セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


セックスレスにならないラブラブカップルはどんなことを実践しているの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いつも仲が良く、マンネリ知らずのラブラブカップルで居られることを理想としている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、付き合い当初にはあったラブラブ感が薄れてマンネリ化したり、セックスレスに陥ってしまうことがあります。ずっとラブラブで居られたらいいのに……。それって簡単なようで実は難しかったりしますよね。

「絶対にセックスレスになりたくない」という方、「ずっとラブラブカップルでいたい!」という方は、ベッドタイムでのコミュニケーションについてよく考えてみてください。
基本的にセックスというのは、愛情や好意の延長にあるもの。熱の冷めない熱い関係を続けるためには、身体的なコミュニケーションは欠かせないのです。

キスをする

キスは愛情表現になくてはならない、とても大切な行為です。キスには相手との相性を表すだけでなく、痛みを和らげる、幸福感を感じられる(ストレスの緩和)、ダイエット効果があるなどのメリットがたくさんあります。

ラブラブなカップルというのは、この「キス」という行為を無意識にたくさん取り入れています。それはもちろん日常でも、ベッドタイムでも。キスが減ったなと感じる時は意識的に取り入れる。こういった小さな努力が相手への愛情を実感するために必要になります。ちょっとした喧嘩くらいなら解決できる、カップルに欠かせないコミュニケーションです。

密着(ハグ)をする

キスの他に、ハグをするという行為にも嬉しい効果はあります。代表的なものといえば幸福感を味わえる、ストレスを解消する、免疫力をアップさせるなどが挙げられます。

行為中、素肌で密着することによって相手の心臓の動きや熱が伝わりやすくなります。そうすることで、より感情を表に出しやすくなるのも嬉しい効果です。相手の存在を強く感じられるハグという行為は、感度だけではなくラブラブ度合いも引き上げてくれる大切な材料になります。

定期的に一緒にお風呂に入る

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

毎日同じお風呂に入るのはつらくても、週に1度や月に1度と一緒にお風呂に入る日を決めておきましょう。定期的に楽しみを設けることで、付き合いたてのカップルのようなドキドキや楽しみを得ることができます。

お互いに体の洗い合いっこをしたり、相手の髪を洗ったり、のんびり湯船に使って世間話をしたり。ゆったりとした時間が2人のラブラブ度を高めてくれるはず。お互いの熱を感じやすいお風呂場は、仲良しカップルにとっての会議室になるかもしれません。

好きなこと、感じるポイントなどを素直に話す

ラブラブな関係を保つためには、体の相性の良さが重要です。
合わない相手と体を重ねること、これは時に苦痛となってしまうこともあるからです。マンネリを感じたり、相手との体の不一致を感じたときこそ、自分はこんなことをされるのが好きだと素直に話してみてください。セックスの回数を重ねるたびに、相性がよくなるようにすると、飽きがくることや他を求める心配がなくなります。
ラブラブなカップルは積極的に自分のことを話し、相手のためを思ってそれを実行していきます。セックスというコミュニケーションにしっかりと向き合うことが、レスにならないコツなのです。

前戯だけでなく、後戯も重視する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

挿入前にどれだけの時間をとって力を入れていても、終わった瞬間に素っ気なくなってしまうという態度の変化に、女性はとくに敏感です。せっかくのムードやラブラブ感も一気に冷めてしまいますよね。
激しい行為のあと、そのままベッドに倒れこみたくなる気持ちは理解ができますが、終わったあとこそが本来の自分たちの姿。
セックスが終わった後も、くっついて会話をしたり腕枕をするといったカップルならではの行為がさらに飽きることのないラブラブ感を高めてくれます。その時間を使って、自分の好きなポイントやよかったこと、次はこうしてみよう、というような話を切り出すと、とても自然な「おさらい」ができます。次のベッドタイムも、楽しみになりますね。

改善すべき“セックスレス”と、愛のある“セックスレス”の違いとは?|真っ赤な濡れオンナ#58

https://cinq.style/articles/1485

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第58回目は、セックスレスについて考えます。

カップルにとって大切なコミュニケーションだから

セックスという「行為」は、ラブラブでいたいカップルにとってはとても大切な「心」のコミュニケーションです。セックスレスにならないためには、セックスレスを解消するには? とつい簡単な答えを求めてしまう私たちですが、相手への興味や関心を持ち続けることが、ラブラブな関係には欠かせません。
聞きづらいから、言いづらいから……と我慢をするのではなく、相手のことを理解するためにも、しっかりとセックスという行為について向き合っていきましょう。あなたのことが「好き」という表現でもある行為です。ずっとラブラブな関係でいられるよう、参考にしてみてくださいね!

この記事のライター

建前をつくるオトコと、感情でしか動けないオンナ。

関連する投稿


モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

「女性は一歩引いて、男性を立てるべき」。このような価値観は、女性の社会的進出が進むと同時に古い考えへと変わりつつあります。そこで今回は、婚活女子にこそ理解しておいてほしい、間違ったモテについてご紹介。


自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼。寂しくて辛い気持ちを抑えてくれるのは、爽やかな香りがするデオドラントアイテム。お揃いのコスメを持って気分を上げて、二人でこの夏を乗り越えて。


一緒に乗り越えたい♡ コロナで愛情が深まるカップルの特徴

一緒に乗り越えたい♡ コロナで愛情が深まるカップルの特徴

コロナで絆が深まる人もいれば、別れる人も……。できれば一緒に困難を乗り越えて、さらに絆を深めたいですよね♩


こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

この人、なんだかいいひとかも…? なんて判断するにはまだ早いかも。その彼と付き合う前に、結婚を考える前に、まずはチェックするところがあるはずです。ダメンズに引っかかる前に、注意すべき点をお教えします。


駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

恋に駆け引きはつきもの。そうは言っても、実は男性はそれを良しと思わない傾向があるかも…?正しい恋の駆け引きはどのタイミングで使うべき?


最新の投稿


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はアイティオール 井上真樹さんです。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職活動の手伝いをするキャリアアドバイザーという仕事をしていると、ようやく獲得した内定を辞退せざるを得ない…という残念な状況に陥ることが何度かありました。それが「嫁ブロック」とも呼ばれる家族からの反対です。そこで今回は、転職を家族に反対されないために、事前に話しておくべきことについてお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング