オフィスで華やか印象キマる!手持ち服と合わせられるピンクパンツコーデ

服こそピンクパンツを履きこなしたい!

ついベーシックカラーのアイテムを選びがちな冬。
ですが、そんな時こそ華やか印象のあるピンクパンツを履きこなしてみて。ピンクというとつい「可愛すぎる」、「年齢的に厳しいかも……?」なんて難しく考えてしまいがちですが、実はこの季節、オトナ女子にこそ似合うカラーなのです。手持ち服とも合わせやすくてオフィスで浮かない上品な甘さ、ピンクパンツの魅力を紹介します。

ベージュ系アイテムと合わせて優しい印象に

ベージュピンクやペールピンクのパンツは、女性らしい印象が好感度抜群。
肌なじみの良いベージュ系アイテムを合わせると、オフィスでも浮くことのない上品配色にまとまります。

ニット:STYLE DELI / パンツ:UNIQLO イージーアンクルパンツ / バッグ:TOPKAPI / パンプス:STYLE DELI

センタープレスのパンツは立った時の立体感が知的な印象を与えてくれるので、柔らかいカラー合わせの時でもきちんと感を演出。さらにスクエア型のバッグを合わせることで、ぼんやりとした輪郭をしっかりと引き締めることができます。小物づかいと色使いを意識がポイント。

モノクロコーデの差し色として

手持ち服の中でも、比較的登場回数の多いホワイトとブラック。そんなモノトーンの差し色としてもピンクが活躍。

ニット:GALERIE VIE / パンツ:6(ROKU)BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS / バッグ:TODAYFUL /シューズ:MAISON MARGIELA

差し色なのに主張しすぎないグレイッシュピンクが、ベースであるホワイトとブラックのコントラストをより引き立ててくれます。メンズライクなクルーネットと合わせれば、「甘すぎるかな?」なんて心配も無用、より身近にピンクを楽しめる。

カジュアルになりすぎなボーダーも上品アップデート

カジュアルアイテムの定番 ボーダーカットソーに合わせても、なぜか上品見せしてくれるのがピンクパンツの魅力。

トップス:UNIQLO / パンツ:UNITED ARROWS グリーンレーベル リラクシング

ゆったりサイズのアイテムやカジュアルアイテムと合わせることで、ラフな女性らしさを作ってくれるから、頑張りすぎないオシャレが楽しめる。仕上げにシルバーアクセサリーを手に取ればヌケを意識したこなれ印象に。

グレーを合わせれば甘くなりすぎない

光の角度でパープルのように見える青みピンクのパンツには、同じく寒色カラーであるグレーのアイテムを合わせて。まるでグラデーションかのように、不思議としっくり馴染むから。

パンツ:Doux archives

ぱっと目をひくピンクのカラーパンツを、グレーで優しく中和することでキツい印象を回避。ニットとパンプスのカラーを合わせれておけば全身によりまとまりが◎。ピンクのパンツを主役にしたきれいめコーデです。

悪目立ちしないピンクがハイセンス、ブラックでまとめてモード感

ブラックとピンクの2色で大胆にまとめると、洗練された印象に早変わり。余計な色を足さず、あえて削ぎ落としたコーデはモードなのにどこか女っぽく、ミステリアスな印象へ。

ニット:GAP / パンツ:CANAL JEAN / シューズ:marjour

大人だからこそ着こなせる配色、ピンクとブラックなら“媚び”を作ることなくカッコよくピンクを履きこなせる。ヘアーもコンパクトにまとめて、重心を下げたバランスが強い意思を感じさせる、自立した女性像を想像させるコーデです。

ハッキリしたピンクはメインアイテムとして取り入れて

パキッとしたマゼンダピンクのパンツ。主張を少し控えめにしたいなら、ロングカーディガンをうまく使って目線を散らして。

トップス・カーディガン:Noela /パンツ:The Virgnia /シューズ:snidel / バッグ:SAINT LAURENT

全体を薄いカラーでまとめて、足元に陰影をつけることでより立体的な印象がつきます。さらには、ラインが脚長効果を出してくれるから、スタイル美人が目指せちゃう。綺麗めコーデの定番にも、パキッとしたピンクのカラーパンツが馴染んでしまうから不思議。

実は使い勝手抜群なピンクのカラーパンツ

いかがでしたか?
カラーパンツの中でも、つい難しそうなイメージを持ってしまうピンクですが、実はその着こなし力は無限大。なりたい印象に合わせてトップスや小物の色を変えることさえ覚えておけば、毎日のワードローブと組み合わせてもなんら違和感がありません。むしろ、ベーシックアイテムにこそ映えるカラーなので、ジャケットが必要になるようなお仕事スタイルでも活躍してくれること間違いなし。
冬も、カラーを楽しんで気分をあげていきましょう。