「集中できない...!」 社会人が最も眠くてだるい曜日と時間とは?

「集中できない...!」 社会人が最も眠くてだるい曜日と時間とは?

昼間に仕事をしている社会人のほとんどが日中に眠気やだるさに感じるようですが、最も眠くなる「魔の時間帯」とは何時なのでしょうか?


「ウーマンウェルネス研究会supported by Kao」は、働き方改革がすすむ中、平日の昼間に仕事をしているビジネスパーソン668名(全国の20~50代の男女)を対象に、日中の眠気やだるさに関する意識調査を実施しました。

その結果、日中に眠気やだるさを感じている人は83.6%、そのうち91.1%が仕事のパフォーマンス低下を感じていることがわかりました。さらに、最も眠気やだるさを感じる「魔の時間帯」と年代別傾向が明らかになりました。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「魔の時間帯」は月曜と木曜

最も日中の眠気やだるさを感じる曜日・時間は、休み明けの『月曜午前中~15時』に集中しており、次に『木曜12時~15時』という結果となりました。

土日のお休みを満喫してつい夜更かしをしてしまったり、寝だめをしてしまったが故に夜に目が冴えてしまって月曜の朝は眠気が取れない…という人が多いのでしょう。また、木曜日は仕事の疲れがピークにきているからでしょうか。

仕事が捗る時間は?

一方で最も仕事がはかどる時間帯は『月曜・火曜午前中』と、『金曜15時~18時』という結果になりました。

なんと、月曜日の午前は眠いと感じている人もいれば、逆に仕事がはかどると感じている人もいるようです。この場合、土日の過ごし方が良かったからなのでしょうか。

金曜日の夕方は、休み前の気力が高まるからか、仕事がはかどると感じる人が一気に多くなっています。休日の満足度をあげるためにも、早めに仕事を切り上げようとする姿勢が見られます。

年代別では、全年代で最も眠くだるい時間帯は「12時~15時」に固まってりますが、20代の男女は「午前」が最も眠気やだるさを感じるという傾向にあることがわかりました。

これは、夜の過ごし方が翌日の午前に影響している可能性が。日中の仕事や家事のパフォーマンスを上げるためには、夜にしっかり休息をとり、身体の疲労を回復させるとともに、意識的に昼間の覚醒レベルを上げる必要があるでしょう。

日中、眠くならず覚醒させるには?

睡眠専門医の白濱龍太郎先生は、思い切って15時より前に、15分〜20分程度の昼寝をとるようにする必要性を述べています。

しかし、仕事中に睡眠を取ることができない! なんと方も多いはず。その場合は、交感神経を刺激して覚醒モードをオンにすることがコツなんだとか。交感神経は、人と話すなど適度な緊張状態をつくることや、感覚器官に刺激を与えることで活発になります。

<例>
・いつもメールで連絡を済ませている人は電話をかけてみる
・炭酸水を飲む、歯磨きをするなど口をすっきりさせる
・会議やセミナーでは前方の席に座る
・いったん立ち上がって伸びをする、肩や首を回すなどの軽いストレッチをする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

眠くなる時間帯を意識して、ストレッチや伸びをするといった対策をとったり、仕事が捗る時間帯には重要な仕事を進る、などの調整していけば作業効率がアップすること間違いなし。

どの時間なら仕事が捗るのか? また、どの時間が睡魔がやってくるのか? を把握して、スケジュールを立ててみるのがオススメです。睡魔は強敵ですが、無理をせず体調に気を付けながらお仕事をしてくださいね。

参考資料

ウェルラボ | ウーマンウェルネス研究会

http://www.well-lab.jp/

「ウェルラボ」は医師や専門家、企業が集い発足した「ウーマンウェルネス研究会」が、女性のための健康に関する情報を発信するサイトです。

<こちらもオススメ!>

ストレスフリーで過ごしたい。働く女子の曜日別行動について調べてみた

https://cinq.style/articles/320

毎日頑張って働く女性たちの行動、知りたくない? 忙しいキャリア女性の、仕事終わりの上手な時間の使い方、またストレスオフするための工夫を見ていきましょう。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


睡眠 調査

関連する投稿


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させよう♡

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させよう♡

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


ミレニアル世代の「働き方」に対する意識とは?

ミレニアル世代の「働き方」に対する意識とは?

社会や消費のあり方に大きな影響を与えるミレ二アル世代。彼女たちの仕事観は親世代とかなり違いが出てきているよう。「働き方」に対する意識について調査データをみていきましょう。


18年新卒は、初の“フルゆとり世代”。マネジメントはどうすれば?

18年新卒は、初の“フルゆとり世代”。マネジメントはどうすれば?

2018年の新卒が入社して早いもので、3ヵ月。職場にも慣れてきた頃ですよね。今年の新卒はどうやらフルゆとり世代。今までとまた違う考え方を持っているよう。先輩たちはどのようにして、育てれば良いのでしょうか?


副業するならどの仕事をする? 全国1万人に副業に関する意識を調査

副業するならどの仕事をする? 全国1万人に副業に関する意識を調査

政府は「働き方改革実行計画」などを踏まえ、副業(・兼業)の普及・促進を図っていますが、多種多様な活動の中から何を選んでいるのでしょうか?


美しい花嫁になりたい。プレ花嫁たちは美容のために何をしているの?

美しい花嫁になりたい。プレ花嫁たちは美容のために何をしているの?

一生のうちで一番輝ける瞬間である結婚式。憧れのウェディングドレスを着るのだから、誰よりも美しくなりたい。そう思うプレ花嫁たちが美容のためにしている事とは?


最新の投稿


合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

恋愛だ結婚だ、と出会いの活動を増やしている女性は多いけれど、出会いは多くなればなるほど選択肢が生まれて恋のチャンスを失っていく。今回は、婚活に力を入れてマッチングアプリで出会いを増やす女性たちの話。


信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

夢は願うものではなく、叶えるもの。次々と目標を達成する女性の横顔は、みているだけで、うっとり。今回は、夢を叶える女性の特徴をご紹介します。


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第9回目は、「本当のパートナー」について。


やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

やる気が出ない…。あえて自分にプレッシャーをかけるメリット|MY WORK ヒント#58

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第58回目は、計画しても前に進まない自分を奮い立たせる方法です。


秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

秋の季節にぴったり!ほどよいしっとり肌に導くボディソープ3つ

そろそろ肌の乾燥が気になってきたこの時期。 顔だけでなくボディに対する乾燥も、まずは洗うものから衣替えをはじめてみませんか? この時期にちょうど良い、しっとりさに導いてくれるボディソープを3つご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング