キャリアアドバイザーに関する記事


「人手不足の業界ならすぐに転職できる?」コロナ禍による介護業界のニーズの変化

「人手不足の業界ならすぐに転職できる?」コロナ禍による介護業界のニーズの変化

新型コロナウイルスにより観光や飲食業など窮地に立たされる事態となりましたが、このタイミングで医療・介護業界へ転職したいと思う人も増えてきているのです。ですが医療・介護領域の求人ニーズは変化しているのはご存知でしょうか?今回はどのように変化してきているのか解説します。


人材会社の使いすぎも危険? 転職活動が長期化する人にありがちな「重複応募」

人材会社の使いすぎも危険? 転職活動が長期化する人にありがちな「重複応募」

自分がどの企業に応募しているか、きちんと把握していますか? 当たり前かと思うかも知れませんが、転職活動が長期化してくると「重複応募」してしまうことがあります。なぜこのような事態が起こってしまうのか解説していきます。


会社の体制や方針が突然変わった…。社会環境の変化から転職を望む方へ

会社の体制や方針が突然変わった…。社会環境の変化から転職を望む方へ

コロナ禍に入り、急に変わった生活様式……。予想もしていなかったこの事態に、今後自分はどうすれば良いのか? を改めて感じられた方も多いのではないでしょうか。今回は、社会環境の変化に対応すべき変動対応力について、キャリアアドバイザーと共に考えていきましょう。会社の対応はもちろんですが、個人の対応力も今後重要になります。


「次の転職を最後にしたい」人が、企業選びを間違えてしまう理由とは

「次の転職を最後にしたい」人が、企業選びを間違えてしまう理由とは

「次の転職を最後にしたい」そう思って慎重に転職活動をしていたのに、あることが原因で転職活動自体を諦めてしまう方も多いのです。なぜこのような事が起こるのかキャリアアドバイザーが解説します。


【転職の悩み相談】一次面接で毎回落ちる…人格否定されているようで落ち込む

【転職の悩み相談】一次面接で毎回落ちる…人格否定されているようで落ち込む

28歳Mさんから「書類先行は通るのに、一次面接で必ず落ちる…人格否定されているようで落ち込みます」という悩みをいただきました。書類は通るのに面接では通らない、そんな時は改善すべき大きな問題が潜んでいる可能性があります。企業側の目線に立ちながら、改善点を探っていきましょう! キャリアアドバイザーが答えます。


【転職あるある】2社目の職歴は短くなる?! 短期転職を繰り返さないためには

【転職あるある】2社目の職歴は短くなる?! 短期転職を繰り返さないためには

キャリアコンサルとという職業をしていると、たくさんの方の履歴書を見る機会があります。そこで気づいたのが、「2社目の経歴が短い人が多い」ということ。実際に人材紹介業では2社目の経歴は短くなるというジンクスがあるのです。それは一体なぜなのでしょうか? また短期転職を繰り返さないようにしておきたいことについても紹介します。


内定を辞退したらエージェントに脅されました #これってハラスメントですか?!

内定を辞退したらエージェントに脅されました #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は内定を辞退したらエージェントに脅された……というこんなエピソード。


本当に長く働ける職場? 「平均勤続年数」が長い会社は良い会社なのかどうか

本当に長く働ける職場? 「平均勤続年数」が長い会社は良い会社なのかどうか

長く働ける職場を探して、転職時に「平均勤続年数」を気にする転職者の方がいます。ですが、平均勤続年数が長い会社は本当に良い会社なのでしょうか? 誤解されがちな平均勤続年数の意味と、会社選びの注意点について紹介していきます。


【転職コラム】「入社の確約がないと条件提示しない」と言われてしまったら?

【転職コラム】「入社の確約がないと条件提示しない」と言われてしまったら?

転職活動をして、ようやく手にした内定。ですが中には、内定受諾の意思を書面で表さないうちは条件提示できないと言ってくる会社もあります。そんな時、どんな行動をするのが正解なのでしょうか? キャリアアドバイザーがお答えします。


「転職したことがない」が転職の妨げになる現実に向き合うには? <金融業界編>

「転職したことがない」が転職の妨げになる現実に向き合うには? <金融業界編>

転職経験がないことがネックになり書類審査を落とされる……ということがあります。「転職したことがない」ことが転職の妨げになってしまうのは一体どうしてなのでしょう? 金融業界に特化して、キャリアアドバイザーが解説していきます。


転職回数ゼロ!「転職したことがない」が転職の妨げになる現実に向き合うには

転職回数ゼロ!「転職したことがない」が転職の妨げになる現実に向き合うには

転職活動をしていると「この方は国内の大企業一社しか経験していないですね。それでは弊社ではやっていけないと判断しました」と、転職経験がないことがネックになり書類審査を落とされる……ということがあります。「転職したことがない」ことが転職の妨げになってしまうのは一体どうしてなのでしょう? キャリアアドバイザーが教えます。


転職活動で複数内定が取れた時の決め方は?意思決定に有効なチェックポイント

転職活動で複数内定が取れた時の決め方は?意思決定に有効なチェックポイント

転職活動を開始して、いくつかの会社で面接を受けた場合。複数の会社から内定をいただくことがあります。そんな時、なにを基準に会社を決めれば良いのかわからない……と悩むこともあるでしょう。そこで、複数内定が取れた場合の意思決定にしたいチェックポイントをご紹介。


ビジネスマンには必須!雇用するに値する能力“エンプロイアビリティ”とは

ビジネスマンには必須!雇用するに値する能力“エンプロイアビリティ”とは

終身雇用や年功序列といった働き方が過去となった今。会社員として働くためのスキルが求められるようになってきます。そこで着目しておきたいのが「エンプロイアビリティ」です。企業が望む「エンプロイアビリティ」の要素が自分に備わっているのか、今後どう備えていけば良いのかを今のうちに確認しておきましょう。


Withコロナで、在宅勤務になった私たちはこれまでの生活をどう変えた?

Withコロナで、在宅勤務になった私たちはこれまでの生活をどう変えた?

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を実施した企業も増えました。けれど、在宅勤務は想像以上に自己管理能力が問われる働い方だと実感している人も多いはずです。今回は、在宅勤務になってどう変わったか? をヒアリングしてきました。


【転職活動中の方へ】選考中の企業に辞退の申し入れをする時の注意点

【転職活動中の方へ】選考中の企業に辞退の申し入れをする時の注意点

転職しよう! と思った時は、いくつかの候補を絞って企業への応募を行うことでしょう。予定より早めに採用が決まった場合、他の会社へ「面接辞退」の申し入れが必要になることもあります。そんな時、どう辞退の申し入れを伝えようか…? 言いづらくて悩むこともあります。今回は、キャリアアドバイザーが注意点について紹介します。


なるべく好条件の会社に…! 転職活動時、うまく人材紹介会社を利用するコツ

なるべく好条件の会社に…! 転職活動時、うまく人材紹介会社を利用するコツ

人材紹介会社を通じて転職を考えている方は、どのようなことに気をつけて紹介会社を利用すれば良いのでしょう? 今回はキャリアアドバイザーが「うまく紹介会社を利用するコツ」をご紹介します。


転職回数は何回まで許される? 転職に関する質問をキャリアアドバイザーが答える

転職回数は何回まで許される? 転職に関する質問をキャリアアドバイザーが答える

今回はキャリアアドバイザーが「面談時に転職者から聞かれることの多い、代表的な質問について」お答えしていきます。転職回数は何回までなら許される? 地方からの応募でも大丈夫? 気になる質問へのアンサーをチェックしていきましょう!


転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職活動の手伝いをするキャリアアドバイザーという仕事をしていると、ようやく獲得した内定を辞退せざるを得ない…という残念な状況に陥ることが何度かありました。それが「嫁ブロック」とも呼ばれる家族からの反対です。そこで今回は、転職を家族に反対されないために、事前に話しておくべきことについてお教えします。


先が見えない今だからこそ!本質を見極めて最適解を導くコンセプチュアスキル

先が見えない今だからこそ!本質を見極めて最適解を導くコンセプチュアスキル

新型コロナウイルスが流行し、社会にも様々な影響を与えています。そんな先行きの見えない今の時代だからこそ、身につけておくべきなのが本質を見極めて最適解を導く「コンセプチュアスキル」です。今回はコンセプチュアスキルについて、細かく説明していきます。


面接官に確認・評価されるのはどんな点? 転職活動に必要な【転職力】を学ぶ

面接官に確認・評価されるのはどんな点? 転職活動に必要な【転職力】を学ぶ

「ウィズコロナ」「アフターコロナ」には、合わない業態や産業が急激に衰退していくと考えられる今。身につけておきたいのは、いつでも転職できる力=転職力です。そこで今回は、面接官に確認・評価される人材になるためのスキルについて、キャリアアドバイザーが解説します。


RANKING


>>総合人気ランキング