睡眠に関する記事


眠り始め「3時間」に深い睡眠をとるべし! 自分に合った枕を選ぶポイント

眠り始め「3時間」に深い睡眠をとるべし! 自分に合った枕を選ぶポイント

睡眠の質を向上させるには枕も大事。でも、どれが自分に合うものなのか分からず、悩んでいるという人も多いのではないでしょうか? 実はいくつかのポイントを覚えておけば、自分に合う枕選びができるようになります。どんなポイントなのかチェックしていきましょう。


飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

「寝つきが悪い」「夜中に目が覚めてしまう」「寝ているはずなのに疲れがとれない」…筆者は仕事柄いろんな方のお悩みをお聞きしますが、睡眠に関してこのようなお悩みを抱えている方がとても多くいらっしゃいます。 そこで今回は、薬膳の目線で質のいい睡眠のために取り入れてほしい習慣を3つご紹介します。


これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

急に変わった生活様式に体がついていけず、ずっと体がダルい・重いなどのどんよりした気分が続いていませんか? それはもしかしたら睡眠の質が落ちている証拠かもしれません。そこで今回は、就寝時に意識しておきたい4つのことを紹介していきます。


これ、実はおつまみにNGです!安眠したい人が寝る前に食べてはいけない食材

これ、実はおつまみにNGです!安眠したい人が寝る前に食べてはいけない食材

良質な睡眠を取るために「寝る前に飲んではいけないもの」を以前ご紹介しました。同時に「食べてはいけないものはあるの?」というお問い合わせもありましたので、今回は食べてはいけないものについてもご紹介します。


仕事でミス続きなのは「6時間睡眠」が原因かも!? 睡眠不足の代償って

仕事でミス続きなのは「6時間睡眠」が原因かも!? 睡眠不足の代償って

皆さんは睡眠時間をしっかりとっていますか? 日本人は睡眠負債が溜まっているとよく表現されます。もし、6時間睡眠が続いたのならそれは立派な寝不足。仕事でミスが増えたり、ストレスを感じやすくなったりと色々な不調を引き起こしているかもしれません。今回は睡眠不足が起こすものについて紹介。


寝つきが悪いのは在宅勤務のせい?ずっとお家にいても質の良い睡眠をとるには

寝つきが悪いのは在宅勤務のせい?ずっとお家にいても質の良い睡眠をとるには

在宅勤務をしていると、寝つきが悪くなってしまったり、朝起きようとしてもスッキリ目覚められず勤務時間ギリギリまでベッドの中で過ごしてしまう…と悩んでいる人はいませんか? その原因として大きいのが「運動不足」と「日光浴不足」。お家にいながらこの悩みを解決するためにはどんなことをすれば良いのでしょうか?


眠れないのには理由があった? 寝る前に飲んじゃいけない飲み物は

眠れないのには理由があった? 寝る前に飲んじゃいけない飲み物は

よく、眠れないというお悩みをお伺いしますが、そのすべての原因がストレスというだけではありません。では「他に何に原因があるの?!」と思った方。ぜひ今日から寝る前に飲んでいる飲み物を見直してみて。


毎日7時間以上寝るのは難しい! 忙しい人が睡眠の質を上げるコツ

毎日7時間以上寝るのは難しい! 忙しい人が睡眠の質を上げるコツ

「7時間睡眠が理想」と分かっていても、仕事、家事、育児と忙しく働く女性は睡眠時間を捻出するのが難しいもの。そこで今回は、睡眠時間を変えずとも睡眠の質を上げることに着目。簡単にできる睡眠の質を上げるコツをご紹介します。


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


7時間寝るのは最低ライン?! 働く人ほど睡眠時間を確保しなければならない理由

7時間寝るのは最低ライン?! 働く人ほど睡眠時間を確保しなければならない理由

規則正しい生活を送ることは、健康を維持するための基本。ですが、皆さんは毎日のスケジュールの中から何時間を睡眠にあてていますか? 実は日本人の睡眠時間は世界と比べてもとても短いのです。今回は仕事を頑張る人ほど眠活をするべき理由について紹介します。


眠りは千差万別。 日中のパフォーマンスを上げるための睡眠知識

眠りは千差万別。 日中のパフォーマンスを上げるための睡眠知識

一日の疲れを癒し、翌日の仕事に向け体を整える。ビジネスパーソンにとって欠かせないのが「睡眠」です。ですが、よく寝たのになんだかすっきりしない……。そんな経験はありませんか? 今回は眠りについて考えていきましょう。


頭がよくなりたい人こそ睡眠にこだわりを! 睡眠時間をとるメリット

頭がよくなりたい人こそ睡眠にこだわりを! 睡眠時間をとるメリット

皆さんはしっかりと睡眠を取っていますか? 普段、「仕事が終わらないから」睡眠時間を削っている方は注意が必要かもしれません。今回は睡眠時間をしっかりと確保することのメリットを紹介していきたいと思います。


午後の眠気は正常な証⁉︎ 仕事中に眠気が襲ってきた場合の対処法

午後の眠気は正常な証⁉︎ 仕事中に眠気が襲ってきた場合の対処法

午後、急に眠気が襲ってきてあくびが止まらなくなってしまうことってありますよね。会議もぼーっとしてしまうし、資料作りもままならない。そんな時の対処法貢いて紹介していきます。


【睡眠知識】8時間寝ても眠いorダルさが抜けない人はどうすればいい?

【睡眠知識】8時間寝ても眠いorダルさが抜けない人はどうすればいい?

皆さんは毎朝、スッキリと目覚めることができていますか? 睡眠時間をしっかりとったはずなのに、なぜか起きがけ体がダルい、疲れが取れていない、眠気が一日中取れない…ということがあるのであれば、一度自分の「睡眠」を見直してみてください。


寝る前のスマホ使用に注意! iPhoneの「Night Shift」機能を使用して

寝る前のスマホ使用に注意! iPhoneの「Night Shift」機能を使用して

パソコンやスマホの使いすぎで目が疲れていませんか? ついつい夜寝る前にも触ってしまうスマホですが、電子機器から発せられる強い光は、私たちの目を冴えさせ睡眠不足を引き起こします。今回は、寝る前スマホをやめるのが難しいアナタに「Night Shift」というiPhoneの便利機能を紹介!


首のシワには年齢が出る。正しい枕選びで美容と健康の見直しを

首のシワには年齢が出る。正しい枕選びで美容と健康の見直しを

顔はメイクでごまかせても、首元の首元のシワは隠せない。正しい枕を選ぶことで、健康にも美容にも嬉しい効果が。


なんだか眠れない。眠れない夜をサポートする「バレリアン」とはいったい?

なんだか眠れない。眠れない夜をサポートする「バレリアン」とはいったい?

なんだか眠れない。 最近、そんなお悩みを抱える方も少なくないようです。 しかしその中でも、薬に頼りたくないという考えを持った方からご相談を受けることもしばしば。そこで眠りにオススメなハーブをご紹介します。


質の良い睡眠をとるにはどうすれば良い? 快適な睡眠環境の作りかた

質の良い睡眠をとるにはどうすれば良い? 快適な睡眠環境の作りかた

夏は他の季節よりも睡眠の質が悪いと感じている女性が約9割。寝苦しさからくる睡眠不足をストレスだと感じている人も多いようです。では、どうすれば快適な睡眠をとることができるのか? そのヒントは環境とパジャマにありました。


起き抜けにぐったり。疲れや寒暖差に負けないための良質な睡眠法とは?

起き抜けにぐったり。疲れや寒暖差に負けないための良質な睡眠法とは?

季節の変わり目は疲れやすい。新しいことも始まるから余計に疲れも感じやすいですよね。そんな時こそ、明日への英気を養わなければなりません。 そこでオススメなのが良質な睡眠をとることです。 しっかりと良質な睡眠を心がけて、毎朝元気なわたしをつくりましょう!


深い眠りに誘導するカギは「バスタイム」。眠活エディターオススメアイテム

深い眠りに誘導するカギは「バスタイム」。眠活エディターオススメアイテム

疲れすぎて眠れなかったり、緊張状態が続いて眠りが浅かったり……。私たち現代人を取り巻くストレスは去ることを知らず、生活習慣までを脅かします。睡眠不足は、疲れをより悪化させ、しまいには体調不良までを招くように。今回は、良質な睡眠をとるべく「眠活」実践中のエディターがオススメのアイテムを紹介。


RANKING


>>総合人気ランキング