人間関係

先輩、上司、同性など、人間関係に関する記事を紹介しています。


人間関係の記事一覧

覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

友達や知人からやってきた乗り気でないお誘い、仕事の急な依頼、興味のない人からのアプローチ。私たちには時にこうした、即イエス!とは言い難い場面に遭遇します。うまく乗り切れれば良いのですが不器用な方だと、ちょっとした言い回しや断り方で余計に相手との関係に亀裂が生じることも……。


憧れます…!厳しくても部下・後輩がついてくる女上司はココが違う

憧れます…!厳しくても部下・後輩がついてくる女上司はココが違う

とうとう役職を持った!リーダーを任された!…だけど人をまとめていくってどういうこと?いまいちピンと来ない方に知って欲しいリーダーシップ性について御紹介。


何が原因なの? アンチが生まれる理由・人が誰かを批判したくなるワケ

何が原因なの? アンチが生まれる理由・人が誰かを批判したくなるワケ

インターネット上で度々起きる炎上。最近では芸能人やインフルエンサーなどの影響力がある人はもちろん、SNSを使い始めてばかりの人でさえ一つ間違えば批判の的になってしまう可能性が…。人が批判的になったり、アンチになってしまうのはどのような心理が働いているのでしょうか。


女性営業はうまくかわすスキルを身につけないといけない? #これってハラスメントですか?

女性営業はうまくかわすスキルを身につけないといけない? #これってハラスメントですか?

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は先輩からこんな助言を受けた人のお話。


引っ込み思案を直したい! 自分のことを話すのが苦手な人の心理と克服方法

引っ込み思案を直したい! 自分のことを話すのが苦手な人の心理と克服方法

「うまく自分の気持ちを伝えられない……」仕事でもプライベートでも、自分の想いを伝える場面は誰しもがあるはずです。それがうまく出来ない人は意外に多いもの。そこで今回はそんな人の心理と克服方法について紹介。素直に自分のことを話して、モヤモヤを吹き飛ばしましょう。


積極的に使いたい! 聞き上手になる「肯定・興味・共感」を表す相槌フレーズ

積極的に使いたい! 聞き上手になる「肯定・興味・共感」を表す相槌フレーズ

会話上手の特徴として挙げられることも多い「聞き上手」ですが、実は簡単に見える相槌にも種類があることはご存知でしょうか。今回は聞き上手になるための相槌フレーズを紹介します。


嫌われる勇気も度が過ぎるとホントに嫌われる…!正しい発言力を身につけよう

嫌われる勇気も度が過ぎるとホントに嫌われる…!正しい発言力を身につけよう

嫌われ覚悟で発言しても、実際に嫌われてしまったら、やっぱり手痛いもの。自分の意見を正しく伝わる発言力を身につけるには?


「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

会議に参加したものの、発言するのが苦手で何も意見が言えなかったという人も多いのではないでしょうか? けれど会議では積極的に発言した人が目立ち、次々に責任感のあるプロジェクトを任されていきます。せっかく考えがあるなら言葉にしないと損。今回は苦手な要因別に、自己発言が出来るようになるコツをご紹介します。


【診断チェック付き】あなたはどのタイプ? タイプ別コミュニケーション法

【診断チェック付き】あなたはどのタイプ? タイプ別コミュニケーション法

皆さんは対話する相手によってコミュニケーションを変えていますか? 実は、万人に通用するコミュニケーションを見つけるのは難しいもの。ソーシャルスタイル理論をもとに作られた『タイプ別コミュニケーション法』を取り入れて、人それぞれのコミュニケーションを取っていきましょう。


「強いタイピング音や威圧的な態度が気になります…」#これってハラスメントですか?!

「強いタイピング音や威圧的な態度が気になります…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は隣の席の人の騒音に悩まされるケースです。


「休職が終了したら解雇すると言われました」#これってハラスメントですか?!

「休職が終了したら解雇すると言われました」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は管理職を押し付けられ、休職をしたら解雇されたケースです。


汚い言葉づかいを直したい! 美しい表現や言葉づかいを習得する方法

汚い言葉づかいを直したい! 美しい表現や言葉づかいを習得する方法

言葉づかいは人を印象付ける大きな材料になります。ついその時代に合わせて作られた造語や、フランクな言葉を選びたくなる気持ちもわかりますが、年齢を重ねるにつれ正しい言葉遣いがいかに重要になるかがわかってくるはず。今回は、美しい表現や言葉遣いを習得する方法について学んでいきましょう。


「クレーム電話での執拗な暴言に悩んでいます」#これってハラスメントですか?!

「クレーム電話での執拗な暴言に悩んでいます」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回はコールセンターに務める女性からの相談です。


下ネタ発言連発のおじさんにイラッ。上手なセクハラ回避方法って?

下ネタ発言連発のおじさんにイラッ。上手なセクハラ回避方法って?

「それ、セクハラなんですけど……」 私たち、働く女性に不快感を与えてくるセクハラおじさんはどこに行っても存在します。そんなおじさんたちがセクハラを回避するために覚えた技が「あれ? これってセクハラかなあ?」という一言。自覚がなければOK? そんなことありません。セクハラを上手に回避する方法について考えましょう。


【上司のトリセツ】仕事での性格を4つに分けて円滑なコミュニケーションを

【上司のトリセツ】仕事での性格を4つに分けて円滑なコミュニケーションを

人は自分と似たタイプの人を「話しやすい」と認識し、自分と違う思考や行動をするタイプの人を「苦手」だと判断しがちです。けれど、仕事では「どんな人にでも対応できること」が求められます。相手の思考パターンを知って、それぞれにあった対処法を準備しておきましょう。


「プロジェクトを降りないとSNSで言いふらす」#これってハラスメントですか?!

「プロジェクトを降りないとSNSで言いふらす」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は同期の恋愛に関するトラブルについてです。


注意の仕方がわからない! 人に指摘する時のルールって一体?

注意の仕方がわからない! 人に指摘する時のルールって一体?

後輩や部下の仕事ぶりを見ていると、時には注意をしなければならない時がやっています。けれど、効果的かつ人間関係を悪くしない「注意の仕方」がわからない…と悩む人も多いですよね。今回は人に注意する時のルールについて考えていきましょう。


建前だらけになってない? 嘘と建前の違い・建前の使い所について

建前だらけになってない? 嘘と建前の違い・建前の使い所について

大人になると、ある程度の建前が身につきますよね。建前を使えば、トラブルも起きにくく、その場を切り抜ける手段にもなり、自分にとって都合のいいこともあるでしょう。ですが、建前だけでこれからのキャリアを築くことができるのでしょうか? 本音と建前をうまく使い分けて自分の望む道を目指しましょう。


職場の雰囲気がよくない、合わない…。改善するにはどうすれば良い?

職場の雰囲気がよくない、合わない…。改善するにはどうすれば良い?

退職理由として挙げられることも多い職場環境。みなさんの職場は「雰囲気が良い」と胸を張って言えますか? 職場の雰囲気が悪いとストレスになるだけではなく仕事の生産性もダウン……。職場の雰囲気を明るく、仕事にも前向きに取り組めるような工夫はないのでしょうか? 考えていきましょう。


「今月休みを取ったら辞めてもらうと言われて…」#これってハラスメントですか?!

「今月休みを取ったら辞めてもらうと言われて…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、体調を崩しやすく休みがちな女性のエピソードです。


RANKING


>>総合人気ランキング