなイメージを持っている女性が本当に多いからです。

MIKAさんのように、セックスに嫌悪感を感じている女性を減らしたい。それが私の願いです——。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

関連する投稿


同性だからわかる! 男性から見た「女性にオススメできない男」の特徴って

同性だからわかる! 男性から見た「女性にオススメできない男」の特徴って

男性との出会いはあっても、なかなか難しいのが相手を見極めるということです。「ダメンズばかり好きになってしまう」「男性を見る目がない…」そんな人は、あえて男性からの意見を取り入れてみてはいかが? 同性だからこそわかる「イイ男」「悪い男」について学んでいきましょう!


価値観の違いはどう受け入れあう?関係を好転させる話し合いテクニック

価値観の違いはどう受け入れあう?関係を好転させる話し合いテクニック

価値観は違って当然。大事なのは、それをどう受け入れあえるか。二人にとってちょうど良い距離感はすべて話し合いで解決できるのです。今回は、価値観の違いを乗り越える話し合いのキホンをご紹介します。


【仕事と妊活】働く女性って何かと難しい? 不妊・妊活の実情について

【仕事と妊活】働く女性って何かと難しい? 不妊・妊活の実情について

結婚をすれば子どもを持つのが当然で、子どもは簡単にできるもの……なんて思いこんでいませんか? 今は不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは6組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。そこで、Cinqでは株式会社ファミワンの協力のもと「仕事と妊活」連載をスタートします。


コロナ別れを経験…?! 自粛をきっかけに別れるカップル・愛が深まったカップル

コロナ別れを経験…?! 自粛をきっかけに別れるカップル・愛が深まったカップル

新型コロナウィルスが爆発的に広まったことにより、私たちの生活にも大きな変化がある今。恋人たちにはどのような影響があったのでしょうか? 長期的な外出自粛は恋愛にも影響を及ぼしている可能性大…! そこで今回はコロナウイルス別れを経験したカップルと、逆に愛が深まったカップルのエピソードを紹介。


それって『穴ごもり』かも!?彼が急に素っ気なくなった時の対処法

それって『穴ごもり』かも!?彼が急に素っ気なくなった時の対処法

LINEの1つも返してこない。それどころか、何を言っても冷たい……。もしかすると、それはあなたに冷めたのではなくて、ただの穴ごもりかも!今回は、彼が素っ気ない期間を乗り越えるための対処法をご紹介いたします。


最新の投稿


非常事態が日常化?! アフターコロナで私たちの生活はどう変化するのか

非常事態が日常化?! アフターコロナで私たちの生活はどう変化するのか

緊急事態宣言が発令されてから1ヶ月以上経過した今、非日常が日常化しつつあります。全ての地域で緊急事態宣言が解除されたとして、どこまでがいつも通りの日常に戻るのでしょうか? アフターコロナの世界で私たちの生活はどのように変化するのか……筆者の予想を交えながら考えていきます。


「結婚と転職時期が重なった」「同一労働同一賃金の影響は?」20・30代の質問に答える

「結婚と転職時期が重なった」「同一労働同一賃金の影響は?」20・30代の質問に答える

前回に引き続き、今回は20代・30代の方から寄せられた質問に、キャリアアドバイザーが回答していきます。「結婚と転職のタイミングが重なった場合」、「同一労働同一賃金は派遣社員にはどう影響する?」こんな質問にお答え。現在の転職市場と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。


迷ったらこれ!薬膳のプロが選ぶ、梅雨を元気に乗り切るための食材リスト

迷ったらこれ!薬膳のプロが選ぶ、梅雨を元気に乗り切るための食材リスト

「スーパーに来たのはいいけれど何を買えばいいの?」「体のために食事に気を配りたいけれど買うべきものが分からない」…このように食材選びに頭を悩ませてしまうことはないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロである筆者が、この季節はこの食材を押さえておけば大丈夫♡という食材リストをご紹介します。


【#もちこのパンイチ 39】冷やしておいしい! フルーツのパンイチレシピ

【#もちこのパンイチ 39】冷やしておいしい! フルーツのパンイチレシピ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は冷やしておいしいフルーツのパンイチレシピです。ぜひチェックしてみてくださいね。


自分に酔いしれてるだけ?思わせぶりな男に多いキザ発言

自分に酔いしれてるだけ?思わせぶりな男に多いキザ発言

本気で好かれているならまだしも...中には、モテたいために思わせぶりな発言をする人もいる!キザな男のこんな発言にご用心!


RANKING


>>総合人気ランキング