少数精鋭が一番幸せ!心の底から信頼できる友人・知人と出会う方法



人脈なんていらない。必要なのは心から尊敬できる人。

人脈を自慢する人、あなたの周りにもいませんか?
「芸能人と友達だ」と自慢しているほど、その人自身には品がないようにも感じてしまいます。

これから長い人生を過ごしていくうえで、頼りになれるのは本当に少数。
相思相愛になれる友達や知人を少しずつでも増やしましょう。

今回は、心の底から信頼できる友人・知人と出会う方法をご紹介します。

自分の人生の方向性を定める

質のいい出会いを求めるためには、相手に質を求めるのではなく、自分がどんな人生を歩み、どんな人たちと楽しい時間を過ごしたいかを決める必要があります。自分の方向性が分からないまま、出会いだけを求めても、おそらく信頼できる人との出会いはありません。

たとえば「私は恋愛よりも自分の成長に繋がるような人たちと出会いたい」と心の中で決めると、毎日が理想の状態に近づくのです。なかなか決まらないなら、ひとり会議を重ねていけばいいのです。

どんな人生を歩みたいか、その答えは一回きりでは結論が出ません。何度も自分自身に問い正すことで、ようやく方向性が見え始めます。

直感を大切にしながら生きる

どんな人にも、きっと直感は存在します。ただ直感を研ぎ澄ませながら、歩いている人は以前ほど多くはないでしょう。たとえばスマホを操作しながら歩いていては、人間観察もできないし、いざというときに危機を回避できません。

感性を磨くというよりも鈍らせる行為ではないでしょうか…。直感が冴えなければ、いい出会いを察知しません。「この人とは仲良くできそう」「この人には何でも話しても問題がない」と、直感があるからこそ、出会った人の本性を見抜けられるのです。

直感を鈍らせる行動を極力控えて、直感を鍛える日々へと変えてみて。

失敗を恐れず、新しい環境に入る

ずっと自宅と会社の往復では、出会いはありません。友達や知人を増やしたいと思っていても限界があるでしょう。一方、現状維持ではなく、常に上を目指す毎日を送っていると、新しい環境に入ったときに偶然に似たような人と出会えるのです。

恋愛に限らず、人との出会いは自分の人生を劇的に変えます。そして不思議なことに不要な縁はどんどん去っていき、今の自分の成長に追いついてくれる人だけが一緒にいてくれます。

やりたいことをどんどんやって行動に移していると、出会う確率が高まります。もちろん毎回、成功するとは限りません。

ときに失敗しながらも「こんな人たちと、いつも仲良くしていたい」という思いを大切にしていると、どんなに自分の元から去る人が増えても、気がついたときには、また仲良くしてくれる人たちと出会えているのです。

信頼できない人を側に置いておく必要はない

信頼できない人を側に置いても、ほぼ意味がありません。
貴重な人生を、常にモヤモヤしながら生きる必要がそもそもない…。

トラブルが多い人とは関係を思いきり断ち、自分よりもがんばっている人、努力を重ねている人たちとのご縁を大切にしながら過ごせば、もっと人生が充実するでしょう♡