人付き合いは疲れるけど一人にはなりたくない人がほどよく人間関係を楽しむコツ



人に会うのが億劫だけど、完全に一人にはなりたくない!

どんなに人と付き合うのが苦手でも、完全に人間関係を回避するのはできません。
自宅を職場としているフリーランスであっても、人と関わり、仕事をしなければいけません。

人と付き合うのが疲れてしまう人は一体どうすれば、人間関係でストレスを感じずに済むのでしょう?周りとの関係を心地よいものにするためには、やはり工夫が必要に。

今回は、人付き合いは疲れるけど一人にはなりたくない人がほどよく人間関係を楽しむコツをご紹介します。

一か月に会う人数を決める

人と会うだけで疲れてしまう…。
あれこれと考えながら喋るのが苦手で、友達と解散するとホッとしている自分もいる。とはいえ、すべての友人関係を断絶して、完全に一人になる勇気はもてないでしょう。

そもそも、毎日生きていくうえで、人との交流を完全にシャットアウトはできません。ただし、無理のない範囲でお付き合いを楽しむコツはあります。

まず一か月に会う人数を決めましょう。たとえば毎週会うのが疲れるなら、一週間に一人で計三人。最初はお試しで実践しながら、いつもより元気があるなら、人数を増やすかたちでも構いません。

メンタルや体調の様子に合わせて、人数を調整しましょう。あとは今月誰と会うかを決めて、お誘いするだけ。

しばらく続けていると「○人以上はきついし、疲れちゃう」と、自分の中で感覚を掴めるように。疲れない範囲で、友達との時間を楽しんで♡

信頼できるチームに誰が入る?

どんな人とも同じように付き合うと、疲れてしまいます。残念ながら、きっとあなたの周りにいる人たちも全員に対して同じ信頼度をもてないはずです。それは決して相手が悪いとかではなく、相性の良し悪しや育った環境、今の環境なども関係します。

あとは学生時代からの絆がある人たちは、やはり別格です。一か月に会う人数を限定するだけでは、まだ工夫が足りないかもしれません。今、周りにいる人たちで一体誰が「信頼できるチーム」に入れるのかを考えてみましょう。

言い方を換えると、人間関係に優先順位をつけるのです。みんなと同じように付き合いたい気持ちは理解できますが、限られた時間の中で一緒に過ごしたいと思えるのは、それほどいないはず。

心から信頼できる人は誰なのか、立ち止まって考える時間が必要です。

目的別に友達を分ける

ある友人は、友達を目的別に分けています。「○○ちゃんは旅行に行く人」「○○ちゃんは一緒にディズニーに行く人」「○○ちゃんはオールマイティに何でも楽しめる人」と、ラベルを貼るように、友達を分類しています。

彼女は今も独身ですが、まったく寂しさを感じません。むしろ誰よりも充実していて、オーラが輝いています。誰か特定の人だけにベッタリするのは危険です。

大人になってまで「絶対に友達よ」と確認するのも幼い…。周りにいる人たちと一体どんな時間を過ごせるのか考えてみるのも、人間関係を円滑にするコツなのかもしれません。

一人だけでは生きていけない

一人だけでは、長い人生を生きていけません。

いざというときに相談できる場所、一緒に悲しみを分かち合える場所があるからこそ、普段は一人でも寂しさを感じないのです。

いつの間にか、完全に一人にならないように、無理のない範囲で、友達付き合いを楽しみましょう!