欧米でも話題の「美人のお茶」。ビタミンとミネラルが豊富なホワイトティーブレンド3つ



≪ホワイトティーって知ってる?≫

ホワイトティーも緑茶と紅茶と同じ”チャノキ”の新芽から作られるお茶。
生産量が少ないため、昔は中国皇帝や貴族しか飲むことのできない貴重な高級茶でした。

ゆっくりと発酵させるシンプルな工程なため、職人さんの力量が試されるお茶ともいえます。
抗酸化作用の高いポリフェノールがたっぷりと入っており、その量は緑茶の役3倍。
さらにビタミンやミネラルなども豊富に含まれているため、「美人のお茶」として欧米でも話題になっているお茶です。

≪おすすめのホワイトティーブレンド3つ≫

①English Tea Shop(イングリッシュ ティー ショップ)/ホワイトティーブルーベリー&エルダーフラワー

ロンドン発の紅茶ブランド『イングリッシュティーショップ』は、ヨーロッパ中心に世界53か国で愛され続けているブランド。
標高1,200m以上の高山地で有機で育てられた、高級な茶葉が使用されています。
イギリスのオーガニック認定機関であるSoil Associationの認定を受けている本格的なお茶です。

こちらのホワイトティーブレンドは、まるで紅茶かな?と思わされるほどの優美な香りに、ブルーベリーの香りがフワッと広がるティー。
クッキーなどの甘い焼き菓子にぴったり。

②SONNENTOR(ゾネントア)/ビューティ―アソート/ホワイトティー

オーストリア発のオーガニックハーブティーブランドの『ゾネントア』。
ゾネントアのハーブティーは、月の動きや天体の動きに合わせ、カモミールなどを独自に調合した肥料などを使用しながら行う、「バイオダイナミック農法」という有機栽培で育てられている、力強いハーブを使用。

こちらのビューティーアソートの中には3種類の異なる味わいのハーブティーが入っており、その中のひとつにホワイトティーブレンドが含まれています。
有機白茶の香り高い風味と、有機エルダーフラワーのマスカットのような甘い香りが絶妙に調和。
なんだか優雅な気分になってしまうティーです。

③CLIPPER(クリッパー)/ホワイトティーwithオレンジ

『クリッパー』はイギリスの有機紅茶ブランド。
クリッパーのホワイトティーは、有機茶葉の新芽と若葉だけを微発酵させたもの。
そのため渋みが少なく、ほんのり甘い味わい。
そこへ有機オレンジピールが加わり、さわやかなティーになっています。

私たちの環境や体のために配慮された、無漂白のティーバッグなのも嬉しいポイント。

≪ホワイトティーで美人になろう!≫

美人のお茶と呼ばれるホワイトティー。
食事の時のお茶を清涼飲料水などではなく、お茶に変えるだけ。

ホワイトティーを取り入れて、内側から美しさを追求してみてはいかがでしょうか?