SEXで感じない…?一人エッチをする時の3つの注意点とは|真っ赤な濡れオンナ#31

SEXで感じない…?一人エッチをする時の3つの注意点とは|真っ赤な濡れオンナ#31

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第31回目は、女性が一人エッチをする時に注意したいことについてです。


「一人で触りだしたら、止まらなくて……」

 

女性も一人で性欲を満たすことは、健全なことだと思います。しかし、長らくパートナーがいないときに、一人ですることに慣れてしまったり、アダルトグッズを使用しすぎたりするのは、大切なパートナーができた時に“感じにくく”なってしまう原因に……。

本来は敏感であるはずの身体が鈍らないためには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

注意点①  短時間で行うクイックオナニー

私がもっとも気にしたいことの一つとして考えたいのは、簡易的なその場限りのオナニーで満足してしまうことです。本来はパートナーと一緒に時間を作っていくはずの、SEX。

にも関わらず、自分一人の欲求を満たすために少しだけ触ったり、生理前になんだかムズムズする感覚を処理するだけになっていませんか?私が思う“性欲”とは、好きな男性に十分なほど身も心も満たされることがもっとも重要だと感じています。

短時間のクイックオナニーに身体が慣れてしまうと、いざ本番!と言う時に、身体が受け付けてくれなくなってしまいます。女性がオナニーをする場合でも、なるべくゆっくり時間をかけて行ってみてくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

注意点②  バイブなどの大きなオモチャで慣れる

そして、最近では女性向けのアダルトグッズも、気軽に通販などで購入できるようになりました。小さなローターから大きめなバイブなど、パートナーが長らくいなくても一人で擬似SEXができるのも事実です。

しかし、アダルトグッズの中には電池で振動を起こしたり、先端がクルクルと回転したりするものもあります。刺激が強いアダルトグッズでオナニーをすることに慣れてしまうと、実際の男性器で物足りなさを感じてしまう場合があるので、注意が必要です。なぜなら、男性器は「人の身体の一部」だからです。

電池で振動が生まれるわけでもなく、クルクルと亀頭が回転することもありません。特に、SEXの経験が浅い女性が、イメージや妄想でオナニーするのは現実とのギャップを開く可能性があります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

注意点③  伸びた爪で粘膜を傷つける

最後は、女性の長い爪に関してです。アダルトグッズを使わずに、指で局部を触る場合には気をつけたい点だと思います。ネイルアートをしていて長く伸びていたり、セルフで切りっぱなしにしていたりすると、爪の角で粘膜を傷つけてしまう可能性があります。

外側のクリトリスもそうですが、指を中に入れて動かす時など、快感が上回ってオナニーしている最中は気づかなくても、後からじんわり痛い……なんてことも。繊細な部分なので、いつも以上にケアが必要なのではないでしょうか。


定期的に取り入れると、欲求不満を解消できるのがオナニーですが、本来は“パートナーありき”で考えることが大切ですよ。心当たりがある!と言う女性は、少しだけ和らげる方法を考えてみましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

関連する投稿


【仕事と妊活】妊活はパートナーと「一緒」に。妊活の進め方と気をつけておきたいこと

【仕事と妊活】妊活はパートナーと「一緒」に。妊活の進め方と気をつけておきたいこと

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、パートナーと行う妊活の進め方について考えていきます。


【仕事と妊活】妊活のため退職する女性も。働く女性にとっての「理想の職場環境」とは

【仕事と妊活】妊活のため退職する女性も。働く女性にとっての「理想の職場環境」とは

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは6組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、働く女性にとっての「理想の職場環境」について考えていきます。


【仕事と妊活】働く女性って何かと難しい? 不妊・妊活の実情について

【仕事と妊活】働く女性って何かと難しい? 不妊・妊活の実情について

結婚をすれば子どもを持つのが当然で、子どもは簡単にできるもの……なんて思いこんでいませんか? 今は不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは6組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。そこで、Cinqでは株式会社ファミワンの協力のもと「仕事と妊活」連載をスタートします。


憧れの存在が職場にいない! 「ロールモデル」がいないってそんなに問題?

憧れの存在が職場にいない! 「ロールモデル」がいないってそんなに問題?

今の職場での悩みはなんですか? そう聞くと、返ってきたのは「ロールモデルが居ない」という声。そもそもそんなにロールモデルって必要なものなのでしょうか?


想像と違う、相談相手がいない…。転職者が入社後に陥りがちな悩みって

想像と違う、相談相手がいない…。転職者が入社後に陥りがちな悩みって

年度の始まりであるタイミングで転職した人も多いのではないでしょうか? しかし、前職とのギャップなど悩んでいる転職者も多いのだそう。実際どんなことで悩んでいるのか、全国の転職後1年未満のビジネスパーソン500⼈に聞いてみました。


最新の投稿


家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

現代人は多大なストレスにさらされて毎日を過ごしていますよね。それなのに今、これまでとは違ったストレスにを感じながら生きているはず。 そんな今こそ、自宅で簡単にできるストレス発散法を用いて、サッとストレスをサヨナラしちゃいましょう。


いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

「貯金は必要」だと考えていても、実際いくら貯金をしておけば安心して過ごせるのか? がわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、近い将来考えていることに対して必要になる金額を大まかにまとめてみました。


“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

“運”は自分で左右させる!運がいい自分を引き寄せるための習慣

自分で運命を切り開きたい、アナタにおすすめの良運を導く習慣とは?


一緒に乗り越えたい♡ コロナで愛情が深まるカップルの特徴

一緒に乗り越えたい♡ コロナで愛情が深まるカップルの特徴

コロナで絆が深まる人もいれば、別れる人も……。できれば一緒に困難を乗り越えて、さらに絆を深めたいですよね♩


ポストイットを加えるだけ?! DM・アンケート・提案書の反応を倍にするコツ

ポストイットを加えるだけ?! DM・アンケート・提案書の反応を倍にするコツ

アンケートや提案書、ダイレクトメールを送った場合、反応が少ないと感じたことはありませんか? アンケートの反応率を上げる研究では、手書きのコメントを書いたポストイット(付箋)を付けるだけで反応率が2倍になることがわかりました。一手間加えることの魅力について、今回はご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング