赤ちゃんに似てる喘ぎ声は萌える!声の出し方レクチャー|真っ赤な濡れオンナ#12

赤ちゃんに似てる喘ぎ声は萌える!声の出し方レクチャー|真っ赤な濡れオンナ#12

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第12回目は、どんな喘ぎ声が愛おしく思えるのか考えてみたいと思います。


「俺だけに聞かせてほしい…」

喘ぎ声、無意識に出してない?

大人女性がSEXを楽しむ上で、自分の気分を盛り上げるためにも、相手の反応を高めるためにも重要な素材である「喘ぎ声」。とても大切なエロ要素であるにも関わらず、自然に出るものだと思っていませんか?

実は、喘ぎ声もちょっとした工夫で、男性に愛おしくセクシーだと思ってもらえるようになります。そのヒントになるのは、ズバリ「赤ちゃん」なのです。

赤ん坊に似ている声が愛おしい

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性の喘いでいる声には、様々な種類があります。大きな声を出す絶叫系の方や、声を押し殺して我慢する吐息系。はたまた、我慢しきれずに声が漏れてしまうようなタイプの方まで幅広いことでしょう。

では、男性目線でどんな喘ぎ声が興奮するのか考えてみると、一番当てはまるのが「赤ちゃんの泣いている声」。言葉にならないモゴモゴ感と、いつもより声が高くなり息が上がっている状態が、なんとも愛おしく切ない様子を描きます。

簡単に赤ちゃん風に変える方法

そこで、赤ちゃん風喘ぎ声の作り方のポイントについてご紹介していきましょう。喘ぎ声の模範的な例としては、「あいうえお」にプラスで吐息混じりがベターだと思います。

いつも無意識に口を開きながら「ああっ…」「うっ…」などの声を出しているならば、全て口を閉じた状態で言ってみてください。唇を少し噛んだ状態で、同じようにモゴモゴと発音するだけで、あっという間に赤ちゃん風に早変わり。

ちょっぴり苦しそうだけど、鼻から抜ける言葉に、きっと男性はメロメロになってくれるのではないでしょうか。

美しい大人女性が奏でる可愛らしさ

仕事中にパリッとクールにしている女性が、デートでは意外と繊細で恥ずかしがったりする姿は「ギャップ」として萌える要素の一つです。

それをSEX中の声に置き換えても同じことで、大人女性が彼とのラブタイムの時だけ甘くて幼い声を出すのは、“自分にしか知らない彼女の秘密”として、男性に優越感を与えることでしょう。

ぜひ、「大人と赤ちゃん」と言うギャップをSEXに盛り込んでみてくださいね!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第101回目は、ペンネームMAKOさんから頂いたリクエスト「焦らしテク」についてです。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


最新の投稿


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


スーッと長い美脚を目指して。足のむくみをスッキリさせてくれるアイテム3つ

スーッと長い美脚を目指して。足のむくみをスッキリさせてくれるアイテム3つ

まだまだ冷房の中にいる9月。冷房の中でデスクワークを続けているとどうしても足のむくみが気になりませんか? そんな足のむくみは、毎日のケアが必要になってきます。休憩時間や帰宅時を利用して、すっきりとむくみを流してあげましょう。そこでむくみケアにオススメなアイテムを3つご紹介します。


知らないと恥ずかしい? 働く女性が身に着けたいマナーまとめ

知らないと恥ずかしい? 働く女性が身に着けたいマナーまとめ

マナーは相手への気遣いでもあるため、きちんと身につけておきたいものです。しかし、一般的なマナーや常識を知らずにいると恥ずかしい思いをしてしまうことも。今回は、働く女性が身に着けたいマナーについてまとめました。


RANKING


>>総合人気ランキング