事務系職のキャリアチェンジに繋がる資格②【秘書検定・社会保険労務士】

事務系職のキャリアチェンジに繋がる資格②【秘書検定・社会保険労務士】

今回は、事務系職からのキャリアチェンジに繋がる資格をピックアップ! 社長や役員のサポートに欠かせない「秘書」にも活用できる「秘書技能検定」、人事や労務のスペシャリストになるための「社会保険労務士」の資格について調査しました。


秘書としての能力を身につけキャリアチェンジ!秘書技能検定

秘書検定とは?

秘書検定とは、実務技能検定協会が運営・実施する検定で

①秘書として、上司の身の回りの世話や仕事のサポートする為の感覚・判断力などの素質
②上司の留守中の対応、上司の仕事のサポート方法などの秘書特有の仕事の仕方
③上司やそのクライアントが話す内容を理解する為の経済用語などの一般知識
④対人関係の基本となる言葉遣いなどのビジネスマナー
⑤ビジネスの場で必要な、文書、ファイリング、事務用品、会議などについての初歩的な知識

が問われる試験内容となっています。これまでに700万人以上の方が受験し、社会的認知度も高い資格となっております。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

取得のメリットは?

秘書検定は、社会人としてのビジネスマナー、一般常識、来客応対のスキルなどが問われる試験です。 秘書検定を取得することによって、総合的社会人スキルの証明ができるようになります。
秘書職へのキャリアチェンジ、ホテル業などの質の高いサービスを求められる職場への転職に役立つため、在学中の学生などからも支持率の高い資格となっています。
また、なかなか自身が持てない、状況に応じた適切な言葉、立ち居振る舞い、気遣いも理論的に学べる為、日々の業務のへのスキルアップ、後輩等の指導方法にも役立つ検定内容になっています。

受験日・試験形式・受験料

受験日は年3回で、今年(2017年)の受験日は、6月18日(日)、11月12日(日)です。

受験形式は、準1級・2級・3級は選択問題(マークシート方式)と記述問題、1級はすべて記述問題、準1級、1級は面接試験もあります。
全級とも試験は「理論」と「実技」に領域区分され,それぞれの試験が60%以上の時合格となります。

受験料はそれぞれ、1級は6,100円、準1級は4,900円、2級は3,800円、3級は2,600円です。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人事・労務の必要知識を学び、スペシャリストに!社会保険労務士

社会保険労務士とは?

社会保険労務士とは、労務管理、社会保険や年金に関する相談・指導を行う事を職業とする為ための国家資格です。 人事・労務関連職の日常業務に役立つ知識も身につきます。
主な業務として、人事雇用等、労務に関する相談・指導、給与計算、雇用保険、健康保険、厚生年金保険に関わる仕事を行います。
社会保険労務士の有資格者でなくても作成できる人事・労務関係の書類もありますが、資格を持つ者しかできない独占業務があるため、勤務社労士として企業の人事や総務で活躍することができます。

合格者の女性の割合は 法律系の国家資格としては高く約30%、合格率は例年6%前後と、とても難易度が高い資格となっています。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

取得のメリットは?

社会保険労務士は、人事、労務系でキャリアを積みたいと思っている人におすすめする資格です。 独占業務が会社によっては取得することで職務手当がつく場合もあります。

企業が行政機関に提出する特定の書類作成、手続きの代行なども独占業務できるため、実務経験を積めば、独立・開業といったキャリアの道も開けます。

難易度が高く、独占業務があり、その業務は社員がいるほとんどの会社に必要な業務なため、市場のニーズが非常に高く、転職活動やキャリアアップにも非常に役立ちます。

受験日・試験形式・受験料

受験日は、毎年1回・例年8月の第4日曜日となります。
試験形式は、マークシート形式で選択問題が40問、択一問題が70問、受験料は9,000円です。

社会保険労務士試験オフィシャルサイト

http://www.sharosi-siken.or.jp/

社会保険労務士試験オフィシャルサイトです。社会保険労務士試験に必要な証明書、申込書などのファイルをダウンロードできます。また、試験に関する最新情報を掲載しています。

記事まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

キャリアを積んでいくうちに、自分に向いていることや、自分が得意な仕事が段々わかってくるということはありませんか? 例えば人とコミュニケーションをとることが得意だったり、誰よりも効率とく働けたり。
そんな自分の長所や強みに気づき、学び、資格を取得して証明する事で、別のキャリアや更なるチャンスに近づけるかもしれません。

また、より専門性を持つ道もあります。 就きたい職に必要な、専門的知識、専門的スキルを学ぶ事で、スペシャリストとしてのキャリアをリスタートする事もできるかもしれません。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


27歳は企業からのモテ期?誘いを受けたり転職で悩んだ時に確認しておきたい事

27歳は企業からのモテ期?誘いを受けたり転職で悩んだ時に確認しておきたい事

新人でなければ、ベテランでもない27歳という年齢は、市場価値の高い年ともいえます。業種によっては、様々な会社から声がかかることもあるでしょう。そんな転職しようかなと考えたときに確認しておきたいことについて考えてみましょう。


資格はどう発揮する?資格取得後フリーランスになった筆者が教える3つの方法

資格はどう発揮する?資格取得後フリーランスになった筆者が教える3つの方法

念願の資格は取得できたけれど、勉強した知識を自分のものにできていないかも…と思っている方必見! 今回は、2年半薬膳の資格取得に奮闘してOLからフリーランスになった筆者の経験談も交えながら、学んだ知識を自分のものにするステップをご紹介します。


憧れられる存在になりたい!女性が憧れる女性像の作り方とモデリング

憧れられる存在になりたい!女性が憧れる女性像の作り方とモデリング

異性から好かれるよりは、同性から好かれたい。モテじゃなくて大人の魅力を手に入れたい。 そんな方は、女性が憧れる女性像を自分でつくる「モデリング」の発想を身に着けてみてはいかがでしょうか? 毎日イキイキと輝いていたい女性へ。


仕事と勉強の両立は体が資本!疲れにくい体をはぐくむ“中医学的”1日の過ごし方

仕事と勉強の両立は体が資本!疲れにくい体をはぐくむ“中医学的”1日の過ごし方

「やりたいことは色々あるのに体がついていかない…」そう思う時ってきっとありますよね。何事も体が資本。そんな時は薬膳のベースの考えになっている中医学(中国伝統医学)の考えを生活に取り入れて1日を過ごしてみませんか?


モチベが下がった…!資格勉強のやる気が出なくなった時の5つの対処法

モチベが下がった…!資格勉強のやる気が出なくなった時の5つの対処法

スキルアップのために資格勉強を日々頑張っているという方も多いのではないでしょうか。しかし、人間ですから「やる気がでない…」と前向きに資格勉強に取り組めない時もありますよね。 2年半ほど、資格取得に奮闘していた筆者の体験談も交えながらモチベ-ションが下がった時の対処法をご紹介します。


最新の投稿


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

メールチェック、書類の作成、数字の管理、構成や戦略に頭を悩ませる・・・。地味で単調な作業もあれば、頭の中から案をひねり出す必要もあるのが仕事というもの。業務内容によって時間の使い方を変えると、毎日の仕事がちょっとだけ楽になる。


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング