奇跡のようにヒントが舞い降りる。人生が拓いていく書店巡りのコツ



今の自分に必要なヒントを探そう

書店には数えきれないほどの本や雑誌、絵本が集結しています。その道のプロが教えてくれる成功するための秘訣、感性を磨くための絵を眺めていると、ふっと頭の中にアイデアが浮かんでくるときも……。

何度も書店に通っていると、まるで「そのままで大丈夫だから突き進みなさい」と言われているかのように、ヒントをもらえるときもでてくるのです。今回は、人生が拓いていく書店巡りのコツをご紹介します。

誰かが戻さなかった本にも注目する

書店に行った時に、ぜひ注目してほしいのは、誰かが元の場所に戻さなかった本です。
おそらくどこからか引っ張りだしたまま、戻すのが面倒くさくなってしまったのでしょう。

最初は「ちゃんと戻してよ~」と怒りたくなりますが「戻る前にチラッと見てみようかな」と覗いてみると、実はその本が今の自分にとって必要な本だったりするんです。

平積みの上に斜めに置いてあると、書店の神様からまるでギフトでも届いたかのように錯覚してしまいますが……。棚に並んでいる本だけではなく、戻しきれていない本にも注目してみてくださいね♩

あえて自分とは関係のないジャンルも覗いてみる

書店に到着し「さぁ、ゆっくり見ていくぞ」と気合いをいれながら向かい出したのはいいけれど、どうしても、人それぞれお決まりのコースがあるはずなんです。

たとえば筆者の場合は職業柄、どうしてもビジネス書からチェックする癖があります。しかし、本当にヒントを求めているなら、あえて自分とは関係のない(あまり興味のない)ジャンルにも覗き、アイデアのフックを探した方がいいんですよね。

独身女子にとって「出産」は、未知の世界。産むのかどうかも分からない。でも、出産や子育てのコーナーを見ているうちに体調の整え方に気づいたり、結婚や出産について少し興味を持ち始めたりと、前に進む小さなきっかけが生まれます。関係がある・ない、興味がある・ないで判断するのではなく、書店全体を旅しましょう♡

平積みだけではなく棚まで丁寧にチェックする

書店に行くと、どうしても平積みばかりチェックしませんか?平積みとは表紙を上にしながら陳列する方法のこと。定番商品は棚差しといって、背表紙を見せながら陳列する方法で並べてあります。

つい新刊ばかりチェックしがちですが、本当にヒントを求めているなら、少し前に発売した本(棚に並べてある本)も隅々までチェックした方が、より自分にとっての良書と出会いやすくなります。ちなみに本を手にとったら帯や「はじめに」を軽く読み、それから項目をチェックします。

「この言葉がほしかった!」というメッセージがビビッと降りてきたら、お会計へ。あとは、じっくりおうちで読みましょう♩

何度も何度も通っていると、メッセージを見つけやすくなるかも♩

自分に自信をもてなくなってしまったときほど、書店に行きましょう。もしかしたら友人に相談をするよりも書店に行き、今の自分に必要なメッセージを探した方が、モチベーションも瞬時に復活するかもしれません。人生を拓いていきたいなら、書店の神様にサポートしてもらいましょうね♩