ノーマル正常位が痛い女性必見!正常位に一工夫した体位とは…?|真っ赤な濡れオンナ#33

ノーマル正常位が痛い女性必見!正常位に一工夫した体位とは…?|真っ赤な濡れオンナ#33

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第33回目は、正常位に一工夫した対位について考えます。


「いつもと違う感覚……何これ?」

正常位をしたいけれど……。

足を開いた状態の正常位に痛みを感じる女性は、いませんか?実は、私自身、正常位が元々好きではありませんでした。むしろ痛い印象の方が強いため、避けていた体位だったのです。

しかし、男性は女性の喘いでいる姿が視覚的に確認できるので、正常位が好きという場合が多いです。女性が痛みを感じているにも関わらず、相手は興奮している状態。これが長く続くのは、女性にとってとても負担ですよね。

そこで、同じ正常位でも角度を変えたり、足の開き方を変えたりするだけで気持ちよくなる方法を発見したので、ご紹介したいと思います。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

足を開いて痛いなら?

正常位というと、一般的には足をカエルのように開いて挿入するのがイメージできると思います。または、女性が足を腰までグッとあげる体勢。足を大きく開いて挿入するのは、男性器が深く入るので挿入感は強いですが、逆にその挿入感が痛みになることがあります(特に、男性器が平均より大きい男性の場合)。

そこで、足を上に上げるのではなく、逆に下ろしてピンッと両足を伸ばしてみてください。男性は、女性の上でピストン運動をし、通常の正常位と変わりありません。これは私の体験ですが、足を開いていた時より、足を下ろした時の方が深く挿入し過ぎるのを防ぐことができて、程よい快楽に変えることができたのです。

ここでのポイントは、男性が女性と直角の状態でピストン運動をするのではなく、体と体を重ねてやや体重をかけるようにすること。そう、完全に密着する体勢に変更することで、挿入の圧迫感をかなり減らすことができます。

枕を腰の下に入れるのもあり

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それでも痛い場合は、腰の高さに問題があると思います。女性の挿入口は大きく分けて3つ(フロント・サイド・バック)ですが、特に後ろ(バック)の女性は正常位をするときに、接合しにくいです。そんな時に役に立つのは、枕。腰の下に枕を入れて、腰から恥骨にかけて高さを出しましょう。

下がっていた腰の位置が上に持ち上がり、クリトリスが前に押し出される形になります。角度を調節して痛みが和らぐのと同時に、男性器とクリトリスが擦れ合って感度も増すと思います。

SEXの最中に「痛い」と正直に言うのは、なかなか勇気のいることです。しかし、ずっと我慢しているとだんだんその時間が「苦痛」に変化してしまいます。言葉で言えない場合は、「ねえ、こうしてみようよ」と提案型で取り入れてみるとムードを壊すことなく、緩和されると思います。

正常位は王道パターンなので、ぜひ攻略していただきたいと思います!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第96回目は、ルールや習慣に捉われない生き方について考えます。


最新の投稿


【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

蒸し暑い季節は、まるで太陽に元気が吸い取られているかのように、体力を使います。少し歩くだけもヘトヘトに……。そんなお疲れな働き女子を救済するため、簡単に作れて栄養満点のレシピをご紹介! しっかり食べて、夏を乗り切りましょう!


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


RANKING


>>総合人気ランキング