キャリアアドバイザーに関する記事


急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

環境の変化により、突然会社を辞めなくならなくなってしまったり、転職活動が必要になることもあります。そこで今回は転職活動の基礎となる「履歴書と職務経歴書の書き方」をおさらい。


AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

前回は「AIに代替されにくいスキル」について紹介をしましたが、今回はそれに引き続き、AIはどこまで発展するのか、「シンギュラリティはあるか?」というテーマについて考察していきたいと思います。


長く働くには何が必要? 「AIに代替されにくいスキル」について考える

長く働くには何が必要? 「AIに代替されにくいスキル」について考える

前回、黒字リストラについての記事を紹介しましたが、今回は長く続けられる仕事を見つけるために、「AIに代替されにくいスキル」を紹介します。


黒字なのにリストラ?! 業績に関係なくリストラが起こる理由と回避法

黒字なのにリストラ?! 業績に関係なくリストラが起こる理由と回避法

昨年のリストラによる退職者数は、6年ぶりに1万人を超えました。過去、リーマンショックがおこった際のリストラとの大きな違いは、「企業の業績は好調なのにも関わらずリストラが断行されている」というところです。では、黒字リストラが起こる理由とターゲットになりやすい人の特徴は一体なんなのでしょうか?


フリーランスが身につけておきたい“社会人としてのベース”と“会社員に戻れる素地”

フリーランスが身につけておきたい“社会人としてのベース”と“会社員に戻れる素地”

特性の組織に所属するのではなく、独立してフリーランスで働きたい。そう考える人は多いものです。前回の記事では、フリーランスになることのリスクについてご紹介しましたが、今回の記事では、フリーランスという働き方を選択するために身につけておきたいことについて紹介。


フリーランスのリスクは⁈ 「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察

フリーランスのリスクは⁈ 「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察

組織に縛られず、自分の力で生きていきたい。フリーランスという働き方に憧れる人は多いものです。けれど、そうしてフリーになった人の中には「フリーランスから会社員に戻りたい」と希望される人も多くいらっしゃいます。今回は、キャリアアドバイザーが「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察。フリーランスのリスクを伝えます。


転職活動を始めたら、上司から魅力的な異動を持ちかけられた…。そんなときどうする?

転職活動を始めたら、上司から魅力的な異動を持ちかけられた…。そんなときどうする?

転職を決意した矢先に、会社から魅力的な提案を受けたら皆さんならどうしますか? 今回はキャリアアドバイザーが体験した実話をもとに、「転職活動中に魅力的な異動の辞令が出た場合」の考え方について紹介していきます。


「転職してキャリアアップしたい」という理由は人材担当者にはどう映る?

「転職してキャリアアップしたい」という理由は人材担当者にはどう映る?

転職活動をする際に「キャリアアップしたい」という理由を述べる人がいらっしゃいます。ですが、キャリアアップするとは、実際にどういうことなのでしょうか。今回は、キャリアアドバイザーが「キャリアアップすること」について考えます。


また書類選考でお見送り…。転職活動の第一歩、書類選考でのNG理由を探る

また書類選考でお見送り…。転職活動の第一歩、書類選考でのNG理由を探る

転職活動をはじめると、最初に直面する課題が「履歴書作り」です。この記事では書類選考で落とされてしまうNGな理由と、採用担当者が見ているポイントについて紹介。


求人数が増えるタイミングはいつ? 転職活動を開始するのに良い時期は

求人数が増えるタイミングはいつ? 転職活動を開始するのに良い時期は

転職相談を受けている中で多い質問のひとつに「企業からの求人数が増えるタイミングはいつ頃なのでしょうか?」というものがあります。転職活動を有利に進めるため、少しでも求人数が多い時期に活動したい、と考えている方が多いのでしょう。では転職活動を開始するベストなタイミングは一体いつなのでしょうか?


転職活動前に知っておきたい! 人材紹介会社の種類と基礎知識

転職活動前に知っておきたい! 人材紹介会社の種類と基礎知識

転職を考え始めたら、頭に浮かぶのは「人材紹介会社」です。とは言え、人材紹介会社もたくさんありすぎて、何を選べば良いのかがわからない…と頭を悩ませるもの。今回はキャリアアドバイザーが、人材紹介会社の種類と基礎知識について教えます。


市場価値は年齢によってどう変化する? 20代と30代で求められるスキルの違い

市場価値は年齢によってどう変化する? 20代と30代で求められるスキルの違い

転職をするとなると、自分の年齢とスキルの棚卸しが必要になります。けれど、実際に、20代と30代の転職には何が変わってくるのかを考えたことがありますか? 企業が30代の転職を捉えているか。人材紹介の仕組みを交えながら説明していきます。


キャリアアドバイザーが教える「転職エージェントの賢いえらび方」

キャリアアドバイザーが教える「転職エージェントの賢いえらび方」

転職をしようと思っていても、いざ活動を始めるためにどうすれば良いかわからないという人もいらっしゃることでしょう。転職エージェントに相談をしたい、と思っていても転職業界もビジネスであることに変わりありません。信じられる相手なのか、それとも…と疑ってしまうことも。今回は転職エージェントの選び方について紹介していきます。


多分、大丈夫はキケン。キャリア形成に影響を与える「正常化バイアス」とは

多分、大丈夫はキケン。キャリア形成に影響を与える「正常化バイアス」とは

なんの保証もないのに、なぜか「自分は大丈夫」と思ってしまうこと、ありますよね。これを正常性バイアスと言います。バイアスとは、自分の考えの“偏り”のこと。けれど、キャリア形成をしていく上でのバイアスは厄介なものです。自分だけは大丈夫と思い込むのではなく、自分のキャリアに責任を持てるよう考え方を変えていきましょう。


パワハラ加害者にならない。キャリアドバイザーと考える「パワハラの乗り越え方」後編

パワハラ加害者にならない。キャリアドバイザーと考える「パワハラの乗り越え方」後編

職場でのハラスメントが話題になることの多い最近ですが、部下を指導している“だけ”のつもりが、パワハラ認定されてしまってしまった……なんてこともありえなくはない話です。自分がパワハラの加害者となってしまわないよう、指導とパワハラの線引きをしっかりと認識しておきましょう。


3人に1人が被害者?キャリアアドバイザーと考える「パワハラの乗り越え方」前編

3人に1人が被害者?キャリアアドバイザーと考える「パワハラの乗り越え方」前編

今やなんと、働く人の3人に1人がパワハラ被害を受けたと感じたことがある時代なのだそう。指導とパワハラへの境界線は日々曖昧になっていて、声をあげたくてもあげられない人、過剰に反応してしまう人など様々です。今回は、キャリアアドバイザーとともに「職場でのパワハラの乗り越え方」について考えていきたいと思います。


転職にはマスト! キャリアアドバイザーが教える「企業研究のコツ」

転職にはマスト! キャリアアドバイザーが教える「企業研究のコツ」

就職活動同様に、転職活動を始めると必要になる「企業研究」。みなさんはどう行なっていますか? 転職活動の基本は企業研究と自己分析の2つですが、企業の情報をどうやって仕入れればわからない…と悩む人は少なくないはずです。キャリアアドバイザーに企業研究のコツを教えてもらいましょう。


理想がハッキリしていないからこそ。今伸ばすべきポータブルスキルの捉え方

理想がハッキリしていないからこそ。今伸ばすべきポータブルスキルの捉え方

みなさんは「将来自分がどうなりたいか」というはっきりとした理想をお持ちでしょうか? 理想がハッキリとしていれば、計画やそれに合わせたアクションや目標を設定できるけれど、目標が定まっていないからこそ頭を悩ませる人が多いものです。そんな人にこそ、今のうちに伸ばしておいて欲しいポータブルスキルというスキルをお教えします。


転職活動に疲れてしまったら? 転職で疲れるパターンと乗り越え方

転職活動に疲れてしまったら? 転職で疲れるパターンと乗り越え方

いざ、「転職しよう!」と思っても、なかなか自分の思うように進まず転職活動に疲れを感じてしまう方も少なくありません。今回は、転職活動で疲れてしまうパターンと、疲れを乗り越える前向きな捉え方について考えていきたいと思います。


今の自分が転職するならどれくらい? 自分の市場価値を調べるには

今の自分が転職するならどれくらい? 自分の市場価値を調べるには

皆さんは自分の「市場価値」というものを知りたいと思った事がありませんか? 今まで積んできたキャリア、年齢……。これほどまでに企業が採用に力を入れている時代です。転職をせずとも、ライフスタイル設計のためにも自分の市場価値を知っておいて損はありません。今回は、市場価値の調べ方について教えていただきました。


RANKING


>>総合人気ランキング