男性が思わず心の中でガッツポーズをする、女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#36

男性が思わず心の中でガッツポーズをする、女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#36

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第36回目は、男性が抱きたくなる女性の特徴についてです。


「俺の前では、乱れてもいいんだよ?」

“抱きたいオンナ”は、存在する

本気のパートナー選びは、男性もシビアなもの。

誰とでも寝る女性を彼女にしたいとは、思わないことでしょう。そこで、デート中や良い感じのムードになった時、そしてセックスの最中に女性から言われて「本命」に成り上がる瞬間について、少々リサーチしてまいりました。

男性が、心の中で思わずガッツポーズをしてしまうような、女性の行動や発言をご紹介します。

「わたし、彼氏ずっといなくて」

「どれくらい彼氏いないの?」「今まで付き合った人数は?」という質問に対して、どんな回答をしていますか?これから仲良くなる段階では、過去の恋愛話について聞かれることも多いと思いますが、全てを正直に打ち明けることが正しい時とそうでない時がある、と私は思います。

これから真面目にお付き合いがしたいと思っている相手に対して、嘘をつきたくないと思う方もいるかもしれませんが、一から十まで全てを打ち明けることは知らぬ間に相手を傷つける時もあるということを、ぜひ頭の片隅に記憶しておきましょう。相手との繋がりや状況にもよると思うので、一概には言えませんが、もし自分が相手より経験人数が多そうだった場合。

私なら、数を少なめに言いますし、一定の彼氏がいない期間を話すと思います。それは、男性の「女性は純粋であってほしい」という願いを叶えるためです。次から次に彼氏を乗り換えている女性より、数年彼氏がいない。そんな女性の方が、男性は本命彼女としてあなたをみてくれることでしょう。

「痛いっ……久しぶりなの」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして、これは実際に男性から聞いた裏秘話ですが、好きな女性と初めての夜を過ごす時に言われると嬉しいフレーズがあるそうです。それは、「痛い」という言葉。

正直、女性側からすると久しぶりのセックスで「痛い」と感じるあの状況では可愛くセクシーにいたいけれど、そんな余裕すら作れないのが本音だと思います。しかし、男性にとって「痛い」というフレーズは、それだけセックスをしていなかったという証拠です。

そして、自分の男性器が相手にとって、少なくとも物足りない小ささではないという目安にもなります。「あ、この子本当にしてないんだな」と、心の中でほころんでいるかもしれません。

経験値は男性優位がベスト

世の中には、様々な男女の関係がありますが、この身体の関係に対しては、女性より男性の方が経験豊富である印象を与えることが、男性の自信に繋がることが多いです。

男女で圧倒的な経験値の差がある場合、男性がM気質で「私が教えてあげる」タイプが好きなパターンは別ですが、萎縮してしまうのが正直な男心。

ちょっとぎこちない方が、男性は喜ぶのかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第101回目は、ペンネームMAKOさんから頂いたリクエスト「焦らしテク」についてです。


良い人がいない?出会いがない? うまくいかずに“恋活バテ”してしまう理由

良い人がいない?出会いがない? うまくいかずに“恋活バテ”してしまう理由

新しい出会いを求め、恋活を始めたのは良いものの、だんだん面倒になったり、疲れてきたり。もう恋愛が面倒くさい……なんて“恋活バテ”し始めたそこのあなた! なぜあなたが恋活バテしてしまうのか? そしてその打開策とは!? 恋愛メンタリストが詳しく解説。これを機に恋活バテから卒業しましょう。


「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは動画クリエイターのchii hairさん。家族の転勤で引越しが多いなか“どこからでも仕事ができる”というメリットに惹かれ、セルフヘアアレンジメントの動画を作成することを決めたそうです。


「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、育児コンシェルジュの坂本ひろみさん。発達心理を学んだ経験を活かして知育に特化した託児サービスを展開されています。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


最新の投稿


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング