丁寧な暮らしどころじゃない!「心の余裕」を取り戻す方法



忙しくて、イライラ・カリカリな毎日

仕事で忙しくなってくると、すぐにイライラモード。お休みの日も仕事からは解放されているはずなのに「あと〇時間でまた会社だ」と思っては、深いため息をつく……。

心の余裕を取り戻せるのは自分自身しかいません。ゆっくり深呼吸しながら、心を緩ませましょう。

丁寧な暮らしにこだわらない

朝、起きたら白湯を飲み、ランチは手作りのお弁当を食べ、夜には自炊をする。
それが一番身体にとってベストな状態でオシャレな暮らしだと分かっていても、仕事に追われているときは時間との勝負で、それどころではなくなるはずです。

心の余裕を取り戻したいなら、丁寧な暮らしにこだわりすぎないことが大切。ランチも3分で用意できるカップラーメンを食べて、残りの時間を別のことに回せるなら何も問題はないはずです。お惣菜を買って電子レンジで温めるだけだと、ほんとうに夜の時間が楽になりますよね。

自炊ではなく外のものを活用することで時間を抽出できるなら、どんどん利用してみては?丁寧な暮らしに憧れる気持ちは大切にしつつ、たまには自分を甘えさせてあげないと♩

家族や恋人にプチギフトを贈る

仕事で余裕がなくなると、無意識のうちに家族や恋人に当たっているときがありませんか?相手はただ声をかけただけなのに「何なのよ!」とブチ切れてしまう……。ところが冷静になってみると、なぜあそこまで怒ってしまったのか、再び反省することに。

イライラ・カリカリを完璧におさようとすると、今度はストレスフルになってしまいます。大切なのは、少しでも状況が落ち着いたときに「ありがとう」の気持ちを伝えること。

母親が好きなコンビニのお菓子を買って帰る。父親がぜんそく気味なら、のど飴を渡す。恋人がスイーツ好きなら、デパ地下でプリンを買う。ほんの少しのギフトですが、特別な日ではなくてもギフトを贈ることで、誰よりも自分の心が落ち着いてきます。

帰宅したら何もしない日をつくる

仕事に追われはじめると、予定でいっぱいになります。もしかしたら、あえて自分からその状態を選んでいるかもしれませんが。回遊魚のように泳いでいないと私が私らしくいられないからと、夜遅くまで働く「癖」ができている……。

心の余裕を取り戻したいなら、帰宅したら何もしない時間をつくりましょう。TODOリストも頭の中で一時的に削除します。お気に入りのソファーでドラマを観る。お菓子を食べながら、秋冬に買いたい洋服をスマートフォンで探してみる。

一見「ムダ」と思えてしまうダラダラな時間も、身体や心が緊張から解放されているなら、それは十分、意味のある時間なんです。

心をゆるませて、充電する

仕事で忙しく、イライラしてしまうのは仕方のない話。ちゃんと怒りを原動力に変えられているなら問題ありません。

大切なのは「心の余裕がなくなっている」と感じたときに、ちゃんと取り戻せるノウハウを自分自身が理解していることです。心をゆるませられる習慣を見つけてみましょう♡