シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡



内側からアプローチする「飲むシミ対策」とは?

シミケアと言えば、日焼け止めやホワイトニング系の化粧水や美容液を思い浮かべる方が多いかと思います。
塗るスキンケアは保湿や紫外線対策としては良いのですが、お肌の深層に眠っているシミ予備軍や今あるシミを消すことは難しいでしょう。

そこで、加えるべきプラスワンスキンケアとして「飲むスキンケア」が注目されています。
「ビタミンC」や美肌アミノ酸である「L-システイン」などが配合されたお薬で、肌の代謝を助けたり、お肌に栄養を内側から届けます。

本来お肌は、自分で新しい組織を作りきれいなお肌を作っています。お肌に塗る基礎化粧品は外部からの刺激を防ぎ、お肌を保護するような役割。そこに「飲むスキンケア」を加える事で内側からもお肌の生まれ変わりをサポート!より早く美肌になれるというわけなんです!

飲むシミ対策の選び方

1.この成分が入っているかチェック!

シミ対策として服用するお薬は以下3つの成分が入っているか確認しましょう!

【ビタミンC】~シミを薄くする役割~
シミの原因であるメラニンの生成を防いで、シミを無色化する働きがあります。

【L-システイン】~シミを追い出す役割~
肌の代謝を助けて、お肌ターンオーバーを正常にしてくれます。
さらにビタミンCと合わせて摂取する事でパワーアップ!

【ビタミンE】~お肌の健康を守る~
肌の血行を促進し、健康なお肌作りに欠かせない成分です。
肌荒れや、お肌の酸化を防ぐことができます。

ビタミンCとL-システインはどの薬にも大体入っていますが、プラス「ビタミンE」が入っているかはチェックしておくと良いでしょう。

2.ビタミンCとL-システインの配合量

ただ、
・ビタミンC
・L-システイン
・ビタミンE
この3つが入っているから良いというわけではありません。

成分の配合量も要チェックです。
L-システイン含有量は240mgが最大量。ちゃんと240mg入っているかどうかも選ぶ際のポイントです。
ビタミンCははっきりとした規定はないようですが、1日当たりの最大推奨量は1000mgまでが好ましいとされているようです。

有効成分が基準値内で高配合されたお薬を選ぶと良いでしょう。

ビタミンCの摂取量についての出典:https://www.tyojyu.or.jp/

3.コスパの良さ

たまに行くエステとは違い、毎日飲むことで効果を発揮するという事から『継続しやすさ』が大切です。お値段が高いと結局2回目から買い渋り、効果が発揮されない可能性があるため、続けやすいお値段という事は非常に重要です!

とにかく服用するものは続けなければ意味がありません。
配合量が多くて出来る限り、買いやすい値段のものを選びましょう。

また大手製薬会社のお薬は安心ですが、CM広告費などでコストがかかり、成分のわりにお値段が高い物もあります。知っているブランドだからという理由だけで選ぶのはおすすめしません。

★「飲むシミ対策」おすすめ商品は?

ミルセリンホワイトNKB

 

前述した「飲むシミ対策」の選び方

 

・有効成分

・配合量の多さ

・コスパの良さ

この3点をふまえて、どれにも当てはまるのが『ミルセリンホワイトNKB』

L-システインは最大量240mg、ビタミンCは1000mg配合され、しっかり効き目を重視した成分量。ビタミンEはもちろん含まれており、そのほかにも対処を促進させるビタミンB2、ビタミンB6も配合されています。

また、ミルセリンホワイトは国に認められた「医薬品」安心して服用できるところもポイントですね。お値段も1日80円という低価格だから、続けやすい飲みやすいサプリです。

公式サイトはこちら