男性が思わず心の中でガッツポーズをする、女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#36

男性が思わず心の中でガッツポーズをする、女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#36

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第36回目は、男性が抱きたくなる女性の特徴についてです。


「俺の前では、乱れてもいいんだよ?」

“抱きたいオンナ”は、存在する

本気のパートナー選びは、男性もシビアなもの。

誰とでも寝る女性を彼女にしたいとは、思わないことでしょう。そこで、デート中や良い感じのムードになった時、そしてセックスの最中に女性から言われて「本命」に成り上がる瞬間について、少々リサーチしてまいりました。

男性が、心の中で思わずガッツポーズをしてしまうような、女性の行動や発言をご紹介します。

「わたし、彼氏ずっといなくて」

「どれくらい彼氏いないの?」「今まで付き合った人数は?」という質問に対して、どんな回答をしていますか?これから仲良くなる段階では、過去の恋愛話について聞かれることも多いと思いますが、全てを正直に打ち明けることが正しい時とそうでない時がある、と私は思います。

これから真面目にお付き合いがしたいと思っている相手に対して、嘘をつきたくないと思う方もいるかもしれませんが、一から十まで全てを打ち明けることは知らぬ間に相手を傷つける時もあるということを、ぜひ頭の片隅に記憶しておきましょう。相手との繋がりや状況にもよると思うので、一概には言えませんが、もし自分が相手より経験人数が多そうだった場合。

私なら、数を少なめに言いますし、一定の彼氏がいない期間を話すと思います。それは、男性の「女性は純粋であってほしい」という願いを叶えるためです。次から次に彼氏を乗り換えている女性より、数年彼氏がいない。そんな女性の方が、男性は本命彼女としてあなたをみてくれることでしょう。

「痛いっ……久しぶりなの」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして、これは実際に男性から聞いた裏秘話ですが、好きな女性と初めての夜を過ごす時に言われると嬉しいフレーズがあるそうです。それは、「痛い」という言葉。

正直、女性側からすると久しぶりのセックスで「痛い」と感じるあの状況では可愛くセクシーにいたいけれど、そんな余裕すら作れないのが本音だと思います。しかし、男性にとって「痛い」というフレーズは、それだけセックスをしていなかったという証拠です。

そして、自分の男性器が相手にとって、少なくとも物足りない小ささではないという目安にもなります。「あ、この子本当にしてないんだな」と、心の中でほころんでいるかもしれません。

経験値は男性優位がベスト

世の中には、様々な男女の関係がありますが、この身体の関係に対しては、女性より男性の方が経験豊富である印象を与えることが、男性の自信に繋がることが多いです。

男女で圧倒的な経験値の差がある場合、男性がM気質で「私が教えてあげる」タイプが好きなパターンは別ですが、萎縮してしまうのが正直な男心。

ちょっとぎこちない方が、男性は喜ぶのかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第96回目は、ルールや習慣に捉われない生き方について考えます。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


最新の投稿


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング