経験人数は多くないと上手にならないの?それとも…。|真っ赤な濡れオンナ#48

経験人数は多くないと上手にならないの?それとも…。|真っ赤な濡れオンナ#48

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第48回目は、ペンネームまりなさんのリクエスト、「経験人数が少なくて…」というご質問の回答です。


「わたし、そんなに経験豊富じゃない……」

 

◆性のお悩み相談内容◆

「おそらく紫深さんは、経験人数が豊富なんだろうな〜と思いながらいつもコラムを読んでいます。わたしは、恋愛ベタで経験人数が少ないのですが、やっぱり経験人数はセックスが上手になるために必要ですか?」(ペンネーム・まりなさん)

初めまして、まりなさん。質問ありがとうございます!なるほど、興味深い内容ですね。文章だけだと私の実態が伝わりにくいのか、「経験人数が豊富そう」という印象をお持ちなのが面白い解釈だと思います。

なぜなら、私は決して経験人数が多いわけではありませんし、恋愛に関してもすごく小さなことで悩んでしまうタイプです。たくさん悩んだからこそ、どうしたらうまく切り抜けられるのか?と考えるようになった。というところでしょうか。

そこで、今回の質問である「経験人数が少なくてもセックスが上手になるか」ということについて考えていきましょう。

量より質。一人のセックスを大切に

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

先に結論からお話しすると、「経験人数=セックスの技量」ではないと私は思います。なぜなら、量をこなしても、心の底から相手と向き合っていなければセックスの技量は上がらないからです。

セックスは機械やゲーム、確率の問題ではありません。この連載の中にもよく出てくる、「テクニック」は一つの刺激として取り入れてみてはいかがですか?という提案であり、本質的に伝えたいことではないのです。

私が、カップル間のセックスでもっとも大切だと思うこと。それは、どれだけ相手と通じ合えるかです。例えば、セックスが終わった後にすぐに就寝するのではなく、ピロートークを充実させることも一つの方法。または、チャレンジしてみたい大人のオモチャがあるならば一緒に買いに行ったり通販で選んだりすることも一つの方法です。

つまり、パートナーとセックスに対して前向きに接しているか?が鍵になります。

人の身体は少しずつオープンになる

付き合い始めのカップルが、セックスの相性で悩むことがよくありますが、悩んで当然だと私は思います。セックスは人それぞれ性感帯も違いますし、アダルトビデオを真似して女性に接しても気持ちよくない。つまり、見たり聞いたりしたマニュアルセックスでは愛が伝わらないのは当たり前のことです。

私がこうして「性」に対して真剣に考えるようになったのは、男女にとってセックスの話題をオープンにできるかできないかで大きく絆が深まるということを発見したから。自分の身体、相手の身体と向き合うのは怖いものですが、少しずつ本音で話せるようになると感度も上がりお互いに満足できる時間になると思います。

参考になれば幸いです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、契約社員から正社員になる相談を受けた人のお話です。


「既婚女子からの“余り物”発言に腹が立って…」#これってハラスメントですか?!

「既婚女子からの“余り物”発言に腹が立って…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、既婚女子からのマリハラについてです。


「笑顔のおかげで、あなたの人生はより美しくなる」ウーマンダイアローグ #32

「笑顔のおかげで、あなたの人生はより美しくなる」ウーマンダイアローグ #32

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、お笑い芸人のあやちんさん。高校生から芸人の道を進み、テレビ、ライブ、YouTubeと幅広く活動をされています。売れるための努力やポジティブ思考の重要性についても語っていただきました。


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング