ソコは、どうしても舐められたくない…!相手を傷つけずに断るフレーズ|真っ赤な濡れオンナ#19

ソコは、どうしても舐められたくない…!相手を傷つけずに断るフレーズ|真っ赤な濡れオンナ#19

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第19回目は、どうしても舐められたくない部位を、相手を傷つけることなく回避する方法を考えます。


「汗かいてるのに、ダメっ……」

男性は、好きな女性の匂いが欲しい

“一日仕事をして、夕方からは彼とデート。いつものように、ラブタイムは彼の家でお風呂に入ってからと油断していたその矢先……。「今日は、このまましたい」なんて、汗ばんだ身体を舐め始めたっけ。

彼が興奮しているのは分かるけれど、お風呂に入っていない自分の匂いがどうしても気なって、不安に。”

こんな経験をしたことがある方は、いませんか?男性は、好きな女性の匂いはむしろ“欲しい”と感じるため、女性が汗などの匂いを気にしているにも関わらず、求めてくる場合があります。優しく切り抜けるフレーズは、こちらです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「ダメ、恥ずかしい」

まず始めは、王道パターンからご紹介します。セックスを回数重ねてしていると、なかなかとっさに言えなくなってくるのが、このフレーズ。王道ではありますが、男性に対して最も効果的な言葉だと私は思います。

「匂いが気になるから、ダメ」と正直に伝えてしまうと、男性は現実に戻ってしまうので注意しましょう。照れながら、このフレーズを使ってみてください。

「止まらなくなっちゃう」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

しかし、男性はちょっぴり幼くてピュアな部分が誰しもあります。「ダメ」ときっぱりお断りしてしまうと、「そうか、俺のこと好きじゃないのか」と自信喪失させてしまうので、余韻を残しながら断ることがポイントです。

そんな時に有効なフレーズは、“続きは夜ね”と濁すこと。
「このままじゃ、止まらなくなっちゃう……」と困り顔で彼を見つめてみてください。

男性は、真実を知りたいわけではない

男心で一番攻略したいポイントは、「知りたいけど、理想を崩してほしくない」という矛盾を理解することです。男性が、「今からエッチしたい」と突拍子もなく誘ってくる場合がありますが、本気でその場でしたいと思っているわけではありません。

好きな人を困らせたい、反応をみたい、自分の方を向いて欲しいという心理で、ワガママを女性にぶつけているのです。そんな、ちょっぴり幼稚な部分があることを理解した上で、可愛らしく色っぽく濁すのが大人のテクニックではないででしょうか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


ココが違う…! 信用できる人がやっている3つの人間関係ポイント|MY WORK ヒント#95

ココが違う…! 信用できる人がやっている3つの人間関係ポイント|MY WORK ヒント#95

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第95回目は、信用度が上がる人間関係の作り方について考えます。


最新の投稿


【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

蒸し暑い季節は、まるで太陽に元気が吸い取られているかのように、体力を使います。少し歩くだけもヘトヘトに……。そんなお疲れな働き女子を救済するため、簡単に作れて栄養満点のレシピをご紹介! しっかり食べて、夏を乗り切りましょう!


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


RANKING


>>総合人気ランキング