男性の“エロ”に引いちゃう…?身体を求められることに抵抗があるあなたへ|真っ赤な濡れオンナ#95

男性の“エロ”に引いちゃう…?身体を求められることに抵抗があるあなたへ|真っ赤な濡れオンナ#95

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第95回目は、ペンネームMIKAさんのリクエスト、「男性のエロがどうしても苦手」というご質問の回答です。


「男性の下心を感じると、引いてしまう……」

◆性のお悩み相談内容◆

「実は、男性のエロに対して苦手意識があります。好きな人であっても、良い感じのムードになって相手が身体を触ってきたり、LINEでちょっと下ネタを言われたりすると『ああ、なんかもうやだ…』と引いてしまうのです。このような気持ちになるのは、変ですか?」(ペンネーム・MIKAさん)

ご質問、ありがとうございます。

MIKAさんのような女性、少なくないと私は思います。実際に、アラサーで初体験を終えていなかったり、セックスを求められると引いてしまうからわざと寝たふりをしたりするという声も聞きます。

決してレズビアンではなく、男性が恋愛対象にも関わらず、男性の“エロ”を感じるとなぜか引いてしまう……ということですよね。そんな私も、カップル成立するまでは男性に対して少し潔癖症なところがあります。

お互いに好意を確かめ合って、「彼氏」「彼女」となれば気持ちが解放されるのですが、それまでの段階でボディタッチが多かったり下心がみえるLINEがあったりすると引いてしまうのです。少し、MIKAさんと似ています。

男性の“エロ”に対して、なぜ引いてしまうのか?そして、どうしたら良いのか。
原因と対策を考えてみましょう。

どんなイメージを抱いていますか?

結論からお伝えすると、おそらく“エロ”に対して、ネガティブなイメージを持っているのが原因だと思います。

先ほどの私の例を思い出してください。
お互いに好意を確かめ合っていない、明確な告白がない状態で、ラブホテルに連れて行かれたとします。私の心の中では、「ああ、付き合うと言うことより、ムードに任せてセックスがしたいのが本音かな?身体が目的かな…?」と、どんなにその人が気になっていたとしても、告白より先に“エロ”を出されると引いてしまいます。

それは、私にとって“エロ”は、カップルになってからするものだと思っているから。もちろん、身体から入る恋もあると思いますが、少なくとも私はあまり好きではありません。

これを、MIKAさんに当てはめてみるとどうでしょう?
例えば、軽度のボディタッチでも引いてしまったり、手を繋いできたりするだけでも男性に対して嫌悪感でしょうか?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男性は、好意があるから“エロ”を出してくる

同意もないのにいきなり襲われた。気づいたらラブホに車で連れて行かれた。そのくらいまで無茶なことをされるのは別問題ですが、軽いボディタッチなら「なぜ、相手がそれをしてくるのか?」を考えてみてください。

男性は、好きな女性で欲情するのは当然のことです。「好きな女性を思い出してオナニーをする」とも言いますが、男性が“エロ”を出すときは、紛れもなく好意がある証拠です。本気度を確かめることは大切ですが、相手の行動に引いてばかりでは「俺に気がないのかな…?」と弱気にさせてしまう原因になります。

もし、軽くボディタッチをされたら、自分もボディタッチで返してみる。手を繋いできたら払いのけるのではなく、「どうしたの?恥ずかしいな…」と濁してみる。

男性の“エロ”は、あなたへの好意のサインです!きっぱり拒否をするのをやめて、“エロ”を出してくれたことへ喜びを感じてみましょう。私は、こうして女性のセックスに対して連載を続けていますが、その大きな理由は、“エロ”に対してネガティブなイメージを持っている女性が本当に多いからです。

MIKAさんのように、セックスに嫌悪感を感じている女性を減らしたい。それが私の願いです——。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


「夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる」ウーマンダイアローグ #22

「夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる」ウーマンダイアローグ #22

こんにちは。ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、ネイルアーティストのYUKAさん。「声に出せば、願いは叶いやすくなる」と言いますが、実際にたくさんのミラクルが起こったそう! ワクワクするお話をたくさん聞かせていただきました。


「検索」するとデメリット情報ばかり…?メリットが出てこない理由|MY WORK ヒント#92

「検索」するとデメリット情報ばかり…?メリットが出てこない理由|MY WORK ヒント#92

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第92回目は、ネットで検索する時の考え方についてです。


彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第96回目は、ペンネームBOOさんのリクエスト、「男性の責め方を知りたい」というというご質問の回答です。


【アクセス編】駅近は家賃が高くなるけど…。働く女性が住む場所はどこがイイ?|MY WORK ヒント#91

【アクセス編】駅近は家賃が高くなるけど…。働く女性が住む場所はどこがイイ?|MY WORK ヒント#91

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第91回目は、働く女性が住む場所についてです。


最新の投稿


MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

マドンナがプロデュースするスキンケアブランド「MDNA SKIN」が、5周年を迎えた記念に、限定キットを発売。話題のクロームクレイマスクをはじめとする、限定キットの全貌をご紹介。


イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

「怒り」はもっともコントロールが難しい感情です。それゆえに「怒りっぽい自分」をどうにかしたいと頭を悩ませている方もいいのではないでしょうか? 今回は、怒りという感情をコントロールするのに効果的なアンガーマネジメントをご紹介します。


想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

ビジョンボードとは、なりたい私や叶える夢を表すもの。今は想像の世界だけど「絶対に叶う」と信じ続けていれば、いつかはきっと現実になりますよ♩


「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

15歳から芸能界という世界で活躍してきた咲嬉さん(旧:瀬戸早妃)が、会社を設立し、アパレル・セレクトショップ「mon trésor」を立ち上げました。コンセプトは“身につけることによって人生がより華やかに、心が前向きになれるお洋服”。その着想とブランドに込めた思いを聞きました。


【ワンフレーズ英会話 vol.10】映画で英語を学ぶ。学びに繋がるおすすめの洋画

【ワンフレーズ英会話 vol.10】映画で英語を学ぶ。学びに繋がるおすすめの洋画

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキング・ホリデー協会のKOTAROがお届け。今回は、英語の勉強に使えるおすすめの洋画についてです。


RANKING


>>総合人気ランキング