セクハラに関する記事


どんどん距離感が近くなるクライアント、思い切って切るべき?#これってハラスメントですか?!

どんどん距離感が近くなるクライアント、思い切って切るべき?#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回はクライアントとの打ち合わせで困っているフリーランスの女性からです。


噂好きの先輩に「あの子お前のことが好きだよ」と言われています#これってハラスメントですか?!

噂好きの先輩に「あの子お前のことが好きだよ」と言われています#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は噂好きの先輩のせいで困っている女性からの相談です。


「女性はすぐにセクハラ扱いする」と言ってくる上司がウザい #これってハラスメントですか?!

「女性はすぐにセクハラ扱いする」と言ってくる上司がウザい #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は「最近はすぐにセクハラ扱いされるから…」とアピールしてくるようになった上司の話です。


女性営業はうまくかわすスキルを身につけないといけない? #これってハラスメントですか?

女性営業はうまくかわすスキルを身につけないといけない? #これってハラスメントですか?

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は先輩からこんな助言を受けた人のお話。


SNSにアップした写真から身バレ?! 個人情報流出を防ぐ写真の撮り方

SNSにアップした写真から身バレ?! 個人情報流出を防ぐ写真の撮り方

SNSで写真を投稿する機会も多い今。個人情報漏えいのリスクについてはしっかりと理解しておきたいところ。1枚の写真から「まさかそこまでわかる人がいるの?!」と驚くほどに情報が映り込んでいるものです。身バレやプライベートを守るため、撮影時に気を付けるべきポイントについて紹介します。


下ネタ発言連発のおじさんにイラッ。上手なセクハラ回避方法って?

下ネタ発言連発のおじさんにイラッ。上手なセクハラ回避方法って?

「それ、セクハラなんですけど……」 私たち、働く女性に不快感を与えてくるセクハラおじさんはどこに行っても存在します。そんなおじさんたちがセクハラを回避するために覚えた技が「あれ? これってセクハラかなあ?」という一言。自覚がなければOK? そんなことありません。セクハラを上手に回避する方法について考えましょう。


パワハラ加害者にならない。キャリアドバイザーと考える「パワハラの乗り越え方」後編

パワハラ加害者にならない。キャリアドバイザーと考える「パワハラの乗り越え方」後編

職場でのハラスメントが話題になることの多い最近ですが、部下を指導している“だけ”のつもりが、パワハラ認定されてしまってしまった……なんてこともありえなくはない話です。自分がパワハラの加害者となってしまわないよう、指導とパワハラの線引きをしっかりと認識しておきましょう。


新手の迷惑行為「AirDrop(エアドロップ)痴漢」 を事前に防ぐ対策術

新手の迷惑行為「AirDrop(エアドロップ)痴漢」 を事前に防ぐ対策術

最近多発している迷惑行為「AirDrop(エアドロップ)痴漢」 というものをご存知でしょうか? 知らない人から一方的に送られてくる悪質な画像……。その手口は一体どんなものなのか? どうすれば被害に合わずに済むのか。詳しい対策や設定方法をご紹介します。


「私がセクハラの加害者…?」 女性が気を付けるべき発言・行動とは

「私がセクハラの加害者…?」 女性が気を付けるべき発言・行動とは

セクハラ・パワハラに頭を悩ませている女性が多いのも事実ですが、女性も男性と同じくして、なんでも発言しても大丈夫というわけではありません。男性に対しての"逆セクハラ"も実は横行しているのが事実。場合によっては、必要な措置が取られることもあるので注意を!


セクハラ、痴漢、性的暴行に苦しむ女性たちの声が集まった #Me too(私も)

セクハラ、痴漢、性的暴行に苦しむ女性たちの声が集まった #Me too(私も)

免罪が取り上げられることが増えた昨今も、実際はなくなっていないのが女性を標的とした性的いやがらせ。Twitterで話題となったタグ『#Metoo』を見て。被害にあった、女性たちの声は鳴りやまない。


RANKING


>>総合人気ランキング