この夏、ビタミンカラーを取り入れたい。オレンジシャドウで旬顔に



オレンジシャドウの人気、上昇中

大人っぽい華やかさと、ヘルシーな旬顔が簡単に作れることで、人気が高まっているオレンジシャドウ。日本人の肌によくなじみ、単色塗りでもハレ顔をつくってくれるビタミンカラーは、この夏絶対に取り入れたい。程よいこなれ感を出すためのコツとオススメのアイテムを紹介します。

オレンジシャドウはマットなものを選んで

旬顔をつくるオレンジシャドウ。今年はたくさんのブランドから様々なアイテムが出ています。ですが、個人的にオススメするのはプチプラコスメ。なぜならこれは、2017年の秋冬からジワジワ人気が集まっている、トレンドだから。

特にオレンジシャドウは、単色塗りでも簡単に垢抜けフェイスをつくってくれるので、とっても簡単。今回チョイスしたのは、「RIMMEL LONDON(リンメル ロンドン)」のオレンジブラウンと、グラデーションをつくるための「CANMAKE(キャンメイク)」のベージュシャドウです。ツヤを演出したかったので、ベージュのシャドウには細かいラメが入っているものを。

(写真左)CANMAKE(キャンメイク)ベルベッティ フィットカラーズ 02 ハニーダイヤモンド/550円(税抜)
(写真右)RIMMEL LONDON(リンメル) プリズム クリームアイカラー 009 オレンジブラウン/800円(税抜)

オレンジシャドウを選ぶときのコツは、ラメなどが入っていないマットなものを選ぶこと。オレンジは、鮮やかな色味でありながら肌なじみがすごく良いので、ラメが入っているとグリッターが強調されてしまい、せっかくのオレンジの魅力が出せなくなってしまいます。
ラメを足したいときには、このように別のアイシャドウを組み合わせればいいので、購入するときは必ずマットなものを選んで。

目頭に少しだけをベージュを取り入れれば、あとは単色塗りでOK

目頭からしっかりとオレンジを入れてしまうと、目元がはれぼったく見えてしまう可能性があるので、目頭にはベージュを使います。あとはオレンジのシャドウをアイホール全体に広げます。
目の下にも、同様にベージュとオレンジを使います。

それだけで、旬顔の完成。とっても簡単ですよね。
目元をひきしめたければ、アイラインオンを入れてあげて。
アイラインなしにシャドウのブラウンをプラスして、ヌケ感をつくるのも良いですよ。

オレンジを使用すると、肌の色がパッとワントーン明るく見える効果もあります。

優しい印象に見せたい人は、ピンク系のチークを合わせ、さらにヘルシーに見せたい方はオレンジ系のチークでワントーンにまとめましょう。ブラウンとも相性が良いので、眉はしっかりと太めに引いてあげると、さらにトレンドの垢抜けフェイスに。

華やかさとヘルシーの良いとこどりを楽しんで

オレンジとブラウンをうまく使えば、甘すぎないのに、華やか。簡単なのに、旬顔。
大人の女性こそ、バランスの良いオレンジシャドウを取り入れてみて。