人間関係

先輩、上司、同性など、人間関係に関する記事を紹介しています。


人間関係の記事一覧

「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

会議に参加したものの、発言するのが苦手で何も意見が言えなかったという人も多いのではないでしょうか? けれど会議では積極的に発言した人が目立ち、次々に責任感のあるプロジェクトを任されていきます。せっかく考えがあるなら言葉にしないと損。今回は苦手な要因別に、自己発言が出来るようになるコツをご紹介します。


【診断チェック付き】あなたはどのタイプ? タイプ別コミュニケーション法

【診断チェック付き】あなたはどのタイプ? タイプ別コミュニケーション法

皆さんは対話する相手によってコミュニケーションを変えていますか? 実は、万人に通用するコミュニケーションを見つけるのは難しいもの。ソーシャルスタイル理論をもとに作られた『タイプ別コミュニケーション法』を取り入れて、人それぞれのコミュニケーションを取っていきましょう。


「強いタイピング音や威圧的な態度が気になります…」#これってハラスメントですか?!

「強いタイピング音や威圧的な態度が気になります…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は隣の席の人の騒音に悩まされるケースです。


「休職が終了したら解雇すると言われました」#これってハラスメントですか?!

「休職が終了したら解雇すると言われました」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は管理職を押し付けられ、休職をしたら解雇されたケースです。


汚い言葉づかいを直したい! 美しい表現や言葉づかいを習得する方法

汚い言葉づかいを直したい! 美しい表現や言葉づかいを習得する方法

言葉づかいは人を印象付ける大きな材料になります。ついその時代に合わせて作られた造語や、フランクな言葉を選びたくなる気持ちもわかりますが、年齢を重ねるにつれ正しい言葉遣いがいかに重要になるかがわかってくるはず。今回は、美しい表現や言葉遣いを習得する方法について学んでいきましょう。


「クレーム電話での執拗な暴言に悩んでいます」#これってハラスメントですか?!

「クレーム電話での執拗な暴言に悩んでいます」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回はコールセンターに務める女性からの相談です。


下ネタ発言連発のおじさんにイラッ。上手なセクハラ回避方法って?

下ネタ発言連発のおじさんにイラッ。上手なセクハラ回避方法って?

「それ、セクハラなんですけど……」 私たち、働く女性に不快感を与えてくるセクハラおじさんはどこに行っても存在します。そんなおじさんたちがセクハラを回避するために覚えた技が「あれ? これってセクハラかなあ?」という一言。自覚がなければOK? そんなことありません。セクハラを上手に回避する方法について考えましょう。


【上司のトリセツ】仕事での性格を4つに分けて円滑なコミュニケーションを

【上司のトリセツ】仕事での性格を4つに分けて円滑なコミュニケーションを

人は自分と似たタイプの人を「話しやすい」と認識し、自分と違う思考や行動をするタイプの人を「苦手」だと判断しがちです。けれど、仕事では「どんな人にでも対応できること」が求められます。相手の思考パターンを知って、それぞれにあった対処法を準備しておきましょう。


「プロジェクトを降りないとSNSで言いふらす」#これってハラスメントですか?!

「プロジェクトを降りないとSNSで言いふらす」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は同期の恋愛に関するトラブルについてです。


注意の仕方がわからない! 人に指摘する時のルールって一体?

注意の仕方がわからない! 人に指摘する時のルールって一体?

後輩や部下の仕事ぶりを見ていると、時には注意をしなければならない時がやっています。けれど、効果的かつ人間関係を悪くしない「注意の仕方」がわからない…と悩む人も多いですよね。今回は人に注意する時のルールについて考えていきましょう。


建前だらけになってない? 嘘と建前の違い・建前の使い所について

建前だらけになってない? 嘘と建前の違い・建前の使い所について

大人になると、ある程度の建前が身につきますよね。建前を使えば、トラブルも起きにくく、その場を切り抜ける手段にもなり、自分にとって都合のいいこともあるでしょう。ですが、建前だけでこれからのキャリアを築くことができるのでしょうか? 本音と建前をうまく使い分けて自分の望む道を目指しましょう。


職場の雰囲気がよくない、合わない…。改善するにはどうすれば良い?

職場の雰囲気がよくない、合わない…。改善するにはどうすれば良い?

退職理由として挙げられることも多い職場環境。みなさんの職場は「雰囲気が良い」と胸を張って言えますか? 職場の雰囲気が悪いとストレスになるだけではなく仕事の生産性もダウン……。職場の雰囲気を明るく、仕事にも前向きに取り組めるような工夫はないのでしょうか? 考えていきましょう。


「今月休みを取ったら辞めてもらうと言われて…」#これってハラスメントですか?!

「今月休みを取ったら辞めてもらうと言われて…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、体調を崩しやすく休みがちな女性のエピソードです。


あなたの信頼残高は、いくら残っていますか? #話題書籍に学ぶ

あなたの信頼残高は、いくら残っていますか? #話題書籍に学ぶ

自己啓発書の世界的ベストセラー『7つの習慣』から、あなたが人に信頼されるために心がけたい、いくつかの方法をお伝えしていきます。


【モヤっとエピソード募集中】これってハラスメントですか?!

【モヤっとエピソード募集中】これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。皆さんのエピソードを募集しています。


「取引先の人からホテルに誘われました…」#これってハラスメントですか?!

「取引先の人からホテルに誘われました…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は取引先とのトラブルについてです。


「こだわり」だと思っていたら頑固扱い⁉︎ こだわりの境界線って一体どこ?

「こだわり」だと思っていたら頑固扱い⁉︎ こだわりの境界線って一体どこ?

自分にとってこだわりだと思っていたこと。実はそれが周りにとっては「細かい」や「頑固」といったネガティブな目線で見られることもときにはある。だからといって仕事に手を抜くことは正解なのか。今回は、こだわりが頑固に見られる境界線と対処法についてご紹介します。


悪口を言われていることに気づいてしまった時…「気にしない」を作るコツは?

悪口を言われていることに気づいてしまった時…「気にしない」を作るコツは?

最近、大人のいじめが話題になるなどして職場での人間関係が注目されるようになりました。その中でももっとも行われやすいのが「悪口」や「陰口」です。もし同僚や先輩が自分の悪口を言っているのを聞いてしまったら、あなたはどうしますか? 今回は悪口をいう人の特徴と気にせず過ごすメンタルの作り方を紹介。


「忘年会の出し物でアイドルダンス強制をされて…」#これってハラスメントですか?!

「忘年会の出し物でアイドルダンス強制をされて…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は忘年会の出し物を強制されたというエピソードです。


3人に1人が被害者?キャリアアドバイザーと考える「パワハラの乗り越え方」前編

3人に1人が被害者?キャリアアドバイザーと考える「パワハラの乗り越え方」前編

今やなんと、働く人の3人に1人がパワハラ被害を受けたと感じたことがある時代なのだそう。指導とパワハラへの境界線は日々曖昧になっていて、声をあげたくてもあげられない人、過剰に反応してしまう人など様々です。今回は、キャリアアドバイザーとともに「職場でのパワハラの乗り越え方」について考えていきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング