浪費家から一転!物欲が劇的になくなった、たった一つの習慣方法

浪費家から一転!物欲が劇的になくなった、たった一つの習慣方法

つい買い物が楽しくって、買いすぎちゃう...!そんな浪費グセを直すための習慣とは?


季節の変わり目は、服やコスメを始めとしたあらゆるものに対して物欲が沸く季節。ある程度、セーブできれば良いのですが、浪費グセがある人はついつい、後先考えずに散財してしまうことってありますよね。かくいう私も浪費グセが激しかったのですが、あることをキッカケに物欲がパッタリなくなったのです。今回は、そんなライター・角の浪費グセが治ったエピソードをご紹介します。

収入に見合わない買い物を繰り返す

20代前半は職を転々としていたこともあり、安定した収入を得られなかった私は、貧乏のくせに物欲だけは旺盛で、いつも無駄な買い物を繰り返していました。その多くは洋服・小物類に始まり、趣味の漫画や画集に消えていくのです。漫画なんかは一冊500円くらいなので散財しているという感覚がないので本当に困ったもの。ひどい時は、一日2冊ほど購入していました。そこに大打撃となったのが、携帯代。今ほどパケット通信料に対応するプランが豊富ではなかったので、月の携帯代が1万5千以上するのはザラでした。

当時、月収20万を切る私の収入にとってはこの無駄な散財は、貧乏暮らしに拍車をかけるものでしたが、実家暮らしに甘えそんな暮らしを数年は続けていました。もちろん、家にお金を入れることもしていなかったです。今思えば怠惰な生活の極みだと自分で反省しています…。

散財グセが治ったのは、ある活動がキッカケ

自他共に認める金銭感覚のない私が無駄にお金を浪費することがパッタリなくなったのは25歳の春。ちょうど、このタイミングは自分がファッションスタイリストとしてフリーで活動しようと決めた時期でした。そのための経営学を学んだり、独自のメディアを作るためにSNS活動に一生懸命になっていたため、お金を使うことよりも自分でお金を生み出すにはどうすれば良いのかということに画策する方が断然楽しくなっていったのです。

そうなると、お菓子一つを購入するにも「このお菓子を買う必要性は何だろう」、「思わず手に取ってしまうのはパッケージデザインに魅力があるからなのかしら…?」と、自分自身の購買意欲を分析するようになって買い物というより、それはもはやリサーチするためにショップに足を運んでいくように気持ちが変化していました。

散財グセを直すには「創作意欲」を高めること

散財グセは無理やり直そうと思っても、簡単には直せません。それは、お金を使う行為そのものに快感を感じ、それがその人にとってのストレス発散となっているからです。私の場合は、お金を使うことで能動的に自分の創作意欲を高めていたのかもしれません。服を買って手持ちの服と合わせることで、新しい自分だけのコーディネートを作る・漫画を読んで感動し、新しい価値観を自分の中に取り込む…。など、自分で何かを生み出せないからこそ、誰かがクリエイトした新しい価値を手に入れるためにお金を使っていたのです。

それが一転して、自分の力で商品を作ることを考え、自分の手で何かを創作することで買うより作ることに重きを置くようになりました。例えば、SNSを発信することもある種のクリエイティブな行為ですよね。自分の中の創作意欲を高めることで、消費するだけの習慣から何かを作る、利益をうむ習慣になって、散財グセが日に日に薄まるようなっていきました。

新しい習慣を取り入れてみよう

ついお金を散財してしまうという方は、散財することの何に快楽を得ているのか考えてみると良いかもしれません。もしかすると、日常の生活に退屈していて、新しい刺激が欲しいがために手近な“買い物”で刺激を得ているのだとしたら、それに代わる刺激的な何かを始めて見てはどうでしょうか。私の場合は、それがブログ発信であったり、新しいコミュニティを持つことでした。

人によっては習い事を始めたら、それ以外の散財がなくなった…という方もいらっしゃいます。買い物は誰もができる快楽行為の一つ。それだけがストレス発散になっていないか、ぜひご自身のライフスタイルから見直してみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


テレワークによる通勤手当の払い戻しは問題アリ?#これってハラスメントですか?!

テレワークによる通勤手当の払い戻しは問題アリ?#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回はテレワークによる通勤手当の問題についてです。


「出費が多くてピンチ!」残高が少ないときにやってはいけないお金の使い方

「出費が多くてピンチ!」残高が少ないときにやってはいけないお金の使い方

長期休暇やイベントが多くて、つい増えてしまった出費…。その穴を埋めようと、つい着目してしまうのが「お得」というワードです。けれど、残高が少ない・節約をしたい時にこそ、やってはいけないお金の使い方というものがあります。ファイナンシャルプランナー(CFP)を取得しているライター・高橋がそのNG行動についてご紹介!


【9月からスタート】キャッシュレスでお得になるマイナポイントとは?

【9月からスタート】キャッシュレスでお得になるマイナポイントとは?

今年9月から、新しいポイント還元制度「マイナポイント」が始まります。キャッシュレス決済によってポイントが戻ってくるお得な制度……ということですが、一体どういうものなのでしょうか? マイナポイントについてわかりやすく解説いたします。


テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークを導入する企業が増えている今、自宅で過ごす時間も長くなり通信費や光熱費が今までより増えた…と気になっている方も多いのでは? そこで今回は通信費・電気代の節約にオススメな方法をご紹介します。


「積立」と「掛け捨て」どちらが良いの? 加入前に知っておきたい保険の仕組み

「積立」と「掛け捨て」どちらが良いの? 加入前に知っておきたい保険の仕組み

保険には「積立」と「掛け捨て」二つのタイプがあります。どちらのタイプもメリット・デメリットがあるため、これを理解しておくことで、保険選びが少しスムーズになります。それぞれの特徴について解説していきます。


最新の投稿


カフェ=パワースポット?! 運気を高める「ひとり会議拠点」と出会う方法

カフェ=パワースポット?! 運気を高める「ひとり会議拠点」と出会う方法

コーヒーや紅茶を飲みながら考えごと。忙しい日々をなんとか乗り切れるのは、ひとり会議できる場所があるから。カフェや喫茶店は、働き女子にとって大切な居場所でもあり、パワースポットでもあります。今よりもさらに豊かな日々を送れるように、相性の良いひとり会議場所と出会いましょう。


「コロナ渦で恋愛できない」は嘘? 会いづらくても彼ができた女性のエピソード

「コロナ渦で恋愛できない」は嘘? 会いづらくても彼ができた女性のエピソード

コロナ渦でなかなか新しい出会いもなく、デートに誘うこともできず、恋愛が発展しない……と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、「コロナ渦でも彼氏ができた!」という女性たちに、どうやって恋愛が発展したのか? を教えてもらいました。


メンタルケアにもおすすめ! ゆらいだ心を「整える」夜のひとり会議メニュー

メンタルケアにもおすすめ! ゆらいだ心を「整える」夜のひとり会議メニュー

明日が今日よりももっと素敵な一日になりますように。夜にひとり会議を行うことで、心の調子を整え直せるはずなんです。心の疲れはその日のうちに♩


作業効率UP!周囲の人が自然と協力してくれるようになるキャンディ効果って

作業効率UP!周囲の人が自然と協力してくれるようになるキャンディ効果って

皆さんは周囲の人の仕事のモチベーションを上げる・周囲の人が自然と協力をしてくれるようになる「キャンディ効果」という心理学を知っていますか? 自分の手がいっぱいいっぱいで使えないときに、手伝ってくれる仲間がいると心強いですよね。今回は、人間関係の良好にも使えるテクニックをお伝えします。


運が強い人の共通点。運気を上げるのは潤いで満たされたつややかな肌|お守りコスメ

運が強い人の共通点。運気を上げるのは潤いで満たされたつややかな肌|お守りコスメ

「運」の強さは、その人の生き方や発言からわかるもの。運が強いと思っている人にはいくつかの共通点があるのです。そして、それは見た目にも。肌ラボ 極潤プレミアムを惜しみなく使って、輝き(つややかさ)と透明感のあるみずみずしさを手に入れて。


RANKING


>>総合人気ランキング