ノーマル正常位が痛い女性必見!正常位に一工夫した体位とは…?|真っ赤な濡れオンナ#33

ノーマル正常位が痛い女性必見!正常位に一工夫した体位とは…?|真っ赤な濡れオンナ#33

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第33回目は、正常位に一工夫した対位について考えます。


「いつもと違う感覚……何これ?」

正常位をしたいけれど……。

足を開いた状態の正常位に痛みを感じる女性は、いませんか?実は、私自身、正常位が元々好きではありませんでした。むしろ痛い印象の方が強いため、避けていた体位だったのです。

しかし、男性は女性の喘いでいる姿が視覚的に確認できるので、正常位が好きという場合が多いです。女性が痛みを感じているにも関わらず、相手は興奮している状態。これが長く続くのは、女性にとってとても負担ですよね。

そこで、同じ正常位でも角度を変えたり、足の開き方を変えたりするだけで気持ちよくなる方法を発見したので、ご紹介したいと思います。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

足を開いて痛いなら?

正常位というと、一般的には足をカエルのように開いて挿入するのがイメージできると思います。または、女性が足を腰までグッとあげる体勢。足を大きく開いて挿入するのは、男性器が深く入るので挿入感は強いですが、逆にその挿入感が痛みになることがあります(特に、男性器が平均より大きい男性の場合)。

そこで、足を上に上げるのではなく、逆に下ろしてピンッと両足を伸ばしてみてください。男性は、女性の上でピストン運動をし、通常の正常位と変わりありません。これは私の体験ですが、足を開いていた時より、足を下ろした時の方が深く挿入し過ぎるのを防ぐことができて、程よい快楽に変えることができたのです。

ここでのポイントは、男性が女性と直角の状態でピストン運動をするのではなく、体と体を重ねてやや体重をかけるようにすること。そう、完全に密着する体勢に変更することで、挿入の圧迫感をかなり減らすことができます。

枕を腰の下に入れるのもあり

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それでも痛い場合は、腰の高さに問題があると思います。女性の挿入口は大きく分けて3つ(フロント・サイド・バック)ですが、特に後ろ(バック)の女性は正常位をするときに、接合しにくいです。そんな時に役に立つのは、枕。腰の下に枕を入れて、腰から恥骨にかけて高さを出しましょう。

下がっていた腰の位置が上に持ち上がり、クリトリスが前に押し出される形になります。角度を調節して痛みが和らぐのと同時に、男性器とクリトリスが擦れ合って感度も増すと思います。

SEXの最中に「痛い」と正直に言うのは、なかなか勇気のいることです。しかし、ずっと我慢しているとだんだんその時間が「苦痛」に変化してしまいます。言葉で言えない場合は、「ねえ、こうしてみようよ」と提案型で取り入れてみるとムードを壊すことなく、緩和されると思います。

正常位は王道パターンなので、ぜひ攻略していただきたいと思います!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第85回目は、印象が変わる大人のネガティブ対応について考えます。


男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第89回目は、男性に自分からエッチな質問をしても良いのかについてです。


「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第84回目は、相手の本音を探るヒントについてです。


気にしがちだけど…。男が欲情するむっちりボディパーツ3つ|真っ赤な濡れオンナ#88

気にしがちだけど…。男が欲情するむっちりボディパーツ3つ|真っ赤な濡れオンナ#88

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第88回目は、女性が気にしがちな「むっちり」部分についてです。


「この世でいちばん素晴らしい色は、あなた自身を輝かせる色」 ウーマンダイアローグ #18

「この世でいちばん素晴らしい色は、あなた自身を輝かせる色」 ウーマンダイアローグ #18

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、カラーコーディネーターの長橋仁美さん。企業や学校でセミナーをしているほか、青山フラワーマーケットのフラワースクール『ハナキチ』とのコラボレッスンも大人気です♪


最新の投稿


女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

社会で活躍する女性が増え、キラキラ輝くロールモデルに憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか。とはいえ、どうすれば憧れのあの人のように仕事とプライベートを両立できるのか、悩むこともありますよね。そんなときに考えたいのが「キャリアプラン」です。今回は、女性のキャリアプランの立て方と立てるタイミングをご紹介します。


仕事のミスを繰り返さない! ミスを振り返り学習する“振り返り術”

仕事のミスを繰り返さない! ミスを振り返り学習する“振り返り術”

仕事でのミスは誰にだってあること。けれど、一度おこしたミスを繰り返すか、繰り返さずに次回から回避できるかがビジネスパーソンには重要になります。同じミスを繰り返してばっかり……という方は、ミスを繰り返さないように「振り返り」を大切にしていきましょう。


病院・銀行は開いてる? ゴールデンウィーク前に確認しておきたいこと

病院・銀行は開いてる? ゴールデンウィーク前に確認しておきたいこと

もうすぐやってくるゴールデンウィーク! 今年は10連休で、旅行など楽しみな予定を入れている人も多いはず。しかし、気を付けたいのが病院や銀行がお休みという点です。この2つがお休みだとしても「できること」と「できないこと」があります。連休中に困らないためにも確認しておきましょう。


ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

今年は空前の10連休のゴールデンウィークですが、その後ストレスが原因で“五月病”になることがあります。これは、辛いばかりでなく、うつ病などの心の病になる危険性もありますので、早めの対処が必要です。そこで、セロトニン神経を強くしてストセロトニン神経を強くしてストレスに強くなる方法をご紹介します。


肩、背中、腰まわりに効く! イスヨガ簡単リフレッシュ3

肩、背中、腰まわりに効く! イスヨガ簡単リフレッシュ3

毎日のデスクワークで気づいたら身体がバキバキ……! 慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている働き女子も多いのではないでしょうか?そんなお疲れのあなたに、イスがひとつあれば簡単にできる「イスヨガ」をヨガ&ボディメイクインストラクターのReiが紹介! 肩、背中、腰まわりの巡りを良くし、凝りや疲れを解消して。


RANKING


>>総合人気ランキング