傷んだ爪はきちんとケア!ネイルお休み中に使いたいアイテム

傷んだ爪はきちんとケア!ネイルお休み中に使いたいアイテム

ネイルをオフしたとき、自分の傷んだ爪をみて「げっ!」と思ったことありませんか? ジェルネイルのおやすみ期間中やネイルをつけていない間も綺麗な美爪をキープしましょう♪


爪がボロボロで最悪...!

「ネイルをしていないとテンションが上がらない」「ネイルができる職場が良いから、ここには就職しない」などと、今や女性にとって欠かせない身だしなみともなりつつあるネイル。

ですが、ジェルネイルなどを繰り返し続けていると、爪に負担がかかってしまい、気づいたら爪が薄くなってしまったり2枚爪になってしまったり、表面がボロボロ…! なんてこと、ありますよね。そんなボロボロの爪をまたネイルで隠してしまうのは絶対にNG。そんなことをしてしまうと、さらに爪が傷んでしまい、グリーンネイル(人口爪と、自分の爪の間にカビが繁殖してしまい、爪の一部が緑色に変色してしまうこと)の原因となってしまうことも。
ネイルをオフしたときには、自分の爪の状態をしっかりとチェックしておきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

爪が傷んでしまう原因は、ネイルをオフするリムーバーにもあります。
リムーバーは刺激が強く、爪の油分も奪ってしまうのです
油分を失うことで、爪が乾燥しやすくなるのは想像できますよね。私たちの爪はお肌と同じように、乾燥に弱いです。ひび割れしまったり欠けてしまったり…と悪い影響も。

ネイルを繰り返して誤魔化すのではなく、ちょっとだけお休み期間を作ってケアしてあげるのも大切な工程です。今回は綺麗な美爪を保つ、ネイルケアについて紹介します。

補修成分が入っているものを選び、ケアをしながら美爪をキープ!

ネイルケアの方法について

1,まずは手を清潔にします。爪に油分が残らないように、しっかりふき取りましょう。油分を除去するようなアイテムを使っても良いでしょう。
2,つぎに、補修成分が入ったベースコートで潤いを与えながら、塗っていきます。
3,自分の肌に合う、薄付きのネイルポリッシュを2度塗りしていきます。肌が白い人はピンク、褐色肌の人はベージュがおすすめです。
4,爪の表面を美しくするトップコートを塗ります。
5,トップコートが乾いたら、ネイルオイルなどを塗布して爪周りを保護したら完成。

ベースコートもトップコートも、最近は補修成分が入っているものが売られているので、そういった爪に優しいものを選ぶようにしていきましょう。

OPI ジェルブレイク プロテクター トップコートで爪を保護!

ネイルケア、といえば編集部がおすすめしたいアイテムが『OPI(オーピーアイ)』です♪

OPIといえば、カラーバリエーションの豊富さや鮮やかで美しい発色が人気で、世界中の女性たちから絶大な指示を受けているブランド。筆もしっかりとしていて太いので、ひと塗りできれいに仕上げることができます。

そんなOPIから発売されている『ジェルブレイク』シリーズは、その名の通り、傷んだ自爪を休息させたい人に向けて作られたネイルポリッシュです。3ステップで、傷んだ自爪を補修するとともに、乾燥や外的ダメージから守り、健やかな状態に整えることができます。

1:ジェルブレイク セラム ベースコート

補修成分を豊富に配合したセラム ベースコート。乾燥した自爪を補修し潤いを与えるのと、黄ばみや変色を補います。

チェックする

2:ジェルブレイク ネイルラッカー

自然な美爪効果をもたらすファンデーションカラー。ケアをしながら爪をきれいに見せてくれます。自分の肌色に合わせて色を選んで。

チェックする

3:ジェルブレイク プロテクター トップコート

補修成分を閉じこめて、光沢のあるベールで包んだように爪表面をコーティングします。ジェルブレイク中もジェルネイルをしているように、ぷるんとしたツヤ感を保ちながら状態を整え、爪を保護します。

チェックする

3種類を塗り重ねていけば、きれいな爪を長時間キープすることができるように。自爪の状態を整え、約1週間後にリムーバーでオフ。傷んだ爪に元気を取り戻させてあげてください。

ジェルブレイク プロテクター トップコートをプレゼントしました♡

働き女子のみなさんも、人と名刺交換をする機会があるからこそ、爪先を綺麗に保っていたり、またモチベーションを保つためにジェルネイルをほどこしている、という人が多いはず。
編集部メンバーも普段、PCと睨めっこしている時間が長いので、ジェルネイルは美意識を保つために必須になりつつあります。

同じ環境である私たちだからこそ、今回は読者プレゼントに、ネイルオフ後のケアや、仕上げに使うことができる『ジェルブレイク プロテクター トップコート』を選んで、読者プレゼントしました♪

当選者にはすでに個別に発送させていただきましたが、Cinqではこのように定期的に読者プレゼント企画も実施しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


読者プレゼント ネイル

関連する投稿


疲れが取れないアラサー世代…健康のために気を付けたいちょこっと習慣は?

疲れが取れないアラサー世代…健康のために気を付けたいちょこっと習慣は?

アラサーにもなると疲れが取れなかったり、体調を崩しやすくなったりと、今まで気にすることのなかった“不調”に気づくことが増えてきます。健康的な生活をしている人はイキイキもしていてお肌もキレイ、心も豊かに過ごしています。そこで今回は、アラサーになってから気をつけたい健康であるためのポイントをご紹介します。


文具女子博 2018で見つけた! 新しい文房具【手帳デコ編】

文具女子博 2018で見つけた! 新しい文房具【手帳デコ編】

日本最大級の文具の祭典『文具女子博 2018』で見つけた、文具好き女子も唸る最新ステーショナリーを、Cinq編集部がセレクトしてご紹介! まずは手帳を可愛く彩る【手帳デコ】に最適なアイテムたちからです♡


ボディケアはお風呂で済ませる!ボディスクラブですべすべ肌に導いて♡

ボディケアはお風呂で済ませる!ボディスクラブですべすべ肌に導いて♡

最近寒くなってきて、肌のお手入れをより一層力を入れなければいけない季節になりました。顔の保湿はしっかりやっているのに、ボディのお手入れはサボりがちになっていませんか? ボディケアはスクラブを使って、お風呂で手軽に済ませちゃいましょう♪


【読者プレゼント】メイクを落とすと肌がつっぱる。クレンジングは肌に優しいものを選ぼう!

【読者プレゼント】メイクを落とすと肌がつっぱる。クレンジングは肌に優しいものを選ぼう!

メイクを落とすとなんだか肌がつっぱる......。そんなお悩みありませんか? それは必要以上に肌に負担がかかっている可能性が。Cinq編集部がおすすめするクレンジングジェルと肌に負担をかけない落とし方で、つっぱり肌を解消して♡


食欲の秋こそスマートな体型を維持したい!温活食材で代謝アップを狙って

食欲の秋こそスマートな体型を維持したい!温活食材で代謝アップを狙って

食欲の秋だから食べ過ぎてしまう……! 理想な体型をキープするなら温活をはじめてみよう。今の季節におすすめの温活方法って一体なに? 記事の最後には読者限定プレゼントのお知らせもあるので、最後までチェックしてくださいね♡


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング