男性が思わず心の中でガッツポーズをする、女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#36

男性が思わず心の中でガッツポーズをする、女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#36

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第36回目は、男性が抱きたくなる女性の特徴についてです。


「俺の前では、乱れてもいいんだよ?」

“抱きたいオンナ”は、存在する

本気のパートナー選びは、男性もシビアなもの。

誰とでも寝る女性を彼女にしたいとは、思わないことでしょう。そこで、デート中や良い感じのムードになった時、そしてセックスの最中に女性から言われて「本命」に成り上がる瞬間について、少々リサーチしてまいりました。

男性が、心の中で思わずガッツポーズをしてしまうような、女性の行動や発言をご紹介します。

「わたし、彼氏ずっといなくて」

「どれくらい彼氏いないの?」「今まで付き合った人数は?」という質問に対して、どんな回答をしていますか?これから仲良くなる段階では、過去の恋愛話について聞かれることも多いと思いますが、全てを正直に打ち明けることが正しい時とそうでない時がある、と私は思います。

これから真面目にお付き合いがしたいと思っている相手に対して、嘘をつきたくないと思う方もいるかもしれませんが、一から十まで全てを打ち明けることは知らぬ間に相手を傷つける時もあるということを、ぜひ頭の片隅に記憶しておきましょう。相手との繋がりや状況にもよると思うので、一概には言えませんが、もし自分が相手より経験人数が多そうだった場合。

私なら、数を少なめに言いますし、一定の彼氏がいない期間を話すと思います。それは、男性の「女性は純粋であってほしい」という願いを叶えるためです。次から次に彼氏を乗り換えている女性より、数年彼氏がいない。そんな女性の方が、男性は本命彼女としてあなたをみてくれることでしょう。

「痛いっ……久しぶりなの」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして、これは実際に男性から聞いた裏秘話ですが、好きな女性と初めての夜を過ごす時に言われると嬉しいフレーズがあるそうです。それは、「痛い」という言葉。

正直、女性側からすると久しぶりのセックスで「痛い」と感じるあの状況では可愛くセクシーにいたいけれど、そんな余裕すら作れないのが本音だと思います。しかし、男性にとって「痛い」というフレーズは、それだけセックスをしていなかったという証拠です。

そして、自分の男性器が相手にとって、少なくとも物足りない小ささではないという目安にもなります。「あ、この子本当にしてないんだな」と、心の中でほころんでいるかもしれません。

経験値は男性優位がベスト

世の中には、様々な男女の関係がありますが、この身体の関係に対しては、女性より男性の方が経験豊富である印象を与えることが、男性の自信に繋がることが多いです。

男女で圧倒的な経験値の差がある場合、男性がM気質で「私が教えてあげる」タイプが好きなパターンは別ですが、萎縮してしまうのが正直な男心。

ちょっとぎこちない方が、男性は喜ぶのかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2
下記フォームから、あなたのお悩みを相談することができます。
相談フォーム

この記事のライター

繊細な女性向けSEXコラムを執筆する官能エッセイストです。女性がより恋愛を楽しめるようになるために——。

関連する投稿


同業種の恋愛で気をつけたい! 公私混同しないパートナー作りのコツ2つ|MY WORK ヒント#62

同業種の恋愛で気をつけたい! 公私混同しないパートナー作りのコツ2つ|MY WORK ヒント#62

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第62回目は、同業種での恋愛について考えます。


「旅の過程にこそ価値がある」 ウーマンダイアローグ#8

「旅の過程にこそ価値がある」 ウーマンダイアローグ#8

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、写真家の葛西亜理沙(かさいありさ)さん。活躍の場をどんどん広めていらっしゃる葛西さんですが、その秘訣は「出会い」だそうです♡


セクシーだけが武器じゃない。男が硬くなる「母性」を育てよう|真っ赤な濡れオンナ#66

セクシーだけが武器じゃない。男が硬くなる「母性」を育てよう|真っ赤な濡れオンナ#66

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第66回目は、色気以外を武器にする方法です。


【連載】真っ赤な濡れオンナ3

【連載】真っ赤な濡れオンナ3

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。連載ページ3ページ目に突入です。


仕事復帰が楽になる方法は、キャリアを「見える化」しておくこと|MY WORK ヒント#61

仕事復帰が楽になる方法は、キャリアを「見える化」しておくこと|MY WORK ヒント#61

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第61回目は、女性が仕事に復帰しやすくなる方法について考えます。


最新の投稿


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯11

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯11

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第11回目は、「シャネルファッションの確立」について。


鍛えるべき目利き力!「奮発して購入したのに似合わない」を無くす試着室での確認ポイント

鍛えるべき目利き力!「奮発して購入したのに似合わない」を無くす試着室での確認ポイント

買い物に出かけた時、一目惚れに近いような衝撃を受けたから購入したにも関わらず、実際に着てみると想像していたイメージと違ってガッカリ……。な経験はありませんか? 今回は目利き力を鍛えるために、試着室で見るべきポイントをトップスとボトムスに分けてお教えします。


香りに包まれ磨かれる女子力。内側から発せられる魅力引き出す香りアイテム3つ

香りに包まれ磨かれる女子力。内側から発せられる魅力引き出す香りアイテム3つ

もう来月にはクリスマスがやってきます。大切なイベントに備えて、今からできる準備として、女子力をアップさせておきたいですよね。パートナーがいない方も、今から頑張れば、素敵な出会いが訪れるかも?! 今回は内側から女子力を引き上げてくれるような贅沢な香りを3つをご紹介します。


【ワンフレーズ英会話 vol.1 】「これ落としましたよ」を英語で伝えてみる

【ワンフレーズ英会話 vol.1 】「これ落としましたよ」を英語で伝えてみる

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキングホリデーのKOTAROがお届け。今回は、「これ落としましたよ」を、伝えたいときに使えるフレーズです。


イイ人って言われるけど…それって都合のイイ人?自分の存在意義を見直す。

イイ人って言われるけど…それって都合のイイ人?自分の存在意義を見直す。

『あなたって本当にいい人!』一見、褒め言葉のようですがその実、言われたほうは何だか釈然としない。『ねぇ、それってアナタにとっての“都合のいい人”?』.......なんていう、はてなマークが浮かんだらアナタの変わりどき!


RANKING


>>総合人気ランキング