頭の柔らかさがキモ! 柔軟性の磨き方と仕事に活かすための3つのポイント

頭の柔らかさがキモ! 柔軟性の磨き方と仕事に活かすための3つのポイント

柔軟な考え、対応をすることで自分の可能性は大いに広がります。けれど、キャリアを積めば積むほど頭が凝り固まってしまうこともあり、常に柔軟さを持ち続けるのは難しいこと。今回は柔軟性を高めるために、押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。


もしかして向いてない?

「自分に向いている仕事って何だろう?」
みなさん、一度は考えたことがあるでしょう。新しい部署へ移動する時や、新しい仕事を任されたとき、やる前に「自分には向いていない」と決めつけてしまったりすることもあるかもしれません。しかし、向き不向きというのは、実際に仕事を経験しないとわからないもの
最初から決めつけてしまったり、早い段階で自分の適性ではないと判断してしまうと、チャンスを逃す可能性さえありえます。

自分の素質を大きく伸ばしたいのであれば「とりあえずやってみようかな」「面白いかもしれない!」と新しい物事を前向きに捉える心と、柔軟性を持って考える姿勢が大切。

また、社会人経験が長くなってくると、今までに得た知識や経験に頼りがちになってしまい、選択肢の幅が狭くなってしまうこともあるので、キャリアが長くなった人にこそ“柔軟性”は意識すべきものでもあるのです。

今回は柔軟性を高めるための、基本的な3つの方法をご紹介していきます。

【決まりはつくらない、目標設定はする】

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「1+1は2だから、2しかないね」と決めつけて業務を進めるのではなく、3にもなるかもしれないし、4にもなるかもしれない、と可能性を広げていくように物事を考えましょう。そのためには、決まりを作らない、がポイントです。
ただし、その時に必ず目標設定を忘れないように。ゴールにたどり着くためには、何をすればいいのか? 目標から逆算して、現状の把握をしていきましょう。目標に向かって、さまざまな策を練り打ち出していきます。

【さまざまな視点から物事を見る】

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いくら完璧に計画を立てていたしても、確実に上手くことなんてほとんどありません。クライアントの意向が変わることや、メンバーが体調を崩してしまうことなど、仕事には予想外なトラブルもつきもの。それを理解した上で、普段からさまざまな視点から物事を見れるようにしておくと良いでしょう。

意識をスライドさせ、自分と違う立場の人の視点で物事を考えてみる。つまり、客観的にみることが大事なのです。こうすることで、リスク回避を考えることができるようになります。

【余裕を持った行動をする】

柔軟な考え方をするためには、日常において余裕を持った行動をすることです。時間に追われていたり、精神的に切羽が詰まっている時は、「急がなきゃ」という焦りが先行してしまい、判断が鈍ってしまいます。即決で決められるほどに良い案がでた場合は例外ですが、時間に追われている時に判断したものはどうしてもリスク回避に陥りがち。
仕事を進める仲間の人数が多ければ多いほど、時間が必要です。どんな時においてもある程度、時間の余裕を確保しておいた方が間違いがありません。人と会う約束をしているのであれば、10分前には到着するようにするというように、小さな積み重ねを忘れずに。スケジュールを詰め込む方が充実しているように感じるかもしれませんが、発想は余白の中でふと生まれることが多いのです。

主体的な柔軟性を持つ

これらの3つのポイントは、受け身ではなく、主体的な柔軟性を持つことを指しています。柔軟性のある考えを持つことができれば、大きく“自分の可能性”を広げることができるようになります。
「環境には柔軟に対応し、内容にはこだわりを持つ」
これを意識することで、自分なりの発想を、主体的に取り組むことができます。

型にはまっているときも良ければ、違う場合もある。正しい判断ができるようになるためにも柔軟性を身に着けてキャリアアップを目指しましょう。

あれもこれもやりたい! 器用貧乏な人が見直すべき〇〇

https://cinq.style/articles/1385

好きなことや得意なことを活かして仕事に、という働きが活発になっていますが、そんなワークスタイルに憧れながらも、あちらこちらに手を出して、自分が本当にやりたいことがわからなくなってしまうという、器用貧乏な方もチラホラ。そんな器用貧乏さんが、見直すべきことについてアドバイスをしてみました。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


仕事 キャリア 柔軟

関連する投稿


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

仕事に追われ、家事に追われヘトヘトの毎日。気分転換に習い事には行っているけれど、ときどき深いため息をついてしまう……。なかなかエンジンをかけ直せずにいるなら、立ち止まって総点検を♩


友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

何もかもが上手くいかない…。スランプに陥ることは幾度となくやってくる。そんな時にこそ、口に出すべき魔法の言葉「おかげさまで」。人に感謝することで道が開けるエピソードをご紹介します。


楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

新卒から大手不動産会社に勤務。 バリバリの営業として成果を上げ、評価がついてきたことも実感した20代半ば。出世コースも目の前に迫っていた彼女が、上司からの打診を断り、家の近くにある小さな会社に転職した理由とは?


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング