男性がセックス中に気が散る、女性のNG行動って…?|真っ赤な濡れオンナ#25

男性がセックス中に気が散る、女性のNG行動って…?|真っ赤な濡れオンナ#25

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第25回目は、男性が気が散るセックス中のNG行動についてです。


「ダメだ……っ!集中できない」

夢中になれるSEXだから、イケる

頭のてっぺんから足のつま先まで感じることができる女性に比べて、男性は“男性器のみ”で快感を得る場合が多いです。また、男性が射精するタイミングは、非常に繊細。

周りのことに気を取られていたり、少しでもセックスに自信が持てないと、途中で萎えてしまうなんてこともあります。そこで、男性が絶頂に達するまでに「内心集中力が切れるから、やめて欲しい」と思っている女性の行動について、解説してみましょう。

気が散る行動① 足をパタパタ動かしすぎ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性の身体は正直なもの。前戯が終わり挿入シーンになれば、理性を失うこともあるでしょう。特に、男性が上の状態でピストン運動をする正常位では、身体の力が全て抜けてしまうと思います。

男女のセックスで大きな違いとしてあげられるのが、女性は感じれば感じるほど、力が抜けて弱くなっていくのに対して、男性は感じれば感じるほど“射精に気持ちが向かい力強くなっていく”と言うことです。

ボルテージが上がってきた時に、集中力が“上がる・下がる”の違いがあるため、男性が興奮状態にある時に、気が散る行動をとると気分が冷めてしまう原因になります。恥ずかしさから足を閉じたくなったり、力が入らないからと言って足の位置がフラフラしてしまったりする行動は、男性のモチベーションを下げてしまうので、思い切って間隔を開くことが大切なのです。

気が散る行動② 声が突然なくなる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

また、男性は耳から聴こえる“セクシーな音”に非常に敏感。前戯の際に、女性が男性に対してフェラチオをしたり乳首を舐めたりする時に、少し大げさな擬音を出す方が男性は喜んでくれます。

その延長にあるのが、セックスの最中の喘ぎ声です。男性は、好きな女性に対して自分のセックスが受け入れてもらえているのか?そして、自分で満足させられているのか?を心のどこかで確認したいと思っているため、挿入中の喘ぎ声が突然なくなると男性は不安になってしまいます。

「もしかして、頑張って演技してるのかな?」「無理して続けているのかな?」など、ネガティブな気持ちがよぎれば過るほど、男性の興奮状態は冷めてしまうのです。実は、私自身セックスの最中にあまり大きな声を出すタイプではありません。しかし、男性が不安になることを知っているので“ある程度”は意識して出すようにしています。女性によっては、声が出る出ないに個人差はあると思いますが、相手の為にも声を出す工夫をしてみてください。

気が散る行動③ ピストン速度にバラつきがある

最後は、ピストン運動をする時の注意点です。女性の意見としては、優しくしたり強くしたり。ピストン運動の速度にも変化があった方が、気持ちが良いのではないでしょうか?しかし、男性は“逆”。

前戯のペッティングでは、優しく触ったり舐めたりすることが好きでも、挿入した後の強弱やピストン速度にバラつきがあると、気が散ってしまうので避けましょう。それに加えて、途中で動きが止まってしまったり男性器が抜けてしまったりするのも、男性は集中力が切れてしまいます。騎乗位や座位など女性が動く速度を決める体位の場合は、一定の速度に保つことが大切なのです。

女性視点では、「そんなに気になることかな?」と思ってしまいそうなことでも、男性はセックス最中の小さなことで気が散ってしまいます。ぜひ、意識してNG行動を避けてみてくださいね!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第96回目は、ルールや習慣に捉われない生き方について考えます。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


最新の投稿


「嫌味」な人にはなりたくない! 印象美人ならではの会話術

「嫌味」な人にはなりたくない! 印象美人ならではの会話術

気付かないうちに人を不快にさせる言葉をつかっていませんか? 人に失礼のないよう、明るく話しやすい印象をつけて、スムーズな人間関係を構築しましょう!


【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

蒸し暑い季節は、まるで太陽に元気が吸い取られているかのように、体力を使います。少し歩くだけもヘトヘトに……。そんなお疲れな働き女子を救済するため、簡単に作れて栄養満点のレシピをご紹介! しっかり食べて、夏を乗り切りましょう!


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


RANKING


>>総合人気ランキング