いよいよ夏、到来!暑い日にはペパーミントが大活躍



梅雨明けをして、ついにやってきた真夏日!
毎日お天気で気持ちがいいけれど、とにかく暑い。
そんな時は、ペパーミントを活用してみてはいかが?
スッキリ爽やかな夏を、ペパーミントがお手伝いしてくれますよ。

ペパーミントで涼しくなる?

ペパーミントというと、ガムや冷湿布、歯磨き粉などの商品に入っているイメージが強いかと思いますので、皆さん聞き覚えがあるかと思います。

実はこのペパーミントにはl-メントールという成分が含まれており、これがスーッとした清涼感を与え、ひんやりとした感覚を与えてくれます。
体感温度にすると3度も下がるともいわれています。

しかし実際に冷やしているわけではなく、脳を騙しているようなものなのでペパーミントの精油を活用することで、実際に体を冷やさずに、ひんやりとした感覚を味わうことができるというわけです。

どんな風に取り入れたらいいの?

①ペパーミント精油入りの商品を見つける!

1番簡単なのは、ペパーミント入りの商品を見つけることです。
特に今の時期は夏なので、そういった冷却効果を期待できる商品がたくさん販売されているはず。

筆者がオススメなのは、シャンプーやトリートメントに使用するアイテムをペパーミント配合のものにしてみること。

夏のバスタイムは暑さを、より感じやすいと思います。
そんな時に頭皮がスーッとすると、なんだか汚れまで綺麗に落ちてスッキリしたかのような爽快な気分を味わえますよ。

②ペパーミントの精油を活用する

ペパーミントの精油は、無印良品でも手にはいる身近なアイテム。
そのため、それを活用してみるのもGood。

簡単なのはお風呂の湯船に3滴ほど精油を垂らしてから、入ること。
(※肌が弱い人は1滴にしておきましょう。)
スーッとした清涼感のある香りで、気分までひんやり。
香りを嗅ぐだけでも、体感温度が下がるという実験データもあるので、非常に簡単に取り入れられる方法です。

③ペパーミントティーを活用する

ペパーミントのハーブティーを入れ、冷やしてアイスペパーミントティーを楽しむのも夏らしくて涼しげですね。
さらにペパーミントティーを冷ましたものに、清潔なガーゼや小さなタオルを浸してシップの代わりにするのも役立ちます。

ひんやりと感じたい、顔以外の部分にこのシップを当てると、ちょっと息抜きできるかもしれません。

自然の力を活用して、夏を乗り切って

ペパーミントのエッセンシャルオイルを活用するには、注意しなければならないことがあります。
刺激が強いエッセンシャルオイルに分類されるため、妊娠中や授乳中の方、てんかん症や高血圧の方、心臓疾患がある方は避けるようにしてください。
また皮膚刺激を考え、幼児は避けた方が無難です。

自然の力を利用して、暑い夏を涼やかに乗り切ってみてはいかがでしょうか?